3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

【Switch】『猫シミュレーター』を遊んだ感想&レビュー【プレイ断念】

2024/01/29
ゲーム感想&レビュー 0
Switchソフト シミュレーション
『猫シミュレーター』を購入しました。

猫ゲーだからというのもありますが、一番の購入理由はセールで100円だったから。なお定価は2000円です。
2024年1月発売の新作なのに発売当日からいきなり95%offというぶっ壊れセールをやっている所からして地雷臭プンプンなのに加えて、セーブデータお預かり機能の欄に「セーブデータはありません」と書かれている時点で99%地雷だと察してはいました。でも猫だし…と思って1%の望みにかけて購入。
ある程度の覚悟はしてたはずなのに、残念ながら予想以上に微妙な作品で1時間も持たずにギブアップしてしまいました。e-shop内のランキング(2024年1月28日確認)で『マリオブラザーズ ワンダー』より上に来ている様子から相当数の被害者がいると想像できちゃうのもまた…。
e-shopの闇を体現したような作品ということで、この記事は注意喚起半分・お気持ち表明半分で書いています。辛口注意

任天堂の公式オンラインストア。「猫シミュレーター ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。
・タイトル:猫シミュレーター
・発売元:NERD GAMES
・開発元:NERD GAMES
・対応ハード:Switch
・定価:2000円(税込)
・発売日:2024年1月12日
・ジャンル:シミュレーション
・IARC:3+(3歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:NERD GAMES

どういう人にオススメ?
・猫ゲーをコレクションしている人…?

良かった点
・強いて言うなら操作キャラが猫

賛否両論?点
・単純にできることが少なく猫の動きもぎこちない
・猫らしい身体能力を活かした移動はできず操作性も悪い
・BGMが単調でずっと聞いているとおかしくなりそう
・セーブ機能が無いため記録もされない無意味なスコアと時間制限

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)



見た目が猫であること以外猫らしさはゼロ


猫の毛並み(全11色)を選んだらゲームスタート。AボタンではなくBボタンに決定が割り当てられていますが、これに関しては海外産のゲームだと稀によくある事なのでまあ…。
操作はLスティックで移動Rスティックでカメラ操作BでジャンプZLでダッシュインタラクト可能なオブジェクトの傍でYを押すと水を飲む等の特殊アクションができます。
しかしこの特殊アクションも種類が特段多いわけではなくて、水を飲む・ご飯を食べる・毛繕いする・欠伸して丸まって寝る・木で爪を研ぐ・地面に軽く穴を掘るのみ。更にはどのアクションも2〜5秒ほど動いたらスクッと待機ポーズに戻るし、水を飲む時に舌が水面に届いていないなど違和感バリバリな残念モーションです。
オマケに欠伸中や寝ている途中でLスティックを動かすとスイーって滑りながら移動できてしまうのにもビックリ。追い打ちでカメラを猫ちゃんに近づける手段がなく、遠くて見づらいので猫の動きを眺めるゲームとしても微妙です。
ゲームらしいルールは一応あって、画面左上に書かれている「タスク」をこなして制限時間内にできるだけ沢山のスコアを稼ぐ事が目的に定められています。タスクをクリアするとスコアが加算され、表示中のタスクを全てクリアすると制限時間追加+おかわりのタスクが5種類提示という流れの繰り返し。
タスクの内容は特定の場所でアクションしたり水に入るといったもので簡単な物ばかり。ただし目的のアクションをこなせる場所を探さないといけないのでマップ中を歩き回る事にはなります。
でも「トラクターに乗って」と書かれているのにトラクターの近くでYを押しても毛繕いするだけで乗らないまま完了になるし、「牛の上に登る」も近くに行くだけで完了だし、「屋根の上に登る」も家の玄関に触れるだけで終わるし、書いてある通りの事をしていないというかできません。初見プレイ時はえっ…これでクリアした扱いになるの…と思うこと必至。
猫だからといって高くジャンプできたり・木や屋根の上にヒョイと登ったり・狭い通路に潜り込めたり…などもせず、猫ならではの移動経路というのもありません。大きな隙間が空いている柵にすら潜り込めない所か何も無い道でつっかえたりととにかく操作感が悪いせいで走り回る気持ちよさというのも実の所無いです。
マップにはウシやニワトリといった他の動物もいますが、ニワトリは凶暴で猫を察知すると追いかけてきて攻撃を仕掛けてきます。つつかれると一撃アウトでスタート地点へ強制的に戻されてしまいます。
このニワトリの攻撃性が高くて逃げ回る羽目になるのも残念に感じてしまったポイント。こいつら背中にも目があるのか第六感を持っているのか知らないけど一定範囲内であれば草むらの中に埋もれていようが360°感知して追いかけて来るし、明らかに当たってない距離でつつかれても当たった判定にされるので軽い身のこなしで避けるとかもできないし、そもそもこちらは爪で引っ掻くこともできない腑抜け猫ちゃんなので見つからないように遠回りするか・見つかる前提で追いつかれないようなルートを考えておいて逃げるしかありません。
別にニワトリが弱い動物だとは思わない(普通にツメとかくちばしとか痛いし)けど、それに対して猫が貧弱すぎるのが解釈違いです。せめて逃げるにしても木とか屋根に登れたら…。
ダッシュ時のしなやかな走り方だけが唯一良かった点です。これで実際の身体能力も良ければとも思ってしまう所でもありますが。

フィールドも特に特筆する所はなく普通の農場です。もちろん建物はほぼハリボテで、スタート地点になるガレージ以外は中に入ったりもできません。
面白いロケーションと言えば適当に配置しているせいで地面から浮いている家があるぐらい。これはゲーム的な施工不良ですね…。

広さだけはそこそこありますが、特に面白みがないマップなのでタスクに必要なオブジェクトを見つけにくくしているだけという印象。そもそも猫になってまでなんで時間とやる事リストに縛られなきゃいけないの
タスクをやりまくってスコアを稼いだ所で記録されたりオンラインランキングがあったりもしないので、スコア表示もまた虚無度を増す要因と化してしまっています。そもそもセーブ機能自体存在しないし。
変な動きでもできたら別方向で面白くなっていたのにそういう要素も特になし。『Goat Simulator』や『DEEEER Simulator』みたいにおバカカオスな面白さもなく、だからといって『Stray』のように凝った世界観やリアルな猫の可愛さに拘った感じでもなくて、本作の強みというのが感じられる部分は正直言ってありません。
結論を言うと虚無ゲーです。ニワトリを避けつつタスクで指定された場所に行ってYボタンを押すだけのお使いゲーもどきというのが本作の概要になってしまいます。
グラフィックはローポリ風という逃げ方ができなくもないですが、明らかに設置ミスで浮いている家があったりとデザイン抜きで雑な所が多くて作りからして低品質です。でも見た目以上にBGMが単調なのが辛くて聞いていると精神的にやられそうになりました…。
しかも鳥の鳴き声なのか分かりませんが、場所によってはキィキィと小さい金属音のような音が聞こえるのも不愉快です。イヤホン非推奨。

Cat Jumperというオマケのミニゲームも大概


本編の虚無シミュレーターとは別に、「Cat Jumper」というオマケのミニゲームが収録されています。こちらを起動した途端にAボタンで決定に変わるのが不思議だし、操作割り当てぐらいゲーム内で統一すべきでは?と思う所。
こちらのグラフィックはドット絵で描かれていて、本編の雑ポリゴンと比べると雰囲気だけは悪くないです。空中に芝生が浮いている時点で変ではあるのですが。

勝手に走っていく猫ちゃんをBボタンでジャンプさせて穴に落ちないよう制御するシンプルなルールです。Bボタンを押す長さでジャンプの距離が変わります。
でもこちらも操作性が悪くて面白くはなく、1ステージ目すらクリアできずに断念しました。セーブデータが無い以上そもそも2ステージ以降が存在するのかもわかりませんが。
ジャンプするだけなのに操作性が悪いとはこれ如何にですが、狭い足場に右端ギリギリで着地してしまうとBを押しても次のジャンプが発動せず落ちるという仕様になっていてとにかくシビアなのです。少なくとも私には難しすぎて楽しめませんでした。

最後になりましたが、本作に定価2000円の価値はどう考えてもありません。本作のクオリティでその値段がまかり通るであれば、マリオワンダー等の神ゲーは1本100万円を超えてようやく妥当になるぐらいには過大な価格設定だとすら思います。
単に価値を見誤っているだけならまだマシだったのに、発売早々100円でセールしている事から向こうも2000円が妥当とは更々考えていなくて、最初からセール前提の値段設定にしているのだと私は推測しております。某赤鹿と同じやり方かと。
有利誤認まがいの価格設定についてはゲームとしての出来とは別部分での問題なので当ブログではゲーム本体の評価には考慮しない…と言いたい所ですが、本作はセール価格の100円でもキツいクオリティなのでもうこれ以上評価の下げようがないという意味で考慮が不必要な状態。某赤鹿のゲームは1作だけ遊んだことがあってそちらはセール中の価格でなら悪くないと思える作品で真っ当に売れば良いのに…という感想になりましたが、それと比べても本作は有料で売っていいレベルに到達できていない作品というのが加わっていてタチの悪さがレベチです。
本体の質の低さに売り方の悪どさも加わって、商品としていくらなんでもダメ過ぎて許せませんでした。猫という可愛い生き物で釣ろうとしている所も正直ズルい!
ストーリーモードが2月に追加されるとゲーム内で告知されていますが、現状のクオリティからして期待は全然していません。ここから超挽回して神ゲーになったら奇跡なのですが、まずはセーブ機能を追加する所から始めないとどうにもならなそうだし、アプデする情熱があるなら売る前にこのクオリティで発売していいのかと疑う情熱が欲しかったです。



総評:猫が可愛いのは事実、でも本作は絶対ナシ!

猫って可愛いですよね。現実でもゲームの中でも見かけるだけで癒されます。
でも本作は買うべきではないを超えて買ってはいけない作品だと断言します。例えセールで100円で売られていたとしてもです。
ましてや定価の2000円の価値はありません。本作に関しては低クオリティなだけでなく明らかセール前提の価格設定もやっていて売り方からしてNG。
本作の所や某赤鹿などモラルを欠いた売り方をするメーカー/パブリッシャーが複数出てきている以上、e-shopの元締である任天堂さんに対しても発売から日が浅いゲームは大幅な値引きはできないようにするなどの制限を設けて対策していただきたいと思ってしまいました。ゲームの多様性を重んじる事は良い事なのかもしれませんが、e-shopの現状は自由から行き過ぎて無秩序の領域に至ってますし、性善説に頼るのも限界が来ていると感じるような状況です。
ただ、私も興味本位で買ってしまった時点で売上に加担してしまっているようなもので、それがまず良くない事だと自覚もしているのですが買わないと遊べないし・遊ばないと感想は書けないし・文句も言いにくいというジレンマ。こういう時にSteamみたいに遊び始めて1~2時間経つ前なら返金可能という機能も欲しいと思ったりもします。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー