プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【マルチプラットフォーム】CrisTales レビュー

 
「CrisTales」を購入しました。

私が購入したのはSwitch版なのですが、スクリーンショットが取れない仕様なので代わりに公式の動画と公式サイトから引用した画像を載せておきます。
開発元はコロンビアのインディースタジオなのですが、今作の紹介に「A Love Letter to Classic JRPGs(古きJRPGへのラブレター)」(CrisTales公式サイト:Key Featuresより引用)と書かれており、日本で作られたRPGにインスパイアされて作られた作品との事。
ジャンルはもちろんRPGですが、過去・現在・未来の3つの時間軸をテーマにシステムが作られているのが本作の特徴。クリア時間は20時間程。
今ゲームは色んなプラットフォームで配信されており、PC版だけでもSteam・Stadia・EpicGamesStore・GOG.com、コンシューマ版はSwitch・PS4・PS5・XboxOne・XboxS|Xで遊べます。

・タイトル:CrisTales
・発売元:Modus Games
・開発元:Dreams Uncorporated/SYCK
・対応ハード:PC/Switch/PS4/PS5/XboxOne/XboxS|X
・定価:3980円(税込)
・発売日:2021年7月20日
・ジャンル:RPG
・CERO:B(12歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:
© 2021 Dreams Uncorpored LLC. Published by Modus Games™. Modus Games™ and the Modus™ logo are trademarks of Modus Games, LLC. All rights reserved.
・公式サイト:
https://modusgames.com/cris-tales/

どういう人にオススメ?
・JRPGが好きな人!
・アニメ調のグラフィックで遊びたい人!

良かった点
・グラフィックやキャラクターデザインはアニメ調で色鮮やか
・過去と現代と未来をテーマにしたシステム
・敵のステータスも時間軸それぞれに用意されている

賛否両論?点
・フィールド上で時間を移動できるのはカエルのマティアスだけ
・マティアスの移動速度が遅い上にクリスベルと離れている状態だと時間移動ができない
・ストーリーは進行が早すぎて世界観に没入しにくい

過去・現在・未来に区切られた色鮮やかな世界

主人公はクリスベルという名前の女の子。最初の街にある教会に足を踏み入れたことにより時の魔法が使えるようになり、時の女帝の野望を食い止めるために冒険することに。
本作の特徴はアニメ調のグラフィックと3つの時間軸を用いたシステム。レベルやターン制バトルなどRPGの基本要素もしっかり抑えていながら独自性のある内容になっています。
グラフィックはアニメ風味かつ繊細でキャラクターも可愛らしいデザイン。グラフィックに惹かれたなら買って損は無いソフト。
完全に2Dなのにキャラの動きも滑らかでムービーも高品質だしで、どこで切り取ってもちゃんと1枚の絵になるクオリティです。Switch版ではスクリーンショット不可なのが惜しい所。
色鮮やかなフィールドを走り回るだけでも楽しいゲームです。個人的に最初の街にある教会のステンドグラスが綺麗で好き。

街中では過去・現在・未来の3つの時間軸を1つの画面で見ることが可能。左が過去・真ん中が現在・右が未来です。
街の様子だけでなく住民の変化も見れます。単に若返ったり歳をとるだけでなく、薬屋の過去を見ると先代と思われる人物が店主をやっていたり、バイオリン弾きの青年が未来では盗賊になっていたり。
見るシステムがあるなら過去や現在で行動を起こすと未来が変わるシステムも存在。現在で少年の命を救うと未来で配管工になるおかげで街の水没を回避できたり、など行動によって未来が変わります。
クリスベル自身は時間移動できませんが、クリスベルに付いてくるカエルのマティアスは時間移動が可能で過去や未来からアイテムを持ってきたりもできます。マティアスの姿も過去ならオタマジャクシに、未来なら丸々とした老ガエルになるのも作り込みを感じるポイント。
難点はマティアスくんの移動速度がどの時間軸でも遅いこと。過去や未来に移動したマティアスは自分で操作しますが、サイズが小さいこともあって少し移動するだけでも結構な時間がかかります。
現在でもクリスベルとマティアスが独立して動くので、時間移動しようとするとマティアスが置いてきぼりになっていて「まずはクリスベルの所に行かなくては。」と言われてしまうのが煩わしいです。ロード画面のイラストみたいに帽子の上に乗っていて欲しかった…。
加えてマティアスは住民と会話ができないので、未来や過去での住民のセリフの違いを見ることはできません。未来や現在が変わっても見た目の違いを楽しめる程度に留まっているのがもったいないかも。
絵が綺麗なので見た目の変化を見るだけでも楽しいですが、できればクリスベルが直接過去や未来に赴いて会話したりアクションが起こせたらなーと思わなくもないです。

ストーリー・翻訳・サブクエストによるエンド分岐に難点多め

ストーリーについてはかなり駆け足。世界観を理解する暇もないレベルで新しい目的ができるので、サクサク進められる代わりに現在の目標を把握しにくい難点も。
序盤から既に駆け足ですが、中盤から終盤にかけては急展開と言えるレベルまで加速、終盤では物語の真相が怒涛の如く押し寄せてきます。
会話でも事前に説明されていない固有名詞がいきなり出てくることも多いので、セリフをしっかり読んでいるつもりなのに理解が追いつかない場面も多々ありました。
その他、セリフの整合性も不安定でパーティを離脱しているはずのキャラが会話に入ってくる場面があって「お前パーティにおらんやろ!」と思ったシーンもありました。
翻訳に関しても違和感がある部分が少なくなく、急にクリスベルの口調が変わったり、選択肢を復唱するせいでクリスベル側のセリフを店主が喋っているみたいになっている所があったり、改行場所が変だったり…etc。
日本語へのローカライズは大変かもしれませんが、RPGはストーリーも大事なジャンルなのでもう少し頑張って欲しかったです。

最序盤で「選択によって救えるものもあれば救えないものもある」みたいなセリフがありますが、本作にはベストと言える選択肢が用意されているので葛藤は発生しにくめ。
エンディングはバッドエンド・ノーマルエンド・グッドエンドの3種類。サブクエスト全クリア+特定の人物を生かしたままボスを倒すことがグッドエンド分岐への条件です。
サブクエストは文字通りのお使いなので面白いとは言えず、ストーリーが進むとクリア不可となるせいで最初からやり直さないとコンプリートできなくなってしまったこともあり、途中で面倒なのは受けるのをやめてしまいました。
サブクエストのコンプリートがグッドエンド条件、しかもRPGというジャンルなのにストーリーを進めるとサブクエストがクリア不可になってしまうのはやめて欲しかったです。クリア後の強くてニューゲームもないのでノーマルエンドで妥協することにしました。
各エリアのボスを倒すまでが期限扱いとなっていてボスに挑む前に警告文は出るのですが、実際にはそれよりも前のタイミングでクリア不可になるものもあります
私がクリア不可になったのはセント・クラリティの「修理の必要」と「目撃者」というサブクエストで、ボス戦直前になってからターゲットの人物に話しかけてもサブクエストが進行せずクリアできなくなってしまいました…。
警告文を無視した結果いいエンドが見れなくなったとかだとまだ自業自得と割り切れますが、警告文が出るにも関わらず実際にはそれよりも前のタイミングでクリアできなくなってしまったのにはモチベーションにダイレクトアタック…。

戦闘パートでも時間軸システムが生かされている

20210820182519088.jpg

街以外のフィールドでは画面が3分割されていませんが、戦闘中はCPを消費して敵を過去や未来に送り込めます。この力を使えるのはクリスベルのみ。
パーティの左にいる敵なら過去に、右にいる敵は未来にまとめて送り込めます。ボスクラスの敵の中には左右を移動するものも登場する他、後半になると仲間のスキルで任意に入れ替えられるようになります。
別の時間軸に送り込んだ敵は姿とステータスが変わるだけでなく、現在で毒を付与して未来に送ると大ダメージを与えられたり鉄製の盾を持つ敵を濡らした状態で未来に送ることで錆びさせて防御力を下げたりなど、特定の状態異常にかけてから時間軸を移動させることで相乗効果をもたらすことも。
送り込みはメリットだけでありません。敵の中には過去に送り込むことで全盛期の力を取り戻したり・未来に送ると老練したりで逆に強くなるものもいるので、相手やタイミングを考えて使わないとピンチになることも。
クリスベルは他にも味方の時間を加速させたり、敵や味方の状態を1ターン前に戻すことでパワーアップや状態異常をなかったことにできたり、覚えるスキルも時間関係か回復のみで主人公には珍しいサポート特化型になっています。
パーティメンバーは同時に3人まで戦闘に出ますが、控えを含めると最大6人まで増えます。ストーリー中で仲間に入るキャラが多い一方で、途中で一時離脱するキャラもいるのでレベル上げは均等にしておくのがオススメ。
クリスベルが回復・時間担当なら、クリストファーは魔法アタッカー、ウィルヘルムがサポート兼デバッファー、JKR-721が物理アタッカー、ザスがランダム効果のオールマイティ担当、カリ・フドーがモンスター使い、と言った感じ。
メインメンバーはJKR-721とザスでした。JKR-721はオーバーヒートの扱いが難しく気をつけないと自陣で大爆発してダメージを受けてしまいますが扱えるようになると強力なアタッカーになりますし、ザスはルーレットの結果で効果が変わるスキルだらけでランダム性が強いキャラですが可愛いし効果も強力で使っていて楽しいです。
パーティ離脱時点でつけていた装備も持っていかれてしまうのは勘弁して欲しかったかも。特にウィルヘルム(ネタバレ)は終盤で永久離脱するので注意。

その他のシステムは攻撃・スキル・アイテム・防御・逃げる・必殺技といったコマンドから選んで行動する、古き良きRPGらしいスタンダードなものになっていますが、攻撃する時と受ける時にタイミング良くボタンを押すことで2回攻撃できたり受けるダメージを減らして状態異常を防げたりする、ペーパーマリオシリーズのアクションコマンドみたいなシステムもあります。
個人的にペパマリが好きなこともあってこのシステムも好き。ボタンを押すタイミングこそわかりにくいですが、状態異常をボタン一つで防げるというのは対策しにくい序盤では大助かり。
戦闘のテンポは正直言ってあまりよくありません。別時間軸への送り込みもクリスベルの行動を1ターン消費しないといけないし、ザコ敵はレベルを上げてしまえばそのまま殴り勝てるようになるので、ボス戦以外はクリスベルも攻撃や回復に徹してました。
ボスクラスの相手もエンカウントした敵を片っ端から倒す程度にレベル上げをしていると殴り勝てることが少なくないですが、中盤でクリスベルが覚える味方を加速させるスキルを使えばさらに簡単に勝てるようになります。
特定のターンに送り込みを使わないと絶対に勝てないような難易度も嫌ですが、もう少し送り込みをするメリットが強い方が独自性が出たのかもと思うともったいない部分です。
個人的には戦闘中以上に移動の方が面倒に感じました。ランダムエンカウントに加え頻度も高く、毎回長めのロードが入るのがキツかったです。
エンカウント時は演出もなく唐突にロードが入って戦闘になるので最初は何事かと思いました。全体的にエフェクトが控えめな本作ですが、戦闘開始時の演出ぐらいは欲しかったです。
ボス戦後も自動で回復してくれるとか街に戻してくれるとかもなく、戻るまでがボス戦と言わんばかりに自力で戻らないといけないのが少しイジワルに感じました。満身創痍の状態でボスに勝っても後にエンカウントしたザコにやられて…というのが有り得るので、回復アイテムは多めに買っておくのがオススメ。
ドラクエのルーラとかキメラの翼みたいな街に戻るスキルかアイテム、ポケモンのむしよけスプレーみたいなエンカウントを抑えるアイテムがあればよかったかも。

難易度は序盤が一番難しいです。特に最初の街を追い出された直後は回復手段も限られているし、全回復にもテントというアイテムが必要なのに手に入らないしで大変でした。
ザコ敵もいきなり先制してきて結構痛いダメージを与えてくるのがいて、わずかしかないアイテムを使って回復しないといけなくなる場面もあって難易度がめちゃくちゃ高いんじゃないかと心配してました。
クリスベルがレベル5になり回復スキルを覚えるとかなり楽になり、セント・クラリティにさえたどり着けてしまえば宿屋で全回復できるようになるし道具屋で回復アイテムも買えるしでRPGの平均的な難易度に落ち着きました。テントは買えるようになった段階だと手が出しにくい値段(1万円)だったので、街に戻るのが面倒な時はクリスベルとウィルヘルムの回復スキルに頼る戦法をとっていました。
その後はレベル上げもしやすくなって、ザコ敵なら送り込みなどをしなくても殴り勝てるようにもなるし、ほとんどのボスもギミックがあるとはいえ無理して送り込みや加速減速しなくても勝てるぐらいに難易度が抑えられています。
他にしんどいのはシンダーの街を出てからクリスタリスの時の女帝戦まで街がないことぐらい。

総評:不満点も少なくないが、時間をテーマにしたシステムは面白い発想

ストーリーの展開の速さや説明の少なさ、それに対してテンポの悪さが目立つ戦闘や移動など不満点も結構ありますが、時間をテーマにしたシステムやグラフィックは素敵だと思いました。
良くも悪くもレトロなRPGらしい作品です。RPGが好きでグラフィックに惹かれたなら買って損は無いと思います。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #Switchソフト #PS4ソフト #PS5ソフト #XboxOneソフト #XboxS|Xソフト #Steamゲーム #PCゲーム #RPG #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: