3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

【マルチプラットフォーム】『Hamster on Rails』を遊んだ感想&レビュー【未クリア】

2023/12/12
ゲーム感想&レビュー 0
Steamゲーム PCゲーム Switchソフト PS4ソフト PS5ソフト XboxONEソフト XboxX|Sソフト パズル
『Hamster on Rails (ハムスター・オン・レールズ)』を購入しました。

ハムスター達の鉄道敷設パズルゲーム。パズルゲームという私が好きなジャンルだったというのもありますが、どう見てもハムタロサァンなハムスターがいた事の方が気になって…。
アイコンにハ〇太郎・ち〇まるちゃん・こ〇しくんにクリソツなハムスターが映っていてちょっと笑ってしまいました。でもパズルとしての難易度は結構ハードでビックリ。
ちょくちょく進めて4-11までクリアして31時間程遊びました。ここまで進めて未クリアなのは4-12が不具合でクリアできなかったが故で嫌になったからではないです。

任天堂の公式オンラインストア。「Hamster on Rails ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。
課題を解決し、ハムスターの村を助けるために鉄道を建設してください。
Build railways to solve challenges and help the Hamsters' village.
・タイトル:Hamster on Rails
・発売元:DX Gameworks
・開発元:Virtual Arts Studio
・対応ハード:
PC(Steam)/Switch/PS4/PS5/XboxOne ※海外ストアのみ/XboxX|S ※海外ストアのみ
・定価:
-Steam/Switch版:1700円(税込)
-PS4版:2310円(税込)
-PS5版:2200円(税込)
-Xbox版:14.99ドル
・発売日:2023年10月26日
・ジャンル:パズル
・IARC:3+(3歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:DX Gameworks ©

どういう人にオススメ?
・パズルゲームが好きな人!

良かった点
・使用可能なレールの数がギリギリでパズルとしてのやり応えは強め
・収集必須のアイテムや助けないといけないハムスターがいてルートに悩まされる
・主人公の見た目をカスタマイズできる

賛否両論?点
・正解かどうか試す度にトロッコが走る様子を見ないといけないのでスキップ機能が欲しかった
・トラップの部品が表示されていない等バグが多め
・4-12にレールを敷けないマスがあってクリアできない(Switch版)

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)




異世界で鉱石を集めたいハムスター達


主人公はハムタロサァン似のハムスターちょっとムカつく顔の王様ハムから鉱石を持ってくる業務を承りました。
エンジニアが開いたらしい扉の先に拡がっている16×4=64ステージの異世界にて鉱石を集めないといけません。訪れるのは砂漠アステカ中世の4ワールド。
主人公がトロッコに乗って移動するので、プレイヤーはトロッコが扉へ辿り着けるように線路を敷いてあげるのがお仕事。鉱石カギはルート上で必ず回収しないといけないのと、ステージによっては原住民ハムにアイテムを届けるミッションをこなす必要もあります。
使えるレールはスタンダードなストレートレールとカーブレールの他に、坂道レール・交差レール・分岐レールなどがステージを進める事で増えていきます。後は配置済みレールを回転させるためのレバーや扉やトラップを操作するボタンといったスイッチ類も登場。
操作は△/▽/◁/▷で配置するレールを選択Lスティックでレールを置くマスを選ぶAで配置/撤去Yで設置モードと撤去モードの切り替えLとRでレールの回転。レバーやボタンをオブジェクトに接続する際はレバー等にカーソルを合わせた状態でXを押した後に対応させたいオブジェクトをLスティックで選んでAボタンを押します
レバー等は使い切りではなく近くを通る度に毎回必ず操作するので、その事も考えながら配置していく必要も出てきます。例えば往路上にレバーを置いた場合は行きに1回/帰りに1回の合計2回動かします。
レールやスイッチの数は基本的にギリギリの個数しか用意されていないので、無駄のないルートを考える必要があって難易度はかなり硬派に仕上がっています。バーッと敷いたルートだとアイテムは拾えても扉まで辿り着けないな…という事がほとんどで、そこからレバーや分岐レールで工夫して少しでもレールの数を節約できるように構築し直す必要が出てくるのが難しいけれども考えがいがあります。
それに加えて、鉱石やカギといったアイテムの配置もまた悩ませてくる要因になっています。絶妙に取りに行きにくい場所に置かれているのもあってレールが足りなくなりそうになりがち。
また本作には高低差の概念があるので、段差を乗り越えられるように坂道レールと足場を配置してかないといけない場面も多々あってこれもまた難しいです。ステージによってはクネクネとしたスロープ状の坂道を作らないといけなかったりもします。
先へ進むと階層分けされているような構造も出てきてより一層複雑な配置になってきます。Rスティック押し込みで透視モードへ切り替えられる機能も出番多数。
レールを敷いた後はLスティック押し込みで使えるメニュー>再生ボタンを押すことでトロッコを走らせられます。早送りは最大2倍速まででスキップもできないので、長いルートだと試しに走らせてみようとする度に結構な時間眺めていないといけないのが難点かも。
トロッコを動かしてみて途中で進めなくなった時は主人公ハムがやり直すように促してきて調節し直し。再調節は何度でも可能なので試行錯誤を繰り返して、無事に扉まで辿り着けるルートを構築できたらクリアです。
基本的にアイテムは途中で回収しないといけないというルールがありますが、宝箱だけは例外で一度開けさえしてしまえばずっと空いた状態になるので先に回収する事でレールの数に余裕が出ます。なので宝箱があって原住民ハムのいないステージはちょっとだけ癒し。

パズルゲームとしては中々に楽しかった本作ですが難点も割と多め。いうのもとにかくバグや不具合が多くて不安定なのです。
1つ目はアステカ・中世ステージに出てくるトラップの炎や鉄格子がちゃんと表示されていなくて、今通れる状態なのかとあと何回ボタンを押せば通れるようになるのかが目視では分からなくなってしまっている事。あくまでも表示上のバグなのでボタンを押す回数さえ合わせたら通れはしますが、そのボタンを押す回数を調べるために試行回数が無駄に増えていたので厄介な不具合ではありました。
2つ目は時折Lスティック押し込みのメニューが操作不可になってしまう事。ルートがほとんど完成していたのに、メニューが機能しなくなったせいで泣く泣くソフトリセットからの一からの敷き直しというのが5回ほどあって勘弁してくれ~と思いました。
3つ目はマス目上にレールが置けなくなっている部分があるせいでクリア不可になっているステージがある事。それが4-12という終盤も終盤のステージ。

上の画像にてカーソルを置いているマスの左側のマスは選択すらできなくてレールも敷けなくなっています(Steam版やSwitch以外のコンソール版ではどうなのかは不明)。ここを通らないと原住民ハムの所まで行けないので実質的にクリア不可能になっちゃっています。
本作には特定のステージをスキップして先に進めるような救済処置も無いので、私はここで詰まってしまいました。もうちょっとで完全クリアっぽいのでここまで来て詰んでしまったのが残念でした。
この4-12には後2箇所ほど選択できないマス目があるのですが、ここ以前のステージにはそういったマスは一切なかったので少し不思議なバグです。アプデでここが治ったら再度挑戦し直したいとは思っています。
あと、本作をプレイしているとコントローラーが予兆もなく急に振動する事があって、その音がビックリ要素になっていたのでコレも直して欲しい所だったり。ソフト内の設定にはバイブレーションの項目が無いので、この振動を阻止するにも本体設定を弄るしかないのがちょっと面倒です。

主人公ハムのカスタマイズも可能


デフォルトではハムタロサァンな主人公ハム。実はそれ以外のハムちゃんずへのカスタマイズも可能だったりします。
新しいパーツは紫色の宝箱を開ける事で入手可能。タイショーくんとかのっぽくんとかトラハムくんとかこうしくんとかまいどくんとかかぶるくん、明らかにハムちゃんずのメンバーを意識した模様もいくつか用意されています(オリジナルの柄もあるけどね)。
模様以外に表情も変更可能です。模様と顔を組み合わせて自分だけのハムちゃんずを作って遊んでみるのも楽しいかもしれません。
ちなみに私はこんな顔にしてやっていました。デフォルトの顔を可愛くした感じでまあまあのお気に入り。




総評:異世界での鉱石集めは難しい!ハードコアなハムスターの鉄道パズル

ハムタロサァンな見た目でちょっと見くびっていたというのもありますが、中々に難しいパズルゲームで楽しめました。バグの多さは難点ですが…。
何よりもレールの個数制限が常にギリギリで難しいです。宝箱以外のアイテムは一度に全て回収しきらないといけないのも結構な悩み。
4-12の線路敷設不可バグが治って進められるようになったらまたプレイを再開する予定です。それまではアプデ待ち。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー