プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch】【スマホアプリ】Pokémon HOME レビュー

 
ようやくポケモンホームがサービス開始しました!

これで七世代以前で捕まえた個体とピカブイで捕まえた個体(+GO産)が剣盾に送れるようになりました。
Switch版はe-Shopから、スマホ版はGooglePlayストアAppストアからダウンロードできます。
Switch版からできる主なこと
・「ポケットモンスター ソード/シールド」「ポケットモンスター ピカチュウ/イーブイ」との連動およびポケモンの移動
・「ポケモンバンク」からのポケモンの引越し(要プレミアムプラン)
・ポイントの交換
スマホ版からできる主なこと
・「ポケモンバンク」からのポケモンの引越(要プレミアムプラン)
・GTSの利用
・ミラクルボックスの利用
・フレンドとのポケモン交換
・プロフィールとシール機能
フリープラン(無料)とプレミアムプラン(月額360円)の違い
・ポケモンの預けられる数(フリー:30匹/プレミアム:6000匹)
・バンクからホームへの移動はプレミアム限定
・ジャッジ機能はプレミアム限定
・ミラクルボックスに同時に預けられる数(フリー:3匹/プレミアム:10匹)
・GTSに同時に預けられる数(フリー:1匹/プレミアム:3匹)
・グループ交換で部屋を作れるのはプレミアムのみ、参加はフリーでも可能
ポケモンの整理整頓だけならスイッチさえあれば大丈夫ですが、GTS含む交換機能はスマホが必須と中途半端な仕様。
個人的にはGTSぐらいスイッチ側に搭載して欲しかったです。正直なところ、月額360円ならもう少し機能が欲しい。
将来的には預けているポケモンと遊べるミニゲームを追加するとのことですがいつになることやら。

注意点として、剣盾には一部のポケモンしか送れない上に、バンク・ピカブイとホーム間の移動は一方通行で元に戻すことはできません!
剣盾に連れていけないポケモンは新作が出るまでホームでお留守番…ということにもなりかねないので、バンクから丸々移動させるのは避けた方がいいかも…。
また、バンクからホームへ輸送する時はホーム側でのプレミアムプランへの加入+バンク側での利用券の購入(過去に購入していた場合かつ現在は利用券がない場合でも預けたままのポケモンは課金無しで送れます)が必要。
そのため輸送の為だけにホームを使おうとしても、1000円近くのリアルマネーがかかってしまいます…そういう意味では敷居が高い。

バンクからポケモンを送る方法ですが、結構めんどくさいです。
バンク側はメインメニュー→「Pokémon HOMEへのひっこし」→送るポケモンがいるボックスを選んだ後にひっこしパスワードを入れるホーム側(Switch版)はメインメニュー→「ひっこしをはじめる」→ひっこしパスワードの表示→バンク側でのパスワード入力後は引越終了まで待つ(だいたい1~5分程度)。
スマホ版ホームの場合はマイルーム下部中央のボタン→「設定」→「アカウント」の「ひっこし」→「ひっこしをはじめる」→ひっこしパスワードの表示→バンク側でのパスワード入力後は引越終了まで待つ(だいたい1~5分程度)
、という作業が必要。
また、ボックス単位でしか送れないので、事前にバンク側での整理が必要です。
バンク入りの3DSが手元にない場合は、NNIDと連携してバンクにいるポケモン全部をホームに移動させるという手段も使えます。事実上の最終手段ですが。
ピカブイからはホームのメインメニュー→「ポケモン」→ピカブイと連動→ボックス操作だけなので楽です。

ポケモンGOから直接ホームへ送る方法についても記載します。
ポケモンGO側でマップ画面下部にあるモンスターボールをタップしてメニューを出す→右上の「設定」→下の方にある「Pokémon HOME」→ニンテンドーアカウントの連携(初回のみ)→「ポケモン転送」→送りたいポケモンを選んで転送ホーム側(スマホ版)はマイルーム下部中央のボタン→「設定」→「アカウント」の「PokémonGO連携」→「転送されたポケモンをみる」→受け取るで完了です。
ポケモンGOからの輸送には転送エナジーが必要です。この転送エナジーは時間経過で回復し、送るポケモンが珍しい(伝説や幻・色違いなど)程多く消費します。
カントー図鑑に載っているポケモン+メルタン系なら転送エナジーなしでもピカブイ経由で連れてくることが可能。ボールを入れ替えたい時はピカブイ経由がオススメ。

個人的に面白いと思った機能は、スマホ版に搭載されている「実績」と「シール」です。
「実績」は特定のポケモンを預けたり通信交換すると達成できるものです。
簡単なものなら「特定の性格のポケモンを数匹集める」「特定のボール入りのポケモンを数匹集める」というものですが、難しいものだと「模様違いのビビヨンを18匹全て集める」「懐かしのホウエン地方のレックウザを預ける」など色んなものがあります。
実績は達成することでシールや壁紙が貰え、プロフィールに飾るバインダーをデコレーションすることもできます。
逆に残念な点はポケモン交換に関する要素諸々。
GTSは今までのシリーズ同様準伝要求の嵐。マイナーなポケモンだと全然いい条件に出会えません。
幻や禁止伝説の除外はできるのに準伝は除外できないのが厄介極まりないです。
少し前までは.comや.tv(AusLove.tvなど)産の改造ポケモンが跳梁跋扈してたのですが現在は対策されそういうタイプの改造ポケモンを受け取る確率は下がりました。遅かれ早かれ対策しているのはgood。
ミラクルボックスは中々交換が成立しません。思ったよりもユーザー数が少ないのかそれともサーバー側の問題なのかわからないのですが、1時間経っても1回も交換されないのは不便。
ポケモンを出す際も1匹1匹選ばないといけないのも面倒です。一度に複数選択させてくれ。
→いつの間にか複数のポケモンを同時に預けることができるようになってました。

GTSは仕様上交換できない幻や明らかに無理な条件のポケモン(レベル進化ポケモンの1レベなど)を欲しいポケモンに選べるのを治してくれないと正直どうしようもないです。SMの時にも散々言われていたのに改善されていないのはなんで。
他にも、「サファリボール・コンペボール入のポケモンが交換できない(修正済)」「おうかんを使って個体値をVにしたポケモンをバンクから送ってくると個体値がリセットされる(既に修正済)」などの不具合もあり、まだ早期アクセスといった感じ。
過去作のポケモンを連れてきても剣盾のランクマッチでは使用することができなかったり、一部の技が使えないなど、メリットが思い出のポケモンと旅ができること以外にはほとんどない状態なのも改善して欲しいかも。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #ポケモンHOME #Switchソフト #スマホゲーム #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

【スマホアプリ】勉強しながら遊べるゲームアプリ紹介

 
今回は勉強するついでに楽しめるゲームアプリを少しながらまとめました。
ゲームが楽しくてついつい勉強する間もないほど遊んでしまうことがありますが、どうせなら遊びながら勉強できると一石二鳥…かも。
Atomas


原子をテーマにしたパズルゲーム。
円形のレーン上に原子を置いてプラスで合成することで原子番号が1つ大きい元素を作ることができます。
合成するには+を挟んで原子を鏡像状に置く必要があり、上手く配置すれば連鎖反応が起こり1つの+で複数回の合成を行えます。
例: |H|+|H| → |He| (原子番号1の水素(H)がくっついて原子番号2のヘリウム(He)ができる)
例2: |C|N|+|N|C| → |C|O|C| → |F| (最初に原子番号7の窒素(N)がくっついて原子番号8の酸素(O)ができるが、連鎖反応で隣のCがくっついて原子番号9のフッ素(F)ができる)
例外もあり、マイナスはレーン上の元素を1個引っ込めて別の場所に配置できる他プラスにも変換可能。
稀に出るダークマター(黒い+)は同じ元素が隣合っていなくても強制的に合成できる、白い無地の○はレーン上の元素を1つコピーして同じ元素になるといった特徴もあります。
課金限定?の反物質(白い無地○に丸いエフェクトが浮いている)はレーン上にある元素の内半分を強制的に合成できます。
レーンがいっぱいになるとゲームオーバー。右上の⤾は1つ前の原子を置く前の配置に戻せますが、連続して使うことはできません。

ルールはシンプルですが意外と難しく、原子番号の大きい元素を作るには慣れが必要です。
特定の元素を作ると新規ゲームスタート時に選べるボーナスが得られるものもあります。臭素(Br)ならスタート時にマグネシウムからスタートする、銀(Ag)なら50ターン毎に1つレーン上の元素を破壊する…など。
元素番号を覚えるならオススメのゲーム。私はプロメチウム(61番)まで作れました。
Mathmare [数学×弾幕避けゲーム]


数学をテーマにした弾幕ゲーム。
一定時間の間弾を避け切るとクリアで、5回被弾するとゲームオーバー。
24ステージ+ハードモードがありますがクリアまでは1時間もかからないお手軽ゲーム。
このゲームに出てくる弾幕パターンはステージごとに三角形や四角といった図形や関数がテーマとなって決まっており、後半に行くほど難易度は上がります。

一部のステージでは1~10までの数を代入して遊ぶことがで来ます。
下の画像は↓の式に好きな数字を代入して出した弾幕パターンです。
x=(a-b)cos(Q)+
2.5*cos(a-b)/b*Q)
y=(a-b)sin(Q)+
2.5*sin((a-b)/b*Q)

a=1.4 b=0.7+α/10+β/100
左が‪α‬=2,β=4、右が‪α‬=10,β=5を代入したものです。

避けやすい弾幕パターンを探すのも良し、綺麗なパターンを探すのも良し。
苦手な人が多い(私もですが)イメージの数学ですが、中々綺麗な弾幕なので見ているだけでも楽しいです。
英語物語


システムは「魔法使いと黒猫のウィズ」に近いのですが、問題は全て英語関連。
習得したい英語レベルに合わせて難易度を選ぶことができ、簡単なものなら小学校レベル、難しいものなら難関大学レベルやTOIECレベルまで網羅されています(一部課金しないと解放できない問題もありますが)。
問題も様々な形式があり、単語の意味を答える問題から英訳/日本語訳、リスニング問題など。

キャラクターはゆるキャラと呼ばれるだけあってかなーりゆるーいデザインになっています。
強いゆるキャラを手に入れるためのガチャもあるのですが、メインはあくまでも英語の学習なので無理しないように。
イベントも結構な頻度で行われているので、長く楽しめるゲームです。
Cell Lab: Evolution Sandbox


特定条件下の培地で細胞を増やすゲーム。
対応言語は英語のみで専門用語も多く翻訳必須ですが、上手く増えた時の嬉しさは一塩。
細胞には光合成を行えるPhotocyte、栄養があれば増えるPhagocyte、鞭毛が生えていて移動するが増えにくいFlagellocyteなど、色んなタイプの細胞があります。
細胞の種類はミッションをクリアしていくことで増えるのですが、そのミッションは結構頭をひねらないとクリア出来ないものも。
遺伝子をいじることで分裂時に別の細胞ができるようにしたり、分裂角度を変えたり、細胞のサイズを変更したりできます。これがミッションクリアの鍵ですが慣れるまでが少し大変。
PC用にsteam版があるほか、攻略wiki(英語)もあるので参考にどうぞ。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #スマホゲーム #パズル #STG #クイズ #レビュー

スポンサーリンク:

 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: