プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【スマホアプリ】ヒプノシスマイク AlternativeRapBattle レビュー

 
「ヒプノシスマイク AlternativeRapBattle」を遊んだ感想です。
20210320210318e0a.png
結論から言いますと、音ゲーとしては微妙ですがヒプマイというコンテンツを知れたのは良かったという感想。
ヒプマイを知らない方は知るキッカケに、既にファンの方は遊んで損は無いと思います。ただ純粋に面白い音ゲーを探しているならオススメしづらいです。
↓ダウンロードは↓から


ヒプノシスマイクとは?

このゲームはキングレコードが出している音楽プロジェクト「ヒプノシスマイク DivisionRapBattle」が原作です。
ヒプマイの世界観を簡単に説明すると、「ヒプノシスマイクという声を通じて相手に精神的ダメージを与えるマイクを用いて地区代表がラップバトルでディスり合う」というものです。
ヒプマイ世界ではヒプノシスマイク以外の武器が禁止されている+男性の地位が低めなのもありラップバトルに参加するのは男性のみ。メインキャラクターも全員男性です。
地区(ディビジョン)ごとに3人ずつキャラクターがおり、現在は6ディビジョン・18人が登場済。
何が魅力的かと言うと、ビジュアルや豪華声優が参戦というのもありますが1人ごとにキャラソンが複数存在しておりジャンルもそれぞれ違うキャラ背景もマルチメディアで掘り下げられているという点。
CDにはドラマトラックがついており各ディビジョンを舞台にしたお話、漫画では各キャラクターの過去の話、アニメのRhymeAnimaでは1回目のディビジョンラップバトル終了後までの話が展開されています。
キャラクター同士がディスり合ったり女尊男卑の世界観など好みが別れそうな設定も多いですが、曲はいいものが多いのでぜひ聞いてみて欲しいです。
ちなみに私はナゴヤディビジョンことBadAssTemple推し。ゆるゆる動く十四くんを見たかったのですがアニメでは未登場なので2期を待ってます…。
ここまでヒプマイ全体の語りです。ここからスマホ版ヒプマイことヒプマイARBの紹介と感想です。

基本的なシステムとガチャの紹介

ゲームシステムはバンドリに近いスマホ音ゲーにありがちなシステム。競合相手が多いジャンルなので、キャラや音楽に魅力を感じなければ別のゲームを当たった方がいいと思います…
曲とキャラクターは本当にいいのでせめてPVだけでも見て欲しいです。

ナゴヤとオオサカの6人はこのPVには出ていませんが、他の12人はPV中に登場します。

まずはメインメニューとガチャの紹介から。
20210320184340722.png
右下の大きい「KILLER SCRATCH」がプレイ楽曲選択画面に行けるボタンです。
その左にある「RHYME STRIKE」はミニゲーム、「Gコレクト」がガチャ、「ショップ」「ストーリー」「ミッション」がその名の通り、「マイメン」が編成画面への移動です。
ちなみに右上のガチャ石所持数の下にある⟲マークからメインメニューに表示するキャラを変更できます。声付きでセリフがある他、キャラソン(offvocal版)が流れるオマケ付き。
ガチャでの最高レア(SSR)の出現率は3%。高くもなく低くもなくと言った感じですが150回同じガチャを引くとピックアップ対象から好きなのを選んで貰えるのは良心的。ただし5凸まであるので最大強化はキツめ。
イベントでも限定SSRが手に入りますがそちらはイベントをちゃんとこなしていれば1枚目は手に入れやすいので入手難易度低め。
カードごとに属性(ハートダイヤクラブスペード)とオートスキル・リーダースキルがあり、特にリーダースキルは強力ですが特定のキャラのみ対象など編成を縛るものも多いので手札を揃える必要があります。
属性は素材・楽曲の属性とカードの属性が一致した時に多く経験値が貰えるというもの。今のところ属性指定のスキルはないので、ほぼ経験値と進化素材の違いしか無い状態です。
スコアを伸ばしたいならカード本体のレベル上げとリーダースキルレベル、オートスキルレベルを上げる必要もあり、育成要素はかなりエグめ。

音ゲー部分の紹介

音ゲー部分ことキラースクラッチの紹介。主人公は見習いDJとの事。DJというとD4DJというゲームもありますが操作は別物。

他のスマホ音ゲー同様に画面をタップするタイプ。フィールドが弧を描いているのはレコードをイメージしたもの?
ノーツの種類は4種類。赤いノーツはタイミングに合わせてタップするだけ黄色ノーツは長押し青いノーツはスライド緑ノーツは長押ししながらスライド。緑ノーツはスライドした方向に譜面がズレるので高難易度でしか出ない分対処が難しいです。
難易度は簡単な順にEASY・NORMAL・HARD・EXPARTの4種類。他のスマホ音ゲーと比べると譜面の難易度は低め。
オートプレイ機能はオートカセットというアイテムが必要。イベントの時は基本的に対象楽曲をひたすら周回することになりますが、オートカセットでのプレイもカウントされるので周回は比較的楽。
スタミナを消費しなくても楽曲のプレイはできますが、プレイ報酬の経験値やイベントアイテムは手に入らなくなるので注意。また、消費するスタミナ量をゲーム開始前に設定でき消費量が多いほど報酬も増える仕様です。
イベントごとに限定ストーリーがあるのでそれを見るのも楽しみになっています。大体1ヶ月に2回程度イベントが開催されます。

このゲームのいい所・悪い所

このゲームのいい所はヒプマイキャラの書き下ろしカードがイベントや月毎に登場する点、シナリオは面白いものが多い点、ヒプマイ関連の楽曲で音ゲーができる点
新カードの登場頻度はひと月大体9~12枚ほど。月初めの3枚+イベント1回につき3枚×2で6枚+誕生日キャラ0~3枚という内訳。
さらに1枚につき進化前と進化後の絵があるので、枚数でいえば20枚ぐらい新規絵を見ることができます。ガチャで引けるかはまた別の話ですが…。
アプリ内で読めるシナリオも個人的にはかなり面白いと思います。特にイベントシナリオははっちゃけたものも多く、ヒプアニのノリが好きなら刺さると思います。
ヒプマイの楽曲で音ゲーができるのはこのアプリが唯一なのでここも評価点になると思います。

残念な点は育成難易度の高さ、1枚絵しかないキャラクターグラフィック、曲の追加スピードが遅い、キラースクラッチ周回しかやることが無い点。
育成難易度はかなり高く、特に進化とリーダースキルの強化が鬼門。
進化素材は手に入りにくいのにキャラクターごとに異なる素材が必要な上に量も多く、スキルレベル上げには凸か貴重なアイテム「スキルスター」が必要。
メインで使用するデッキのカードを全部進化させるのもかなり大変です。進化すると絵が変わるのでどんどん進化させたいところですが、スコアのためならカードは絞って育成した方がいいです
キャラクターは1枚絵のみのグラフィックしかなく、ストーリーもフルボイスではありません。キャラクターの3Dモデルやアニメーションがないのは2020年リリースのゲームとしては残念。
演出はキャラクター以外の部分も控えめで、キラースクラッチ中の演出がしょぼくタイミングとノーツに合わせた行動をするだけでコンボを繋げてもミスしても音楽には影響が出るわけでもなく作業感が強いのもマイナス。DJ感は圧倒的にD4DJの方が上です。
音ゲーとして最も大きな問題点は曲の追加頻度がかなり遅いこと。既にCD発売済の楽曲でも半年以上たっても未だ未収録な上、3パートに分けて収録されるので1曲通しての実装は平気で3ヶ月ぐらいかかります。アプリ版の新規曲も2個ぐらいしかないので新曲には期待できない感じ。
やることもキラースクラッチ周回のみしかなく、キャラクターとの交流や拠点の強化と言った要素もないです。ライムストライクというモードもありますがオマケのミニゲームという感じでやってもやらなくてもいいです。

総評:単に音ゲーとして見た場合は難点多め

スマホの音ゲーはバンドリやプロセカを始め多数出ておりレッドオーシャンと化しているので、ゲーム性の独自性・面白さかコンテンツそのものの強さが無いと生き残るのは難しそうです。ヒプマイARBは後者で生き残っている感じ。
スマホ音ゲーとしてはもう少し頑張って欲しい出来という感想ですが、曲はほんと一級品なんですよね。
ヒプマイ原作の設定はどちらかと言うとターン制コマンドRPGとかに向いている設定だと思います。キャラクター設定のスキルの部分とかまさにそれですし、ぜひコンシューマーでCRPGを出して欲しいです。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #ヒプマイ #スマホゲーム # #音ゲー #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: