3秒でげーむおーばー。

【Steam/Switch】GOODBYE WORLD レビュー

2022/11/17
レビュー 0
Steamゲーム PCゲーム Switchソフト アドベンチャー
「GOODBYE WORLD」を購入しました。

可愛いドット絵と凄く不穏なタイトルに気を引かれて購入しました。理想と現実の壁にぶち当たってしまった2人のゲームクリエイターの物語を描いたアドベンチャーゲームです。
読了までにかかった時間は1.5時間程度でとてもコンパクト。でも凄く濃い時間でした…。
ジャンル的にネタバレ厳禁な作品なので本記事でもネタバレは極力避けるようにしています。どうしても書きたかった所は黒塗りにしていますが、既に買うつもりの人はできるだけ事前情報を仕入れない方が楽しめると思うのでブラウザバック推奨。

・タイトル:GOODBYE WORLD
・発売元:Flyhigh Works / IndieArk
・開発元:YO FUJII
・対応ハード:PC(Steam)/Switch
・定価:1200円(税込)
・発売日:2022年11月17日
・ジャンル:ナラティブアドベンチャー
・IARC:7+(7歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:©ISOLATION STUDIO

どういう人にオススメ?
・ゲーム開発に携わりたいと思っている人!

良かった点
・あまりにも上手くいかない現実が辛すぎる
・ゲーム内ゲームは荒削りではあるがちゃんと面白さがある
・ゲームボーイカラーの仕様再現度が地味に高い

賛否両論?点
・なんでルート分岐がないんですか…?(泣)

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)




2人のゲームクリエイターの厳しい現実でプレイヤーも辛くなる


本作は蟹井熊手という名の2人のゲームクリエイターの物語。チームを組んでいて、蟹井がプログラマー・熊手がグラフィッカーです。
2人は元々同じ専門学校出身。卒業制作で組んだ相方の意見に納得がいかないご様子の蟹井を見て、熊手が自らドット絵を描くと提案した事がキッカケで知り合ったのが馴れ初めです。
メイン主人公は蟹井の方。この蟹井ちゃんが超がつくほどの職人気質でこだわりが強く頑固で、それが原因で色々な人との間に問題を起こしてしまいます。
彼女のレトロゲームに対する情熱と執着は凄く、卒業制作の時からドット絵に拘っていますし・未だにゲームボーイのソフトを遊んでいたりもします。ただ…彼女は興味が無い事柄や人物に対しては超がつくほどぶっきらぼうで言ってしまえば強度のコミュ障です。
そんな蟹井を支える熊手はほぼ正反対の性格で他の人を感動させることに喜びを感じるタイプ。その手段として絵を書いているとのことでこだわりはあんまりなさそう。
専門学校を卒業後は2人とも企業に就職せずインディーゲームクリエイターになりました。夢のある話ですが、残念ながらここからが地獄の入口。
ゲームを作るのはいいけれども売れ行きは良くなく生活も困窮し、蟹井は不満が募るだけでなく元から難儀だった性格がさらに気難しくなってしまい、身銭を稼ぐためのバイトも続かないという状況に陥ってしまいます。そんな様子を見てきた熊手も不満が溜まっていたみたいで、ある日ついに蟹井に対して厳しい言葉を浴びせかけてしまう事に…。

こんな感じでとにかく厳しい現実が四方八方から襲いかかってくるので読んでいるだけの立場であるプレイヤー側も凄く辛くなってきます…。1章辺りにかかる時間はわずか5分程度ですが、短い分圧縮された鬱が13話も用意されています。
傍から見ると蟹井ちゃんはかなりのワガママにも見えてしまうのですが、それが彼女の生まれ持った形質なのだと思います。彼女はASD傾向もADHD傾向もかなり強めで好きなことに対する集中力は凄いけどこだわりは曲げたくないし、興味のない事柄は勝手に頭から抜けていっちゃうし、他人の気持ちや暗黙の了解を感じ取るのが苦手なタイプのように見えました。
現代社会はそういうタイプの人に対して寛容とはいえないからこそ、長い間苦悩してきた結果「自分にはゲームを作る道しかない」と自ら追い込んでしまっている状態になっている感じがします。でも他の人がそんなことないよと言った所で長年蓄積された想いの方が大きすぎて変えるのは困難だったと思います。
それでも売れっ子クリエイターになれれば万々歳なのですが…現実には売ろうとして作っているつもりの作品が売れていなったりでゲームクリエイターとしての才能があるか自体を疑わせる場面が少なくないし、逆に自分が作りたい物を作ると強すぎる拘りのせいで物理的に遊ぶ側のことを全く考えてない作品を作っちゃうしで、「商品としてのゲーム」を作るのには向いていないように見えてしまいます。プログラマーとしての才能はあるのでしょうが…。
悪くいうとどこまでも自分本位かつ自己中心的な考え方の元でゲームを作っているので、同じような価値観を持つ人しか好まないニッチなゲームしか作れなかったのだと思います。それだと熊手のように琴線にぶっ刺さってくれる人がいても人数が少なすぎて売上としては上がってこないので、結果的には失敗だったという判断に至ってしまうのかな…と。
だからといってゲームクリエイター以外の道があったかというと、性格や傾向の面から考えるとどの道厳しそうです…。ここまで道が限られているとなると、働かずとも生活できる資産か強力なパトロンがいなかった時点で詰みが確定してしまっていた気がします。

また、本作では趣味や課題としてのゲーム制作と仕事としてのゲーム制作には大きな差がある所もしっかり表現されていて、ビジネスだと自分がやりたいことも需要がなければ後回しせざるを得ないし・自分が作りたい物ではなく売れる物を優先して作らないといけないという焦りもあるしで、「好きな物でも仕事にすると嫌いになる」という言葉の通りの事が描かれています。
インディーゲームに対する見方についても大きく変わり、私からするとインディー作品と言えば大企業産のゲームとは違ってクリエイターが作りたい物を形にしているというイメージが強かったのですが、本作を見る限りだとそれで成功しているパターンはひと握り所かなんなら生活のために作りたくないものを作って売れない事もかなり多そう…だと思いました。近年はクラウドファンディングで開発資金を集める方法を取っているディベロッパーもいますが、この方法も需要がある程度見込めないと人もお金も集まりませんし。
特にSteamなんかはライバルが多すぎて埋もれている作品が実際多いですし、私が遊んでいるほとんどのインディー作品はSwitchにも移植されている時点で選ばれし勝ち組なのかも…。
ただ、完全に鬱しかない作品という訳ではなくて最後の最後の2人のセリフに救われる人も少なくないと思います

ゲーム内ゲーム「BLOCKS」は荒削りなレトロゲームを再現


蟹井ちゃんがいつも遊んでいるゲームはプレイヤー側も遊ぶことができます。それが「BLOCKS」というパズルアクションゲーム
まさかまさかのゲームボーイのゲーム(作中の時間軸は2017~2021年)で紛うことなきレトロです。本体もボロボロでずっと遊んでいることが何となく伝わってきます。
このBLOCKSでは道中に設置されているブロックを破壊すると、そのブロックを自分の好きな場所に置けるようになるシステムが採用されています。Bジャンプでなく十字キー↑でのジャンプなど、今どきでは中々見ないキー配置になっているのもレトロゲームらしい所。
ただしかなり荒削りな作品です。2面から一気に難しくなるし・詰みがよく発生するし・詰みでリセットすると残機が減るし・キー配置も難儀だし…。
でも蟹井ちゃんもこのゲームの感想を聞かれた時に「微妙」と言っているので…。良い所も悪い所もひっくるめてレトロゲームらしさを再現した結果かと。
遊びにくくはされているとはいえゲーム内ゲームとしてはかなりしっかり作られていて、やりごたえのある難易度と壊したブロックを自分で使えるという独特なシステムのおかげで割と面白く感じます。真面目にやっても残機を3つ使い切るぐらいには難しいですが…。
ちなみに、ゲームオーバーになってもストーリーは進むし・結果でルート分岐するなどの仕様もないので、2Dアクションゲームが苦手な人も全然大丈夫。でもできれば真面目に遊んでおいた方がストーリー的にはいいかも?
なお、このゲームボーイカラー本体はカセット半差しで任天堂のロゴがバグったり・起動中に方向キー入力で画面の色合いを変えることができるといった、リアルのGBCの仕様を再現した小ネタが仕組まれています。色替えできるのに気づいた時はおお~と思ってしまいました。
この起動時にロゴがバグるやつ、現実のGBCならバグった表示が出ている時点でソフトが起動しないようになっているのですが、本作では普通にBLOCKSが起動します。このことからこのソフトが正式に販売されたものではない非公認ソフトなのでは…という伏線になっていたり?



総評:売れないゲームクリエイターの辛い現実をガッツリ味わえる良作アドベンチャー

2時間あれば読了できてしまう程に短い作品ですが、やたら高い解像度の現実描写でプレイヤーの心をグサグサ刺してくる鋭いナイフのような物語。辛かったけど良かった作品です。
ゲームを作ってみたいと思ったことはある身なので、作中で現実問題をバンバン提示されるだけでもしんどかったです…。これがインディーゲーム開発の現実だとしたら修羅の道すぎる…。
オマケにごく一部の有名インディーゲームの裏にはたくさんの屍が築かれてるんやな…とも想像してしまいました。ついでに一番の問題はやっぱりお金だとも。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

スポンサーリンク:

レビュー