3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

【スマホアプリ/Switch】『HELLO KITTYとなかまたち ハピネスパレード』を遊んだ感想&レビュー

2023/11/27
ゲーム感想&レビュー 0
スマホアプリ Switchソフト 音楽ゲーム
『HELLO KITTYとなかまたち ハピネスパレード』を購入しました。

シンプルに可愛いな~と思って買いました。予定では今年4月に配信されるハズだったのに当日になって新作ソフト欄から消えていてなんで?と思っていたら、配信開始後即配信停止という中々に珍しい事が起こっていたそうで…。
なのでe-shopに記載されている発売日は2023年4月13日となっていますが、実質的な発売日は2023年11月上旬。無事に配信再開してからも前後にキティちゃんの過去動画焚書騒動などサンリオ社自体が炎上する事件があったりでタイミングに恵まれずちょっと不憫。
全ての曲とキャラクターを解禁するまで遊んでプレイ時間は5時間程。可愛いし曲もノリ系で中毒性があって良かったと思います。

任天堂の公式オンラインストア。「HELLO KITTYとなかまたち ハピネスパレード ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。

・タイトル:
HELLO KITTYとなかまたち ハピネスパレード
・発売元:Rogue Games
・開発元:Rogue Games
・対応ハード:スマホ(Android/iOS)/Switch
・定価:
-スマホ版:無料 ※Netflixメンバー限定
-Switch版:2646円(税込)
・発売日:
-スマホ版:2022年11月18日
-Switch版:2023年4月13日
・ジャンル:リズムゲーム
・IARC:3+(3歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:
© 2023 Rogue Games, Inc. All rights reserved.

どういう人にオススメ?
・サンリオキャラクターが好きな人!

良かった点
・曲はノレるものが多く日本語の歌詞が付いているのもある
・行進しながら障害物を避けるのが楽しい
・可愛いサンリオキャラクターが12人参加

賛否両論?点
・動くタイプの障害物が避けにくく当たった時のダメージも大きい
・撮影タイム中の判定がBGMより若干遅れているように感じる
・ステージクリア後のボーナスタイムは無くても良かったかも

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)



サンリオキャラクター達がパレードでおもてなし♪

内容を大まかに説明すると、リズムにノリながら障害物を避けたりアイテムを集めたりするゲームです。音ゲー×ランゲームという表現が近いかも。
収録曲は意外にも洋楽ポップスやディスコで流れていそうな物が多め。Rogue Gamesさんがカルフォルニアに拠点を置いている企業で本作も実質的には洋ゲーの括りに入る事を考慮するなら洋楽風味の曲が多めなのも当然だと思うのですが、サンリオキャラクターズのゲームという所で見ればスタイリッシュ系の曲が多めなのがちょっと意外でした。
ただし「Ufo Catcher」「Everyday Everynight」「Pop Beer Sausage」「Wind Riviera」「ZenZen」といった日本語で歌われている曲もいくつか存在しています。日本語の曲はキュートな曲調でサンリオらしさを強めに感じますし、それ以外もノッていて楽しい曲ばかりなので個人的には満足。

タイトル画面でプレイを選んだらまずは遊ぶゲームモードを選択します。ここで選べるのは基本ルールの「通常モード」ダンスを鑑賞したい人向けの「オートダンスモード」の2種類のモード。
オートダンスモードでは常時リズムを刻まずとも障害物を避けるだけでOKになる代わりに得られるハピネス(スコア)の量が少なくなるので、ゲームとして楽しみたいのであれば通常モードをオススメします。ちなみにプレイの途中であってもポーズ中にモード切り替えが可能です。
ゲームモードの次はパレードに参加するメンバーを選抜します。パレードの人数は最初は3人だけですが、ユーザーランクが上がることで4人5人と増えていきます。
メンバーを決定したらようやくゲームスタート。ワールドの左端から1ステージずつ右に進んでいき、右端のステージをクリアする事ができればエンディングを見られます。

次に進む際には隣接している2ステージから選んで進めるので、まだ解禁できていない曲やキャラクターがいるステージに向かって移動していくのがベスト。難易度は右に進むほど&上側にあるステージほど高くなります。
途中で受けたダメージは次のステージへと引き継がれていくため、回復アビリティ持ちをメンバーに入れない場合は一気に体力管理がシビアになります。アビリティ以外で回復できる方法はコース上に気まぐれに出てくるハートを取るのみでその出現数も少なく、途中でやられたメンバーに至っては復活させる手段がありません。
全員のHPが0になってしまうとゲームオーバー、進行状況がリセットされて再度最初からのスタートとなります。操作に慣れていない上にメンバーも3人しか入れられない最初のうちは最終ステージに辿り付くだけでも結構難しかったです。
ちなみに最終ステージ以外は挑戦前に◁を押す事で曲を変更できます。選ばれる曲は毎回ランダムですが、何回でも変更できるので好きな曲が出るまで厳選するのも可。

ステージを選ぶとパレードの始まり始まり。曲のビートに合わせてボタンを押しながらゴールゲートを目指します。

道端にはたくさんのファンが待機中。人間に対してキャラクター達がかなりのビッグサイズなのは着ぐるみだからかも?
ファンの期待に答えるべくノリノリで行進するとハピネスが増えます。何かしらのボタンを押す事でビートを刻んだ事になりますが、▽/Bで真っ直ぐ行進・◁/Yで左側に移動・▷/Aで右側に移動Lでキャラクターの入れ替えRで先頭キャラのアビリティ使用とボタン毎にキャラの行動が割り当てられてもいます。
1ビート毎にパーフェクト+パーフェクトグッドリズムミスの4段階で判定されて、グッド以上を連続して出すことで獲得ハピネスに倍率がかかっていく形式。道中に落ちている紙吹雪の袋を取ると一定時間の間ハピネス倍率がさらに上がるので、たくさんのハピネスを集めるにはリズムミスは極力起こさない&袋を取り逃さない事が重要です。
パレードのルート上には柵などの障害物が配置されてもいるので、ぶつからないよう左右移動で避ける必要もあります。クロミが送り込んでいるらしいミニオンというお邪魔キャラがインクをぶちまけたり穴を掘ってきたりといった妨害を挟んでくるのにも注意。
障害物に当たってしまうと先頭のキャラクターがダメージを受けてしまう上にコンボも途切れてしまいます。HPの量にはキャラ差があって、例えばポムポムプリンはタフでマイメロディはナイーブ。
常にビートを刻んでおかないといけない上で移動ルートやアビリティを使うタイミングも考えないといけないのが忙しくも楽しいです。移動が1ビートにつき1回しかできない仕様上慣れていない内は固定された障害物を避けるだけでも難しく感じてしまいますが、慣れてきてスイスイと動けるようになると楽しいし気持ちいいです。
同じ曲と同じステージでもアイテムや障害物の配置はプレイする度に変わって毎回アドリブを求められるというのも個人的には良き。逆に言うなら完璧にプレイしても獲得できるハピネスがランダムに上下してしまうという事でもありますし、ステージの難しさも運次第で多少変わってきてしまうという事でもあるので、ハピネスにはあまり拘らずに遊ぶのがオススメです。
ただ一部の障害物がキツくて、出たり引っ込んだりする柵と振り子の如く左右に動くピコピコハンマーは避けにくい割に当たった時のダメージが大きく見た目からは想像できないほどの凶悪兵器だったりします。ピコピコハンマーに至ってはマイメロなどHPが少ないキャラだと万全の状態から一撃死する程にエグい威力なので…もう少し手心が欲しかったとは思いました。
障害物の方もリズムに合わせて動く仕様のためハイテンポな曲だと暴走レベルで動き回って避けようにも避けられないので、当たった時のダメージのエグさを考えるとここを通れば避けれるよマーカーが表示されるぐらいで良かったんじゃないかとも思います。最終ステージなんかは連続ピコハン地帯が出てきたりする事も稀によくあって、ここまでノーダメだったとしても運が悪い(?)とゲームオーバーが見えてきます。
ピコハン対策は無敵アビリティを持つポムポムプリンをメンバーに入れておいてヤバいと思ったらスキルでゴリ押す、それが不可能なら心眼で安全地帯を見抜いて気合いで避けるか当たらないように祈るぐらいしかないです。私は未だに安定して回避できないのでポムポムプリン様様から抜け出せず…。
また、ルートの途中にはキャラクターのファンが大量に集まっているエリアもあって、ここで指定されているキャラクターを先頭にすると撮影タイムに移行します。上手くいけば1ノーツ辺り250ハピネスも貰えちゃう絶好のチャンスタイム。

撮影タイム中に使うのはLもしくはRのみ。輪っかの中央にマーカーが来たタイミングで指定のボタンを押すだけですが、パーフェクトを狙うとBGMからワンテンポ遅れたタイミングで押さないといけないのが少し気になったポイント。
撮影タイムから行進に戻る際のカウントダウン中もちゃんとビートを刻んでいないとミス扱いになってしまうのには注意。戻りそうと思った時点でビート刻みを再開しておけば切り替え時にコンボを切られてしまうのを防げます。

ゴールまでたどり着いた後は獲得ハピネスに応じた時間だけボーナスタイムに入ります。この間はAボタンをひたすら連打する事でボーナスハピネスを貰えます。

このボーナスタイムについては正直な所無くても良かったかなという感想。MAX12秒を必死に連打してもボーナスハピネスの量は200に届かないし、ただ連打するだけなので指も辛いし…。
でも踊るサンリオキャラクターが可愛いので、その様子を見れるという意味のボーナスタイムと考えたらアリのアリ。先頭以外のメンバーも後ろで行進していてぐうかわ。
エンディングまで辿り着く途中でゲームオーバーになると、その回の獲得ハピネスがユーザーランクに加算されます。エンディングは計5種類ありますがどれもシュール気味。

12人のキャラクターがパレードに参加♪


パレードに参加できるサンリオキャラクターは12名。最初はハローキティ・マイメロディ・ポムポムプリンしかいませんが、ワールドの各地にいるキャラクター達を集めていく事でメンバーに入れられる子が増えていきます。
ワールドにいるキャラクターはステージを1回クリアするだけでは仲間になってくれず、最低でも2~3回は通わないといけないので全員解禁にはそれなりに時間がかかります。しかも該当ステージ内での獲得ハピネスが一定量を超えないと解禁進行度が増えない仕様なので、慣れていないうちはノルマの達成もちょっと大変かも。

各キャラクターは異なるアビリティを所持しています。アビリティ一覧は↓。
・ハローキティ
お邪魔キャラと友達になるオーラを一定時間発生させる。友達になったお邪魔キャラはゴールまで一定時間経過ごとにハピネスを生成し続ける。

・マイメロディ
コインを回復ハートに変えるチョウチョを召喚する。

・ポムポムプリン
一定時間無敵になる。無敵中に障害物にぶつかると破壊できてハピネスが貰える。

・バッドばつ丸
前にいる箱状の障害物をギフトボックスに変換する。ギフトボックスからは紙吹雪の袋などが出てくる。

・クロミ
近くにあるコインを倍増させる。

・ポチャッコ
一時的に近くのアイテムを引き寄せて回収してくれる。

・けろけろけろっぴ
前にある障害物を破壊するブーメランを投げる。障害物を破壊するとハピネスが貰える。

・チョコキャット
前にいるお邪魔キャラを麻痺させる。麻痺させた相手は蹴飛ばす事ができて、麻痺らせた時と蹴飛ばした時にハピネスが貰える。

・タキシードサム
一定時間の間先頭にしたキャラのアビリティクールタイムを短くする。

・ララ
近くにある紙吹雪の袋を3個に増やす。

・キキ
近くにあるカードを増やす。

・シナモロール
一定時間の間先頭にしたキャラのHPをジワジワと回復する。
最近よく見るようになったハンギョドンを除けばメジャーなキャラは大体揃っています。でもチョコキャットだけは本作で初めて知った子でした。
アビリティが意外と強力なのがキティちゃん。説明文には「ミニオンを友だちにする」としか書かれていませんが、実際に使ってみるとお邪魔キャラを排除した上でハピネス貯金箱化できるという強力なアビリティで、さすがサンリオの顔担当だと思いました。
後は紙吹雪の袋を増やすララ、回復効果持ちのマイメロディやシナモン、無敵になるポムポムプリンのアビリティが強力です。タキシードサムもアビリティのクールタイム短縮ができるので便利かも。
アビリティはコース内にて集められるコインとキャラカードを素材に強化できます。強化には結構な量のコインがかかりますが、効果時間の延長やクールタイムが短縮されるのでよく使う子は優先して強化しておくのがオススメ。
それ以外に各キャラクターに着せ替え用の服や帽子が用意されているので可愛く着飾ってもあげられます。帽子等は1つ辺り100コインで解禁可。



総評:サンリオキャラクター達がパレードするリズムゲーム♪可愛いけど意外と歯ごたえアリ

キティちゃんやマイメロディなどサンリオキャラクターがパレードで街を練り歩きます。同じ曲でもアイテムや障害物の配置が毎回変わるのでアクションゲーム的な感覚が強め。
こう見えて色々忙しい上に障害物も中々に凶悪で体力管理の面は結構シビア。キャラクター達が持つアビリティも個性的で歯ごたえがあるゲームに仕上がっています。
収録曲に関しては洋楽パリピな曲が多め。でもサンリオらしいと思える曲もちゃんと入っているので概ね満足です。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー