プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch】ARMS レビュー

 
「ARMS」を購入しました!!

Switchのゲームで初めて購入したゲームです(VOEZは一応スマホの調整版なので除外)。
購入動機はキャラのデザインが好きだからです。スプラもだけどトゥーンなデザインが好き。
キャラの腕が伸びるという聞くだけだと変な世界観ですが、公式ツイッターで語られる裏設定がなかなか面白いので気になった方はチェック。
各キャラクターにモチーフがあって設定もしっかりしているので、考察するだけでも面白い世界観です。
個人的にリボンガールが好みでよく使っていますが、どのキャラクターも秀逸なデザインだと思います。

・タイトル:ARMS
・発売元:任天堂
・開発元:任天堂
・対応ハード:Switch
・定価:6578円(税込)
・発売日:2017年6月16日
・ジャンル:格闘スポーツ
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1〜4人
・権利表記:©2017 Nintendo
・公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/aabqa/sp/index.html

どういう人にオススメ?
・オンラインで1対1の対戦格闘ゲームがやりたい人!
・みんなでワイワイ楽しめる格闘ゲームがやりたい人!

良かった点
・腕が伸ーびるファイターの設定と凝った世界観
・格闘ゲームとしては操作がシンプル
・色んな特徴を持ったキャラで色んなアーム(武器)を使える
・オンラインでは気楽に楽しめる「パーティモード」とレート戦の「ランクマッチ」が存在
・オフラインにはCPUと戦える「グランプリモード」が存在

賛否両論?点
・オフラインのグランプリモードがかなり高難易度
・ファイトマネーがしょっぱく中々アームを揃えられない
・キャラクター毎にアームを集める必要があり、最初に持っている物以外はランダムで入手するしかないので欲しいものがすぐに手に入るとは限らない
・設定が語られるのは主にTwitterでゲーム内ではあまり語られない

備考
・インターネット通信対応(要:SwitchOnline加入)
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

格闘ゲームとしてはシンプルな操作性

格ゲーというとコマンドが複雑なせいで技を出すこと自体が難しいというイメージがありますが、ARMSはこの手のゲームとしてはシンプルです。
操作はいいね持ちの時にはジョイコンを振ることで出せる殴る・投げ・ジャンプ・ダッシュ・ガードのみ。殴り・投げ・ガードが三竦みの関係になっているのも特徴的です。
いいね持ちは移動が難しくて慣れなかったため私は早々プロコンに変えましたが、人によってはいいね持ちの方が戦績が安定するらしいです
遠く離れていてもパンチが飛んでくるので間合いをとっても避けれない代わりに、撃ち落としたりガードしたりする読み合いもちゃんとあるので意外と王道に格ゲーしています。ガン逃げ戦法がしにくい仕様なのもあって格ゲーセンスが問われます。
ランクマッチ(スプラでいうガチマッチ)に参加するためにも必要な条件であるグランプリレベル4クリアがかな~り難しいので、しっかりコツを掴まないとレート戦に挑めないシビアな仕様も存在
グランプリの難易度はレベル1~7までありますが、正直4で既に相手の動きが洗練されています。しかも4以上になると最終ボスのマックスブラス戦後にヘッドロック戦も追加されていて苦戦必死。
一戦ごとにコンティニューできる仕様で助かりました。コンティニュー不可だったら多分クリアできてない…
エンディングとご褒美の1枚絵もレベル4以上をクリアしないと見られません。おかげで全キャラでレベル4をクリアするやる気は出ました。
この記事を書いた時点ではスプリングマン、リボンガール、ニンジャラまでクリアし、今はマスターマミーで頑張っています。

オンラインモードの方がルールが豊富

このゲームもスプラトゥーン同様にオンライン対戦がメインとなっています。
オンラインではパーティモードランクマッチがありますが、前述した通りランクマッチの参加条件はグランプリレベル4クリアが条件です。
グランプリレベル4クリアがキツいせいでランクマッチには既に強い人しかいない気がします。ランク表記が「プロペラ級」とか少し変わっていて面白いですが全部見れる気がしない…。
パーティモードは体拳会の様に1対1のタイマンや4人の乱闘、バレーやバスケといった変則的なルールもあり中々飽きないです。
パーティモードもランクマッチもある程度戦績が近い人とマッチするようになっているので、パーティモードだからといって自分以外が極端に強い人とか弱い人ばかりにはならないようです。

ファイターやアームは多数だがゲームバランスは良好

キャラクター毎に個性があり、スプリングマンは体力が減ってくると攻撃力が上がるリボンガールは2段ジャンプができるマスターマミーはガードで攻撃を受け流すと少しだけ回復する…など。
彼らのホームグラウンドとなるステージもあり、雰囲気もいいのですがそれぞれの強みを生かしやすいギミックになっている気がします。例を挙げると、リボンガールとリボンスタジアムなんかは床がせり上がってきて段差ができるので2段ジャンプが活かしやすいなど。
持っている初期アームも異なるのですが、単純に殴る系のアームやらビームを出すアームやら、跳ねるように飛んでいくアームやら動きから個性が強めなものまで多種多様。
ビーム系やファランクスなど少し特殊なアームは使いにくいとともに敵に回ると対処が難しいイメージがありますが、基本的には長所と短所がそれぞれあるイメージです。
ゲームバランスもある程度取れているので極端に強いキャラやアームというのはないと思います(強いていえば両手バーチカルのキッドコブラをよく見るぐらい)。
個人的に残念と思う点は、世界を冒険できるストーリーモードがなかったことと、ファイトマネーが全体的にしょっぱいので中々アームが集まらないことです。
ファイトマネーについてなんですが、グランプリを一回クリアしてやっと一番短いやつしかできないぐらいです。このアームもキャラごとに入手しないといけないのも厳しい。
キャラクターやアームなどはスプラ形式のアプデで少しずつ増えていくようですが、ファイトマネーはもう少し貰えるようにして欲しいかも。

このゲームもどちらかというとオンラインがメインのゲームですが、スイッチのオンラインは8月中に有料になるので、無料でオンに潜れるのは今のうちだけ。
オンが近いうちに有料になってしまうのが残念なところかも…。値段は年3000円ぐらいなので、できることなら月払いもできるようにして欲しい。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #ARMS #Switchソフト #格ゲー #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: