プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

スマブラSP 灯火の星100%クリアしました

 
2018/12/21(Fri) Category:スマブラシリーズ

Tag: #スマブラSP

ようやく、灯火の星のクリア率を100%にすることができました。

エンディングに辿り着くだけでも20時間程度かかりましたが、なんとか全クリです
思っていたよりもボリュームが多く難易度も高めでしたが楽しめました。難易度ふつうでもしんどいステージがチラホラ。
スピリットが元ネタを知っているものだと尚更楽しい。ドンキーコングやストリートファイターなど、一部のゲームは専用の小ワールドも用意されています。逆に言えば、知らないキャラで高難易度だと理不尽に感じるものも多かったですが…
クリア出来ない人は難易度を下げるか、ジャイアント化・巨塔持ち込みスピリットを使うと楽になるかも?
とにかく、アタッカーはおやつを惜しまず育てていくのをオススメします。特に★3で超化できるスピリットは最終的に★4まで育つ(しかも最初から★4の物より強いことが多い)のでオススメ。
どうしても無理そうなら一旦パスした方が精神衛生や時間の使い方的にも良いと思います。対策できるスピリットがあるのと無いのでは難易度が段違いなので、まずは別の道を進んでみるといいかもしれません。
ここから先、ネタバレがあるので注意
最初は本当にカービィしか使えないのですが、相手も★1しかいないので使い込んでいない人でも余裕だと思います。マリオ⇒マルスorシークorむらびとを助けるところまで難なくクリア。
3人から選ぶところはマルスを選びました。他の2人、性能のクセが強過ぎない?(個人の感想です)
それなりにマルスは使い込んでいるので「後はすんなり行けるでしょ」と思っていたら、★3・★4のスピリットが出てくる度に苦戦するように…。
最初に苦戦したのは、ネットで悪名高きザ・ボスでした。毒床の上でゼロスーツサムスと体力制で戦うというルールなのですが、相手が普通に強くて15分ぐらい戦ってようやく勝ちました…。まだ毒対策もできないしで運良く相手がミスして自滅するまで戦い続けることになってしまいました。
その後も、★3や★4、場合によっては★2にすら悶絶しながら、とりあえずメインで使っているアイクを探して奔走することに。
ちなみにアイクは最初のマップでは出てこないので、この努力は徒労に終わりました

光の世界のボスはギガクッパ、リオレウス、ガレオムの3体。
この中でガレオムはマルスを選んだ場合なら1番早く戦えるボスだと思います。元々はXの亜空の使者に登場するボスキャラでした。
モーションがまんまXのそれで少し感動。殴ってくる前の動きからミサイルを飛ばしてくる動きもそのままで、戦っていて色んな意味で面白かったです。
二番目に戦ったギガクッパは…私がDXを遊んでいないのもあるのか戦っていてイライラしたボスでした。攻撃強いしスタンしないしで個人的に一番ニガテ。カウンターできない攻撃が多すぎるんだよっ
第一マップで最後に戦ったリオレウスは今作で1番好きなボスです。落とし穴のタネを落とし穴代わりに使えたり、デクの実を閃光玉代わりに使えたりと、モンハンネタ多めで楽しかったです。
部位破壊もできますが、さすがに尻尾は切れなかったです…(切れる仕様だったらみんなのCERO:Aじゃなくなるので…)。
この3体を倒すことでようやくストーリーの元凶であるキーラに挑むことができるようになります。
キーラの攻撃は全体的にド派手で綺麗で、個人的にリオレウスについで好きなボスです。浮いていることと全体ビームの避けるタイミングが難しい点を除けば…ですが。


キーラ倒してエンディングかと思いきや、裏ボスのダーズが登場し二番目のマップに行けるようになった時は唖然としました…ここまで12時間ほどかかったのにまだあるのか、と。
ここから全体的にレアリティの高いスピリットが増えてきます。倒さないと進めないのに★3とかが普通に立ち塞がってきます…。
とりあえずここでもアイク入手に奔走することに。結局、アイクは上の分岐を進んだ先の「謎の空間」なる場所で救い出せました。
アイク救出後は使用キャラをアイクに変更。FE組はマルス除いて全員が第二マップ以降での救出となりました…

第二マップ改め闇の世界は第一マップと比べると狭めですがギミック多め。ボスはマルク、魔獣ガノン、ドラキュラの3体。
前途の「謎の空間」ではクイズが出題されてその答えとなるスピリットを倒さないと先に進めないという仕様でした。それなりにマニアックなものも多いのですが、ドラキュラ関連の問題以外は一発クリア。
ここのボスはカービィシリーズのマルク。基本的な動きはSDXやUSDXのものに近いですが、一部攻撃は見たことの無い攻撃も混じっていました。ちなみにブラックホールは健在。
入口に戻り、左側の分岐を進むとゼルダの世界を模したマップがあります。謎解き要素もあり、ゼルダファンには嬉しい要素。
ボスは魔獣ガノン。弱点の尻尾以外は攻撃が通らず、中々背後に回り込むのも難しく強い方のボスだと思います。それでもスタンできるのでギガクッパに比べるとまだ楽。
再び入口に戻り、右側の分岐を進むとドラキュラ城?を模したマップに行けます。ここも謎解き要素に近いパズルがあり面白かったです。
ボスはドラキュラ。第一形態と第二形態を持つボスで、第一形態の人間の姿の時は頭にしか判定がない代わりに攻撃は控えめ、第二形態の怪物の姿の時は全体に当たり判定がある代わりに攻撃が苛烈、と前半と後半で全く違う動きをするボスでした。まあアイクなら上弱攻撃で頭に届くんだけど
第二マップでも3体のボスを倒すことでダーズに挑戦できるようになります。個人的にはダーズの方がキーラよりも苦戦しませんでした。
というのも、全体的に攻撃が避けやすいです。唯一、斜め十字爆弾だけは難しいと思いましたが、壊せることがわかってからはさほど驚異にもならなくなりました。
ダーズを倒してエンディングかと思ったら第三マップのご登場。キーラ生きてたもんね知ってた。


第三マップこと最終決戦は闇の世界よりも狭いマップですが、難易度は最高潮に。
このマップでは中央から左寄りのスピリットを倒すと闇が優勢になり、右寄りのスピリットを倒すと光が優勢になっていきます。
優劣が偏ると、マップ上にマスターハンドもしくはクレイジーハンドと共に残りのファイターが出現します。ここでようやくロイを救出…長い長い戦いだった。
最終だけあって、★3★4のスピリットが当然のごとく道を阻むという鬼畜難易度…こっちもそれなりに戦力が揃っては来ていたものの苦戦。
倒さなくても進めるスピリットにも★4が当然の如く登場。特にギガマックとガイルは灯火内で最も苦戦したスピリットでした。
ギガマックは巨大化+スーパーアーマー持ちのリトルマックと体力制で戦うというものですが、相手の方が体力が多くKO攻撃が痛いし怯まないしでキツかったです。結局、武器攻撃強化つけて天空のスーパーアーマーを利用してゴリ押せましたがもうやりたくない。
ガイルはアシストフィギュアのガイルを召喚してくるCファルコンと体力制で戦う、というもの。ガイルが強いし遠距離技まで持っているという反則級の強さで真面目に戦うのを諦めて巨塔を持ち込んでゴリ推しました…。
スピリットは全部回収しなくても光と闇のバランスが均衡になれば真エンドルートに行けるようです。ちなみにキーラかダーズだけを倒すルートだとバットエンドになりますが、100%にするためにはバットエンド回収も必須。

真エンドへの道に進むと、なんとマスターハンドを操作して模造ファイターを蹴散らす(?)バトルが始まります。このマスハ操作がめちゃくちゃ楽しい。一度クリアするともう遊べないのが残念なぐらい楽しい。
マスハモード終了後は、最終バトルへ挑めるように。最後だけあってキーラとダーズの両方を相手取り戦うことになります。
最終バトルは、アクションパートの第一段階、ボスラッシュの第二段階、キーラ・ダーズ戦の第三段階に大きく別れています。
この最終バトルのみ、ファイターを3人選ぶことができ先鋒がやられると次のファイターが使えるようになる仕様です。
この盛りだくさんのバトルをノーセーブでクリアしないといけないので、かなり時間がかかります。
マキシムトマトなどの回復アイテムが道中に配置されていますが、ノーミスクリアは難しいです(クリアゲッターに「最終決戦をノーミスでクリアする」というものがありますが…)。オススメスピリットはセレビィエリーゼ等の回復系スピリット。
なんだかんだでキーラとダーズをボコり、真エンドへ。真エンドのみがハッピーエンドとなっており、クリア後特典として「はじめから+」が解禁されます。
はじめから+はファイターやスキル、施設の解放状況を引き継いだまま新しく始めることができる機能です。クリア後のデータは残したまま、空きファイルにはじめから+のデータを記録できるのでご安心を。
スキルは1周目だけでは埋まりませんでしたので、クリアゲッターの解放には2周目はほぼ必須。
結構面白いモードだと思いますが、不満点をあげるとすれば、自分より敵の数が多い状態(特にアシストフィギュアを召喚してくる系のヤツ)で戦わなければいけないスピリットが多いことですね…。
ハメられて為す術なく倒された時は確かにストレスになりました。一部のステージは実力以上に運が必要だと思います。
それでも、対策用スピリットをつけて数回挑戦すればクリア出来る程度の難易度ではあると思います。むずかしいはどのぐらい難しいのか…。
他には、マップの障害物を退けるのに必要なスピリットがわかりにくいのもダメな点だと思います。せめて障害物を調べた時にヒントを出すだけではなく、スピリットを近くに配置してくれた方が良かったです。
後、マップの移動がめんどくさいと感じました。特に光の世界は広いのにマップに置いてある土管など以外でのワープができないのが不便。クリア後は任意のスポットにワープできる仕様だったら良かったかも。

ちなみに闇の世界突入後?はファイル選択画面左側にダーズの絵が追加されるようです。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #スマブラSP

スポンサーリンク:

 
 

DragonVale クリスマスイベント2018「WINTER SAGA」開催中

 
2018/12/15(Sat) Category:PCゲーム・スマホアプリ

Tag: #DragonVale

DragonValeにて、クリスマスイベント「Winter Saga」が開催中です。

ハロウィン以来のドラベ記事。この時期になると、今年もあと1ヶ月だなーと少し憂鬱になります
11月の収穫祭は、エピック属性のレベル20ドラゴンを要求されたせいでヤル気ナッシング。モニュメントの入手難易度をもっと下げてほしい…
とはいえ、オーバージン以外のドラゴンは入手出来たのでまあいいかなと。
今年のクリスマスイベントは今年のハロウィンイベントに近い仕様になっていて、ジェム消費ゲーです…ただ、ハロウィンよりかは改善されている点も見られます。
今回のアイスベリーには1日の入手制限がなく、アドベンチャーイベントで存在したドラゴンの寄付も復活しています。
その代わりなのか、収穫などによる入手ができなくなっているので、数を集めるのが少し大変になっていますね…こまめにミニゲームや闘技場に参加するのをオススメします。広告を見ることでも1日に150個は集められますので忘れずに。


今回から新しいミニゲームとして「魔法のトラップ」が追加されました。このミニゲームでは、落ちてくるアイスベリーやオーナメントをタップして集め、爆弾を触らないようにするのが目的です。
以前からある「ホイール・オブ・チャンス」(ルーレット)と「ドラゴンドロップ」(コイン落とし)もありますが、魔法のトラップの方が安定してアイスベリーや宝箱を集めることが出来ます。
新しく追加された限定ドラゴンはハロウィン同様にデコレーションを集めて既存ドラゴンをエボルブさせる方式で入手できます
デコレーションはハロウィンと変わらず、ミニゲームかアイスベリー交換で手に入る宝箱が主な入手方法となります。

今回追加されたエボルブドラゴンをまとめておきます。一部は今後追加されるドラゴンです。
・シュガープラム(Sugerplum)は「フラッターフルーツ(Flutter Fruits)」を10種類集め、ギフト(Gift)をエボルブさせることで入手可能。
・リブレット(Libretto)は「音符(Tuplets)」を10種類集め、ギフトをエボルブさせることで入手可能。
・ニブホイップ(Nipwhip)は「ココアマグ(Cocoamag)」を10種類集め、ギフトをエボルブさせることで入手可能。
・サッカリン?(Saccharine)は「ガムドロップ(Gamdrop)」をを10種類集め、ギフト?をエボルブさせることで入手可能?(今後追加)
・トレパック?(Trepak)は「くるみ割り人形(Nutscracker)」をを10種類集め、ギフト?をエボルブさせることで入手可能?(今後追加)

・ガルテール(Gulletail)は「ストッキング(Stocking)」を10種類集め、コール(Coal)をエボルブさせることで入手可能。
・バーグルフー(Burglehoo)は「プレゼント(Present)」を10種類集め、コールをエボルブさせることで入手可能。
・アヴァリス(Avarice)は「ポインセチア(Poinnsetia)」を10種類集め、コールをエボルブさせることで入手可能。
・ロキルアー?(Lokilure)は「羽(Feather)」を10種類集め、コール?をエボルブさせることで入手可能?(今後追加)
・ジャディス?(Jadice)は「アークランプ(Arclamp)」を10種類集め、コール?をエボルブさせることで入手可能?(今後追加)

・進化に必要なアイテムは、ミニゲームで入手出来る金の宝箱もしくはアイスベリーと交換できる「おもちゃの宝箱(Toy Chest)」から入手出来る。
・これらのデコレーションには各々10色あり、全て集めてパークに置くことで初めてエボルブできるようになる。入手分はギフトに送られる。
・エボルブにはアイスベリーが1000個必要。進化元のドラゴンはパークからいなくなってしまう。
ミニゲームでの入手では、種類によって出てきやすいミニゲームが違う可能性が高そうです。魔法のトラップでは音符とココアマグ、ストッキングの出現率が高くなっていました。
ちなみにこれらのデコレーション、ピンクオレンジ黄色グレーの10種類がありますが、めちゃくちゃ被ります。
ただし、アイスベリーで交換できる宝箱からは持っていない種類のデコレーションが必ず出る仕様になっているので、ハロウィンに比べるとまだ優しく感じます。
被ったものは売ることでアイスベリー50個に変換できる他、手に入れたアイスベリーで宝箱を購入することで持っていないデコレーションを入手できますし、アイスベリーの入手制限もないおかげでミニゲームをプレイしまくっても無駄にはならないのが、ハロウィンからの大きな改善点だと思います。
また、デコレーション自体は進化させても無くならないので、進化元のドラゴン+アイスベリー×1000を消費すれば何度でも使えるようになっています。
ハロウィン以降のイベントでは、ブリードではなくエボルブによって新ドラゴンが入手できる形式になっていますが、個人的にはそれ以前のブリードでの入手が好きでした…今からでもエボルブは無かったことにしてブリード形式に戻して欲しい…。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #DragonVale

スポンサーリンク:

 
 

【Switch】大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL レビュー

 
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』を購入しました!!

スイッチ発売時から楽しみにしていたゲームです。やっぱり任天堂の据え置き機と言ったらスマブラのイメージ。
今作では今までのスマブラシリーズに参戦したキャラクターが全員参戦+新ファイター追加、とかなり豪華です。
forでリストラされたスネークやアイスクライマー、Xでリストラされたこどもリンクやピチューも久しぶりに登場します。

・タイトル:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
・発売元:任天堂
・開発元:株式会社ソラ/バンダイナムコゲームス
・対応ハード:Switch
・定価:7920円(税込)
・発売日:2018年12月7日
・ジャンル:対戦アクションゲーム
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1〜8人
・権利表記:© 2018 Nintendo
Original Game: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD. / ATLUS / Microsoft / SNK CORPORATION. / Mojang AB
・公式サイト:
https://www.smashbros.com/ja_JP/

どういう人にオススメ?
・スマブラシリーズが好きな人!
・人気のゲームキャラで格闘ゲームがしたい人!

良かった点
・過去作のファイター全員参戦に加えて新ファイターの登場
・対戦時の設定を細かく変更できるようになった
・「灯火の星」は原作再現されているスピリットもいてなんだかんだ楽しい

賛否両論?点
・ステージは全復活とはいかなかった
・オールスターを始めとする大乱闘以外のモードがほとんど無くなってしまった
・フィギュアが削除され一枚絵のみのスピリットに置き換えられてしまった
・スピリットボードクリア後のミニゲームはなくてもよかった

備考
・ローカル通信、インターネット通信対応(要:SwitchOnline加入)
・amiibo対応
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

ファイター数はシリーズ史上最大

20210822194422ca8.jpg
新規参戦のファイターは、インクリング(スプラトゥーン)・リドリー(メトロイド)・デイジー(ピーチのダッシュファイター)・クロム(ロイのダッシュファイター)・ダークサムス(サムスのダッシュファイター)・シモン(悪魔城ドラキュラ)・リヒター(シモンのダッシュファイター)・しずえ(どうぶつの森)・キングクルール(ドンキーコング)・ガオガエン(ポケットモンスター)の11人。少なく感じますが、今までのキャラが全員いるので文句はないです。
今後配信される予定のDLCでもキャラクターの追加が予定されており、現時点ではパックンフラワー(マリオシリーズ)・ジョーカー(ペルソナ5)の参戦が決まっているようです。
そんなたくさんいるファイターですが、最初は64で最初からいる8ファイター(マリオ・ドンキーコング・ヨッシー・リンク・サムス・フォックス・ピカチュウ・カービィ)しか使用できず、他のファイターを解禁するにはある程度ゲームを遊ぶ必要があります。
ファイターの解禁方法には、「勝ち上がり乱闘」を特定のキャラクターでクリアする・「スピリッツモード」の「灯火の星」でファイターを仲間にする・ゲームを10分?遊ぶ毎に出現する挑戦者を倒す、の3つの手段があります。
かなりの数のファイターがいるので、全員解禁は中々大変。一応、裏技があるらしいので、特定のキャラクターを早く使いたい方は調べてみることをオススメします。
私はアイクとマルスの解禁を優先したので、その2人の解禁方法を載せておきます。
アイクは「勝ち上がり乱闘」(今までの「シンプル」にあたるモード)による解禁が早いと思います。マリオ⇒ソニック⇒ベヨネッタ⇒リトルマック⇒アイクとクリアしていくことで順次解禁できます。
マルスは「灯火の星」による解禁が早いかと。マリオを助けた後にマルス・シーク・むらびとの内1人だけ解禁できるのですが、そこでマルスを選べば解禁できるようになります。
残りのFE組は未だに解禁できていないので、情報が欲しいですね…早くクロムを使ってみたい…。
今はまだ灯火の星クリアを目指して奮闘中です。

対戦ゲームとしては進化・パーティゲームとしてはやや退化

今作ではWiiUから引き継いで登場の8人乱闘・amiiboの育成、新アイテムや新ステージの追加はもちろん、細かくステージ仕様を設定できるようになったりシステム面でも改善された点が多いです。
特にステージ設定はギミックが発動するかどうかをオンオフできる「ギミックスイッチ」が追加された他、終点化に加えて戦場化もできるようになりました。
一方でオミットされている機能もかなり多く、過去作のステージは削除されたものがかなりある他ゲームモードもフィールドスマッシュ・ワールドスマッシュ・オールスター・オーダー・フィギュア名鑑などがなくなりました。
全体的に対戦格闘ゲームとしてのブラッシュアップは行われたものの、パーティゲームとして楽しめるモードが少なくなったのが残念。
特にフィールドスマッシュは好きなゲームモードだった上にSwitchを持ちよるかオンラインでも遊べそうなシステムだったのでなくなってしまったのが悲しい。

スピリットと「灯火の星」と「スピリッツボード」

2021082219442412e.jpg
今作で個人的に推したいのは新しく追加された「スピリッツ」モード及び「灯火の星」モード。
今作ではフィギュアの代わりに「スピリット」が存在します。収集要素という点ではフィギュアと同じですが、スピリットは武器にもなるという点が異なります。
見た目は原作から直接持ってきた1枚絵でちょっと手抜きを感じますが、なにせ数が多いしSwitchのグラでフィギュア作るのも大変そうだし。
スピリットにはアタッカーとサポーターの2種類が存在し、アタッカーは属性・サポーターのスロット数を変更サポーターはスロットの数だけ編成に入れることができアイテムの持ち込みやステータスの強化をすることができます。強力なサポーターはスロットを複数個必要とするものもあるので注意。
レアリティも☆1から☆4まで存在し、やはり高レアリティのスピリットの方が強くなります。その代わりに高レアほど入手難易度が高く設定されています。
アタッカースピリットは育成することもでき、レベルを上げることでより付与効果が強力になったり、中にはレベルを最大の99にすることで進化できるものも。進化させたスピリットは強力な性能になっているので育てる価値アリ。
少し複雑なシステムになっていますが、Xにおける「シール」やforにおける「装備」に属性と育成要素が追加されたような感じです。
スピリットは様々なモードで集めることが出来ますが、主に灯火の星かスピリットボードで集めることになります。
「灯火の星」はXにあった亜空の使者とイベント戦を足して2で割った感じのモード。マップを探索しながらスピリット相手の戦闘とボス戦をこなしていきます。
最初はカービィのみ使用可能で、ストーリーを進めることで使えるキャラを解禁できる仕様。
ちなみに灯火の星モードで解禁したキャラクターは他のモードでも使えるようになりますが、他のモードで解禁したキャラクターを灯火の星で使うことは出来ず灯火の星内で救助する必要があります。
スピリット戦は取り付いているスピリットが乱闘内で再現されているものが多く、一部スピリットの再現に感心させられるものもあります。個人的にはパパ(MOTHER2)とかウィスピーウッズあたりは面白い再現だと思いました。
難易度は結構難しめで、亜空の使者と比べてもかなり難しいです。難易度をふつうにしても☆4相手は苦戦必至なので初心者の方はかんたんを選ぶことをオススメします。
「スピリットボード」は灯火の星のバトル部分を抜き出したようなもので、指名手配犯の如く張り出されているスピリットに勝利+ミニゲームをクリアすることで晴れて入手できます。
個人的にはミニゲーム部分はいらなかったという感想…内容は壁の隙間を縫って銃弾を当てるというルーレットみたいなものなのですが面白くないです。せっかく必死こいて勝ててもミニゲームで失敗して入手できないとめちゃくちゃ萎えます…。
張り出されているスピリットは時間経過で入れ替わるのですが、アイテムでも再抽選ができるのでこちらの仕様は特に不満は無いです。

総評:ファイター全員参戦はやっぱり嬉しい

forからかなりの仕様変更がされており、今までプレイしてきた経験者の方も初めてスマブラを触る初心者の方も楽しめるようになっていると思います。
まずは色んなファイターを解禁して適宜使ってみるのをオススメします。みんな違ってみんな良いのでランダムで使うのも楽しい。
話は変わりますが、アイクの服装が蒼炎仕様と暁仕様の両方が選べるようになっているのが嬉しい。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #スマブラSP #Switchソフト #格ゲー #レビュー

スポンサーリンク:

 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: