プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【マルチプラットフォーム】ドキドキ文芸部プラス! レビュー

 
「Doki Doki Literature Club Plus!(ドキドキ文芸部プラス!)」を購入しました。

可愛い女子高生が出てくるギャルゲー…の皮を被ったサイコホラーというミミックのような作品。なんでCERO:Cで済んでいるか疑問に思うぐらいには恐怖シーンが満載。
PC用無料ゲームとして配信されていた「ドキドキ文芸部!」にサイドストーリーなどの追加要素が増えたのがプラスです。購入したのはSwitch版。
プラスで追加された要素は↓。有料になった代わりにパワーアップした部分も多いので無印版をPCで遊んだことのある人も是非。
・全アートワークがフルHD化
・完全新規のサイドストーリー(6話)が追加
・CG、壁紙、コンセプトスケッチ(初公開)をゲーム内で閲覧可能に
・新規BGMが13曲追加+ゲーム内にミュージックプレイヤーが搭載
・恐怖シーン直前に警告を出してくれる機能が追加(オンオフ可能)
・英語以外の言語に対応
PC・XboxOne・XboxS|X・アジア圏以外のSwitch/PS4/PS5向けには2021年7月にアジア版に先行する形で発売開始されましたが、その時点での日本語訳は不完全で詩のフォントが全員同じだったり・改行場所が変だったり・characterを「文字」と訳していたり変な部分もありました。
アジア版では翻訳の精度が高くなっていて、上記箇所の修正が行われており最初から日本語で書かれたかのように自然な文体で読みやすくなっています。
国外版もアップデートでアジア版と同じ翻訳に修正されるとの事。
本記事には本編ネタバレを含んでいるので閲覧注意(重要な部分は黒塗りや折りたたみなどで伏せてはいます)
無料版が出てから4年経っていること・本編自体は無料版と同じ内容であること・有名なゲームなので知っている人も多いとは思いますが、初見の衝撃が凄いゲームなので可能な限り情報を仕入れず遊んでみて欲しいです。
サイドストーリーのネタバレはしておりません。

・タイトル:ドキドキ文芸部プラス!
・発売元:
海外版:セレニティ・フォージ/アジア版:PLAYISM
・開発元:
チーム・サルバト/セレニティ・フォージ
・対応ハード:PC(Steam)/XboxOne/XboxS|X/Switch/PS4/PS5
・定価:
ダウンロード版:1980円(税込)/パッケージ版:4200円(税込)
・発売日:2021年7月1日(アジア版:2021年10月8日)
・ジャンル:ビジュアルノベル
・CERO:C(15歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:
© 2017, 2021 Team Salvato. All rights reserved.
Licensed to and published by Serenity Forge LLC and Active Gaming Media Inc.
・公式サイト:https://ddlc.plus/

どういう人にオススメ?
・可愛い女の子と詩を読み合いたい人!
・精神的恐怖を与えてくるホラーゲームが好きな人!

良かった点
・アジア版の日本語訳は高品質で読んでいて違和感のある部分がほぼない
・ホラー演出を事前に警告してくれる機能のおかげで心の準備がしやすくなった
・コンシューマー版もゲーム内に仮想デスクトップがあり、PC版の仕様を再現してくれている
・サイドストーリーで文芸部の前日譚を見ることができる
・モニカのことだけ

賛否両論?点
・警告機能があってもエグいシーンが多数搭載されているので子どもや心臓が弱い人にはオススメできない
・コレクションできる画像は実際に見れるようになるまで解放条件がわからない(特にSwitch版は実績機能がないためほぼノーヒント)

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

文芸部の女子4人と仲良くなれるかも?


ストーリーは主人公(名前変更可能)が幼なじみのサヨリに誘われて文芸部に入部する所から始まります。
部員は明るく元気なサヨリ物静かなユリ気が強いナツキ部長のモニカ主人公の5人だけ。小規模ながら、詩を書いて部員同士で見せあったり・学園祭に向けて準備をしたりと活発に活動している部です。
恋愛ゲームらしく主人公と女の子達との間には仲良し度が存在しており、誰と一番仲がいいかで発生するイベントや各キャラの主人公に対する態度が変化します。
毎日1回は仲がいい相手とのイベントシーンが挟まります。甘々なシーンもありますがどのイベントも健全な範囲に収まっています。
仲良し度は詩を書くパートで各キャラが好きな言葉を選んだり・会話中に選んだ選択肢で上下するみたいです。選択肢はあまり出てこないので基本的には詩書きパートで調整していきます。

詩書きパートの内容はランダムに表示された10個の言葉から1つ選ぶのを20回繰り返すというもの。
左下にいるミニキャラは好みの言葉を選んだ時に飛び跳ねるので、それを参考に仲良くしたい女の子が好きな言葉を見つけていきます。
各キャラの好きな言葉にはある程度の傾向があり、サヨリは「希望」や「晴れ」など明るい言葉だけでなく「絶望」や「鬱」といった暗い言葉にも反応する事があったりユリは「哲学」や「時間」といった概念的な言葉を好む他「檻」や「災厄」などマイナスイメージの強い言葉も好みらしくナツキは「うさぎ」や「子猫」などの動物や「チョコレート」などのスイーツや「ポチッと」など擬音語が好きみたいです。モニカは主人公が書いた詩がサヨリ・ユリ・ナツキの内誰が好みそうか予想してくれるアドバイス役で攻略対象ではありません。
セーブやロードは会話中でも詩書き中でもいつでもできるので、詩作りに自信が無い時や1周目で全てのイベントCGを集め切りたい時に役に立ちます。
まともに恋愛できるのは1周目だけですし、特別エンドを見るためにはセーブとロードを駆使して1周目で全てのキャラとのイベントCGを集める必要もあるので事実上の必須テクニックです。
1周にかかる時間は文章を丁寧に読んでも30分~1時間程とコンパクト。なので3人それぞれのイベントを見るための周回もそんなに苦にならないと思います。
スキップ機能を使うと一度でも表示したことがある文章を高速で飛ばすことができますし、スキップしている途中で初出の文章が出てきた場合は自動で止まってくれるなど地味に高性能でイベント回収のしやすさはギャルゲーの中でもトップレベルに快適。
中盤までは割と平凡に話が進みます…が、このゲームがそれで終わるはずもなく平和な時間も長くは続きません。
初回起動時に衝撃的なシーンの直前に警告を出すかどうかを聞かれるので、怖いのが苦手な人は予めONにしておくことをオススメします。

2周目からは目に見えて怖いシーンが増える


2周目ではこのゲームが本気を出してきます。2周目から出現する恐怖要素はいきなり来るものが多いので、1周目で警告を切っていた人でもビックリ系ホラーが苦手な人はオプションから警告をONにしておくことをオススメします
至る所でバグったようなノイズが走ったり、キャラの立ち絵がメッセージウインドウの前に出てしまったり、いつバグるかわからない不安定な状態と化してます。
バグイベントはランダムで発生するものが多く不意を突かれやすいです。詩書きパートで文字化けした単語が出てきてそれを選ぶと画面全体がバグったり、突然ナツキの目や口が黒い■で覆われて気持ち悪い動きをしたりと、視覚的に心的にもタチが悪いものが多いです…。
ゲーム中にバグや強制終了が突如起こって得体の知れない怖さにビビった経験のある人も少なからずいると思うのですが、今作はそれと同じタイプの恐怖に加えてキャラ達の暴走による人間的な怖さも煽ってきます。今作のヒロインは全員がメンヘラの気がある子ばかりなのですが、モニカ含めて最初からそのようにプログラムされていた訳ではなさそうです。サヨリ・ユリ・ナツキを暴走させたのもモニカっぽいし、時折届くメールを読んでも謎が深まるばかり…。

プラスでの追加要素について


プラスではゲーム内に仮想のデスクトップ画面が用意されておりPC版と一部同じように内部のファイルを覗いたり消したりできます。ゲーム中に生成されるメモや画像などまで再現してくれるとはさすがに思いませんでした。
開けるファイルや消せるファイルが決まっていたり、外部ソフトを使った解析ができないなど、完全にはPC版の環境を再現しきれていない点はあるものの仕方ない部分だとは思います。自分で解析をしてみたい人は無料版をPCにダウンロードしましょう。
プラスで追加された「サイドストーリー」「メール」「画像」「音楽プレイヤー」もデスクトップ左下のマークを触ると開くバーから表示が可能です。
サイドストーリーは6×2パート+1の全13話で構成。主人公が文芸部に入る前の前日談を読むことができます。
本編とはうって変わって平和なストーリーですし突然の恐怖演出もないので、比較的安心して読める内容です。
サイドストーリーは一つ一つが1周目にある各キャラとのイベントパートと同じぐらいか少し長いぐらい。私は全部読み終わるのに2時間ぐらいかかりました。
DDLC内で各キャラクターのイベントCGを集めると解禁されていきます。特別エンドを見れば全部解禁されているはず。
メールは企業の業務連絡みたいな内容が届くのですが、おそらく?ゲーム内でDDLCをプログラムしている会社のものだと思われます。考察の燃料になりそうです。
画像ではDDLC内やサイドストーリー内のCG・詩・背景、条件を満たすと開放される壁紙・スケッチ・プロモイラストを見ることができます。
スケッチはプラス発売で初めて公開されたものらしく、キャラクターの初期デザインやCGのスケッチを見ることができるファン向けの要素です。
画像の開放条件は実際にその画像が見られるようになるまで分かりません。詩やCGなどはゲーム内で使われているシーンに到達すればいいのでそんなに難しくないのですが、中には「poemwords.txtを最後まで読む」「Act1で3回の詩を全て違うキャラ好みに書く」など狙ってやらないとできない条件もあるのでヒントがないと難しい…。
PS4版・PS5版・Steam版などはトロフィーや実績が画像の解放条件と同じ手順で取れるものがあるのでヒントが0では無いのですが、Switch版には実績機能が無いので完全にノーヒント。

総評:別の意味でドキドキするノベルゲーム

オリジナル版はパソコン本体の機能を用いたギミックが多くてコンシューマーへの移植は難しそうなゲームだと思っていたのですが、ファイル内に生成されるドキュメントや画像などの小ネタも再現されていて凄いと思いました。
初回起動時の注意書きで「本作は恋愛ゲームではなくホラーゲームです」とある通り可愛い見た目に反して怖いゲームなので苦手な人は少なくなさそうですが、ファイルを弄るギミックやバグ演出は個性的で好きです。
怖い場面が多いゲームではありますが、警告機能のおかげで心の準備がしやすいので多少は遊びやすくなっていると思います。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #PS4ソフト #PS5ソフト #Switchソフト #XboxOneソフト #XboxX|Sソフト #Steamゲーム #ノベル #レビュー #DDLC

スポンサーリンク:

 
 

【Switch/PS4/XboxX|S/Steam】ENDER LILIES レビュー

 
「ENDER LILIES(エンダーリリーズ)」を購入しました。
2021072623504947c.jpg
色んな所で評判が良かったのとちょっと暗めの世界観につられて購入。私が買ったのはSwitch版。
PC(Steam版)を始めSwitch・PS4・XboxX|S用にも出ていて色んなハードで遊べますが、いずれのハードでもダウンロード限定ソフトとなっています。
ジャンルはいわゆるメトロイドヴァニアですが、道中もボス戦も難易度高めで何回でも死ねるゲームでもあります。本作とシステムが似ているゲームとしてよくホロウナイトが挙げられますが、両方遊んだ人によると本作の方が優しい作りになっているとのこと。
真のエンディングともいえるCエンド到達までにかかる時間は20時間程。クリア後の追加要素はありませんが、Cエンド到達にはマップの隅々まで探索して特定のアイテムを集めないといけないことを考えると、2500円のゲームとしては十分すぎるボリューム。
⇒Ver.1.1.0アップデートでクリア後要素が追加され、レリック等を引き継いで新しくゲームを始められる「NewGame+」とボスバトルが追加されました。

・タイトル:ENDER LILIES: Quietus of the Knights
・発売元: Binary Haze Interactive
・開発元: Binary Haze Interactive
・対応ハード:Switch/PS4/XboxX|S/Steam
・定価:2480円+税
・発売日:2021年6月21日
・ジャンル:2DアクションRPG
・CERO:C(15歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:©Binary Haze Interactive Inc. 
・公式サイト:https://ja.enderlilies.com/

どういう人にオススメ?
・メトロイドヴァニアが好きな人!
・高難易度の2Dアクションゲームを遊びたい人!

良かった点
・暗く退廃的な世界観だが道中は寂しくない
・宝箱などを全て取ったエリアを色分けしてくれるので後からでも探索しやすい
・大ボスは強敵ながらも理不尽な攻撃はなく、パターンを読めるようになれば安定して勝てる
・デスペナルティは一つ前のセーブエリアに戻されるだけでリトライしやすい

賛否両論?点
・攻撃スキルの強化に必要なアイテムの入手量が限られている上振り直しできない
・全体マップを開けるのはセーブエリアのみ
・難易度設定はないので世界観やストーリーだけ楽しみたい人には敷居高め

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

滅亡後の世界は薄暗くも儚くて綺麗

20210726235046e0d.jpg
本作はゲーム開始時から世界滅亡済み。探索できる場所には「穢者(けもの)」という生きる屍になった人々が残るだけで、廃墟や物静かなBGMが退廃的な雰囲気を醸し出していて物悲しい空気ながら美麗な世界観となっています。
敵として出てくる穢者たちは元人間ということもあって、中ボスクラスの穢者には「崖の村の少年」だとか「城下の娘」だとか名前がついていてああ…と思うこともしばしば。しかもスキル説明で生前のエピソードまで教えてくれるので切ない気持ちになります…。
主人公のリリィはこの世界唯一の生き残り兼穢者を浄化することで死なせることができる能力を持つ白巫女。彼女自身は攻撃手段を持たず、魂としてついてくる黒騎士たちが代わりに攻撃してくれます。
道中で出会うのは穢者や他の白巫女の死体ばかりで一人寂しい探索になるかと思いきや、黒騎士が喋りかけてくれたりベンチで休むときなんかは魂たちがリリィを取り囲むように姿を見せてくれるので、プレイ中は意外と寂しくありません。
黒騎士はかなり面倒見のいい性格のようでゲームスタート時からついてきてくれますし、会話でもリリィのことを案じてくれたり過去の思い出話を語ってくれたりも。スキルも剣を振るスタンダードなもので使いやすいので必ず入れていました。
世界観描写もしっかりゲーム中でなされていて、マップ上で拾える手記・レリック(装備)の説明・ボスのスキル説明などからひも解くことが可能で考察が捗るタイプのゲームです。

基本操作とゲームシステムについて

リリィはか弱い少女という設定…なのですが、ヘッドスライディングして攻撃を回避したり・かなりの高さがある足場にジャンプしてよじ登ったりできる身体能力を誇るので操作面はかなり良好。基本操作はBボタンでジャンプ・ZRボタンでスライディング・A/X/Yボタンで攻撃・ZLボタンで回復
最初は本当にジャンプとヘッドスライディングぐらいしかできませんが、大ボスを倒すことで壁や床にある肉壁を壊せるようになったり水中を潜れるようになったり壁をよじ登れるようになったりワイヤーを伸ばせるようになったりと、できるアクションの種類が増えていきます。
できるアクション数に比例してリリィの見た目も痛々しいものに変化していくのが辛いですが、真エンドにたどり着くための辛抱…なのかも
攻撃アクションもボスを倒す毎に増えていき、3種類をA/X/Yボタンに割振ったセット×2の計6種のスキルを同時に持ち歩けます。種類も豊富で特に大ボスのスキルはどれも強力。
攻撃スキルは強化が可能ですがマップで拾える残滓という素材が必要で入手できる数にも限りがあり、計画的に強化しないと最大強化まで持って行けなくなるので注意。振り直しもできないので残念ながら色んなスキルを強化してみて試すというのはできない仕様です。
個人的に強化しておいて損がないと思うオススメスキルは老戦士ゲルロッド魔女イレイェン。どっちも比較的序盤から入手可能で、ゲルロッドは大振りな分火力も高くてスタン値を溜めやすく、イレイェンは使える回数が多い遠距離攻撃ということで使いやすい能力。

全体マップはメトロイドヴァニアらしく小さな部屋がいくつも繋がっている構造になっていて、ストーリー進行で解禁される新アクションで行ける部屋が増えたりアイテムが拾えるようになる仕様。その分迷いやすく、何度も同じ部屋を行き来したりしないとボス部屋や目的の場所までたどり着けません。
加えて道中の難易度も高いので探索もかなり大変。複雑なギミックはないのですが、ザコ敵から受けるダメージも侮れないしセーブエリア以外での回復は回数が限られているので油断してると簡単に死ねます。
序盤の方は探索しやすいので最初は大ボスだけが強いゲームかなーと思っていたのですが、進めば進めるほど道中のザコ敵が強くなっていって最終的にはボスで死んだ回数より道中で死んだ回数の方が多くなりました…。
とはいえデスペナルティは1つ前のセーブエリアに戻されるだけ。セーブエリアも5部屋に1個ほどの高頻度で置かれていますし、大ボスがいる部屋の前にも必ずあるのでリトライもしやすくソウルライクゲームとしては親切な作り。
理不尽な死というのもほぼないので、何度も屍を積み重ねているうちに原因を探りながら対処すれば突破できる程度の難易度には収まっています。強いて理不尽と言えるのは画面外から敵の遠距離攻撃が飛んで来ることがあるぐらい。
一応レベルという概念(最大レベルは100)があり敵を倒すと上がっていきますが、攻撃力が上がるだけで防御力は据え置きですし奥に行くほどレベルが上がっている前提で敵も強さが調節されているので、レベル上げしたからと言ってほとんど楽にならないのがつらみ
レベル上げするよりも、マップに落ちているお守りの欠片(HP最大値+5)白巫女の祈りを集めたり、レリック魔導の鎖を探しに回る方が攻略面では有意義。
レリックは装備することで受けるダメージを減らしたり・ジャンプ力が上がったり・回復回数を増やせたりできます。それぞれにコストがあってつけれる数に制限がありますが、魔導の鎖を集めることで最大コストを増やすことが可能です。
防御面は最後までお守りの欠片やレリック頼りなので、詰まったら戻って探索が基本。
全てのアイテムを集め終わった部屋はマップ上でオレンジ色に塗られるので、どこが未探索かわかりやすいのは高く評価したい点。ファストトラベルもセーブエリア間ならどこでも飛べるので移動も楽チン。
全体マップをセーブエリア以外で開けないことだけが惜しいポイントですが、それ以外には特に不満点はありません。

大ボスは強く何度も死ぬ羽目に

202107262350502f4.jpg
マップには各地に中ボスや大ボスが配置されています。新アクションを覚えるためにも戦闘は避けられません。
中ボスは少し強くなったザコ敵という感じでそんなに強くはありませんが、大ボスは初見突破はまず無理です。
大ボスはチュートリアルで戦う「守り人シーグリッド」、橋の前にいる「老戦士ゲルロッド」、魔術協会の回廊の「黒の魔女イレイェン」、納骨堂前の「守り人シルヴァ」、慰霊の間の「狂い騎士ウルヴ」、処刑場跡地の「深淵の番人ヘニール」、王の寝室の「騎士長ユリウス」、地下研究室最下層の「ミーリエル」、ラスボスの9体が登場。
大ボスはどいつもこいつもHPが多い上、一撃でリリィの体力を2/3〜半分以上を削ってくるヤツばかり。攻撃パターンを読めるようにならないとあっという間に回復できなくなって死にます。
HPが2/3もしくは1/3になると行動パターンが変わるのも難易度を上げている要因。途中から急に本気を出してくる感じで攻撃は苛烈になっていきます。
一方で攻撃の直前には目が赤く光るので攻撃が来る予兆がわかりやすく、直後に隙ができる攻撃も多いのでゴリ押しするよりも確実に回避して少しずつ削って行った方が勝ちに繋がりやすいバランスになっています。
個人的に苦戦した順でいえば、ウルヴ>イレイェン=ユリウス>ゲルロッド>ミーリエル>シルヴァ>ラスボス>へニール>ジークリッドです。
ウルヴの何が強いって言うと素早さと第2形態以降で超精度命中の居合切りを使ってくること。個人的に素早い相手が苦手な上に居合切りを避けるタイミングにも苦戦し、20回ぐらいは負けました…。
イレイェンはチュートリアルであるジークリッドを除けば最初に挑んだボスと言うこともあって10数回はリトライ。遠くからでも届く魔法攻撃も厄介でしたが、第3形態の触手で素早く突き刺してくる攻撃が苦手でした。ユリウスもイレイェンと同じぐらいのリトライ数ですが、体力が多くて長期戦になるのが一番辛かったです。しかも剣で正面からの攻撃を弾いてくるんですよね…。
そんなこんなで強敵揃いの大ボスですが、ラスボスは召喚してくる雑魚の処理さえミスらなければそんなに強くなかったので拍子抜け。移動もしないので殴りやすいしで助かりました。

総評:メトロイドヴァニアとして見てもソウルライクとして見ても良作

歯ごたえのある難易度ながらデスペナルティはほぼないのでリトライしやすく、理不尽要素も無く自分の実力が反映されやすい仕様で良作と言える2Dアクションゲームです。
メトロイドヴァニアとしてもマップ上で探索済みエリアの色が変わるおかげでどこが未探索か一目瞭然でファストトラベルもしやすい親切な設計。
ほの暗い世界観も良く、個人的には遊んでよかったと言える作品でした。値段も3000円以内とお求めやすいのでメトロイドヴァニアや高難易度2Dゲームに初めて挑む方の入門作としてもオススメできるゲームです。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #Switchソフト #PS4ソフト #XboxX|Sソフト #Steamゲーム #アクション #レビュー

スポンサーリンク:

 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: