プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【マルチプラットフォーム】テトリスエフェクト・コネクテッド レビュー

 
「テトリスエフェクト・コネクテッド」を購入しました。

ルミネスやメテオスと同じ水口哲也さんがプロデューサーという話を聞いて気になっていたゲームです。私はTスピンダブルがたまに出せる程度の腕しかないのですがテトリス自体は好きなジャンル。
テトリスエフェクトという名前も「テトリス効果」という言葉からきているようです。なんかテトリスをプレイすることで脳にいい影響があるとかなんとか…(ちょっと難しい内容だったので理解できた自信なし)。
今回購入したのはSwitch版ですが、先にPC版・PS4版・XboxOne版・Xbox X|S版・Oculus Quest版も出ています。PC版を買おうとした矢先にSwitchでも出るというニュースを見て先延ばしにしてました。
PS4版のみパッケージ版が存在・他のハードではダウンロード専売。前バージョンである「テトリスエフェクト」を買っている場合は無料でコネクテッド版へアップデートできるみたいです。
ちなみに本作にはサウンドトラックも出てます。ちょっと話が逸れますが本作のパブリッシャーであるエンハンスはメテオスの権利も持っているのでそちらのサントラや続編も作って欲しい…。


・タイトル:Tetris® Effect: Connected
・発売元:Enhance Games
・開発元:Monstars/Resonair
・対応ハード:
PS4/PC(Microsoft Store/Steam/Epic Games Store)/Oculus Quest/XboxOne/Xbox X|S/Switch
・定価:4500円(税込)
・発売日:
PS4版:2018年11月9日
Microsoft Store版:2019年7月23日
Oculus Quest版:2020年5月14日
XboxOne版・XboxX|S版:2020年11月10日
Steam版:2021年8月19日
Switch版:2021年10月8日
・ジャンル:落ち物パズルゲーム
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:
Tetris ® & © 1985~2020 Tetris Holding. Tetris logos, Tetris theme song and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding. The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding. Licensed to The Tetris Company. Tetris Game Design by Alexey Pajitnov. Tetris Logo Design by Roger Dean. Tetris Effect produced and published by Enhance Experience, Inc. Developed by Resonair, Monstars Inc. and Stage Games. All Rights Reserved. Unreal, Unreal Engine and the circle-U logo are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States and elsewhere. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.
・公式サイト:
https://www.tetriseffect.game/ja/

どういう人にオススメ?
・テトリスが好きな人!
・没入感のあるパズルゲームを探している人!

良かった点
・スキン(見た目)、BGM、SE、コントローラ振動などで夢中にさせてくれる
・演出のパターンは25種類以上に渡り、シアターモードで鑑賞だけすることも可能
・1人用モードもマルチ用モードもルールが豊富で飽きさせない作りになっている
・3人で協力してボスを倒す「コネクテッド」モードが楽しい

賛否両論?点
・今どきのテトリスとしてはややお高めの値段設定
・ネットに繋がっている状態でないと遊ぶことができない

備考
・ローカル通信、インターネット通信対応(要:SwitchOnline加入)
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

演出に全力しつつも多彩なモードを搭載したテトリス


基本は「落ちてくるブロックを一列揃えると消える」というテトリスならではのルール。操作は◁▷▽ボタンでテトリミノの移動、△ボタンでハードドロップ(テトリミノを下まで一気に落とす)、Aボタンで右回転、Bボタンで左回転、L or Rボタンでホールド。
アナログスティックはフィールドの拡大縮小やカメラの角度調整をするために使います。初期設定だとカメラが遠目ですが、いちいちオプションモードに行かなくてもプレイしながら大きさ調節ができるのは良点。
本作の一番の特徴は何よりも凝った演出だと思います。本作にはスキンが27種類+α存在しており、それぞれでBGM・SE・背景・テトリミノのデザインが違います。
それに加えて、コントローラの振動が操作や演出と連動していたり・ある程度ゲームプレイを続けているとBGMや背景に変化があったり・一部スキンではテトリミノを回転させると背景も一緒に動いたりと、水口さんの作るパズルゲームらしい彩が楽しめます。
性能やルール自体はどのスキンでも変わらないのですが、感覚的にとてもカラフルで飽きさせない作りになっています。演出で魅せるパズルゲームが大好き。
個人的に好きなスキンは「ドルフィン・サーフ」「ジュエリー・カーテン」「スターライン」「スペース・ステーション」の4つ。他のスキンも素敵なものばかりだと思います。


全体的に背景やテトリミノがキラキラしているスキンが多い印象。BGMにはボーカル付きのもあります。
テトリスというゲーム自体が歴史が長く既に完成し尽くしているジャンルである分、今作では演出にも全力を尽くすことでゲームとしての質を高める試みが行われている感じ。
また、本作固有のシステムとしてゾーンゲージというものがあります。左下の円ゲージが溜まっている状態でZLかZRを押すと、一時的に落下速度が遅くなり・揃えた列が消えずに残る「ゾーン」に突入して特殊演出が見られると共に大量消しを狙いやすくなります。
ゾーン中はテトリス(4列同時消し)以上の同時消しが可能です。上手くいけば8列同時消しや12列同時消し判定となり高スコア獲得も狙えるので、スコアリングにも重要な要素です。
スキンは基本的には「Journey Mode」を進めると手に入りますが、中には隠しスキンもあってプレイヤーランクを50まで上げると手に入るものやタイトル画面でコナミコマンド+初代テトリスの発売日を入力すると解禁されるスキンもあるようです。
ただし、Switch版では後者の方法で手に入る隠しスキンはUSBキーボードが無いと解放できなさそうです。隠しコマンド自体は入れられるのですがその後の操作がどうにもできませんでした…。

テトリス1本のゲームとして見ても搭載されているモードが豊富。ひたすら色んなスキンで遊んでいく「Journey Mode」、色んなルールで遊べる「Effect Mode」、オンラインで他のプレイヤーと遊ぶ「Multiplayer」の大きく分けて3つのモードが搭載。
Journey Modeは色んなスキンを連続して遊ぶモード。4~6個のスキンが1つのグループになっていて、決まった列数を消すと場のブロックやスコアを引き継いだまま次のスキンに移動していきます。
グループ最後のスキンを遊び終えた時点のスコアでランク付けされるのですが、グループの途中でゲームオーバーになるとスコアがリセットされてしまう(コンティニュー自体は可能)ので高ランクを取るのは中々難しい。
難易度はBeginner・Normal・Expertから選べます。スキンの演出だけ見るシアターモードも搭載。
Effect Modeは15種類のルールを選んで遊べるモード。普通に遊ぶだけ・3分間にどれだけスコアを稼げるか挑戦したり・40ライン消すまでの時間を測ったりなどの王道なアタックルールから、ゲームオーバーがない「フリーマラソン」・Iテトリミノがランダムな位置に降ってくる「カウントダウン」・増え続けるダークブロックを消す「浄化」・プレイ中にハプニングが起こる「ミステリー」という変則ルールも。
こちらのモードでは好きなスキンを選んで遊ぶことができます。よく遊ぶのはひたすら遊べるフリーマラソンとデカいのが落ちてきたり上下反転したり何が起こるか分からないミステリー。
Multiplayerはローカル通信やオンライン通信で他プレイヤーと対戦したり協力して遊ぶモード。
対戦モードには「ZONEバトル」というお邪魔ブロックを送って攻撃するテトリス99などでもよく見られるルール・「スコアアタック」・クラシックルール(ハードドロップやTスピン無し)でスコアアタックする「クラシックスコアアタック」の3種類が搭載。
同時に戦える人数は1対1のみですが、ランダムマッチングはランクによる格付けシステムと連動しています。なので初心者が上級者にボコボコにされるということも少なめ。
協力モードである「コネクテッド」については後述で詳しく紹介します。こちらはコネクテッド版で追加された完全新規のルールです。
正直に言っても文句をつけにくい良作です。強いて難点を挙げるとすれば、ただテトリスを遊ぶだけのソフトとしては定価4500円と高額ゲーム機本体がネットに繋がっていないと遊ぶことができないという点ぐらい。
値段については演出でお釣りがくるレベルだとは思いますが、単にテトリスを遊びたいだけなら「テトリス99」などもっと安く遊べるソフトが結構な数あります。そういうこともあって演出に拘らない人には高く感じるかも。
ネット環境のない外では遊べないのは個人的にかなり痛い弱点です。パズルゲームは暇つぶしに遊ぶことが多いジャンルなので、家以外でも気が向いた時に遊ぶことができたらありがたかった。

協力してボスを倒す「コネクテッド」


「コネクテッド」モードは3人で協力してAIが操作する魔物(ボス)を倒すモードです。1人では遊べないマルチプレイヤー限定のモードですが楽しい。
最初は3人が別々にブロックを積み上げていく普通のテトリスなのですが、ZONEゲージが溜まると3人のフィールドがくっついて大きい1つのフィールドになります。
フィールドがくっついている間は1人1人が順番にテトリミノを落としていくので、順番を早く回すためにも早く動かさないといけません。
その代わり置きミスしてもリカバリーしやすい仕様で、時折紫色のマジックミノが落ちてくるのですがそれを落とした場所の直下に隙間がある場合は整地してくれます。
魔物の攻撃で妨害されることもありますが、1人やられてもしばらく経つと復帰できることもあって下手な人でも参加しやすい仕様になっているのもgood。わざと積み上げるような地雷プレイさえしなければ貢献できます。
逆に自分が魔物側になる「コネクテッドバトル」モードもありますが、個人的には普通のコネクテッドの方が好き。

総評:テトリス一本のゲームとしては最高傑作の出来

演出もさることながら、搭載されているモードやルールの豊富さも期待以上の良作でした。
しっかりテトリスを遊びたい人なら間違いなく買い。ルミネスやメテオスみたいな演出に拘わったパズルゲームが好きな人も買って損はないと思います。
地味ながらクラシックルールで対戦できる貴重な作品でもあるので、黎明期の硬派なテトリスが遊びたい人にもオススメ。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #Switchソフト #PS4ソフト #XboxOneソフト #XboxX|Sソフト #Steamゲーム #PCゲーム #パズル #レビュー

スポンサーリンク:

 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: