プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Steam/Switch/PS4】Just Shapes & Beats レビュー

 
今回は「Just Shapes & Beats(ジャストシェイプスアンドビーツ)」のレビューです。
20210824204423c4e.jpg
遊んだのはSwitch版でダウンロード版限定販売。ジャンルは公式によるとアクションとなっていますが、実際には弾幕シューティング+音ゲーと言った感じの内容。
BGMに合わせて弾が飛んでくるシューティングゲームはありそうでなかったジャンル。演出も中々派手でBGMと弾幕合わせて1つの曲になっています。
STGが好きな方にも、ノーツが流れてくるだけの普通の音ゲーに飽きた方にもオススメできるゲーム。ストーリーモードもあります。

・タイトル:Just Shapes & Beats
・発売元:Berzerk Studio
・開発元:Berzerk Studio
・対応ハード:PC(Steam)/Switch/PS4
・定価:Steam版/Switch版:2050円(税込)、PS4版:2090円(税込)
・発売日:2018年5月31日
・ジャンル:アクション
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1~4人
・権利表記:
© 2021 Berzerk Studio. All rights reserved.
・公式サイト:
http://www.justshapesandbeats.com/

どういう人にオススメ?
・弾幕シューティングが好きな人!
・チップチューンやEDM系の音楽が好きな人!

良かった点
・BGMに合わせて弾が飛んでくる弾幕シューティングという独自のジャンル
・黒の背景とビビッドピンクの弾幕がエレクトロなBGMとマッチ
・ストーリーモードには体力が増えるカジュアルモードも搭載

賛否両論?点
・画面が激しく明滅するシーンだけでなく細かく揺れるシーンも少なくない
・ストーリーモードで苦手な曲があってもスキップできない

備考
・(Switch版のみ)amiibo対応
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

音楽に合わせて弾幕が飛んでくる

2021082420442057f.jpg
操作はアナログスティックで移動・Bでダッシュで非常にシンプル。できることは曲が終わるまでひたすらショッキングピンク色の弾を避け続けるだけ。
自機は360°動かせるので、PC版で遊ぶ際もできればアナログスティックがあるコントローラーを使って遊んだ方が楽しいと思います。
弾や光線はBGMに合わせて飛んできますが、事前に予測線が出るので避けやすめ。一部の攻撃は突然飛んでくる物もありますが、体力制かつリトライもしやすいのでストレスにはなりにくいです。
派手な弾幕を無敵時間があるダッシュを活用してくぐり抜けていく感じ。曲のテーマに合わせた弾幕が用意されているので一曲一曲が別のステージという扱いとなっています。
4回ダメージを受けるとアウトですが、1プレイにつき最大3回まで復活可能・ほとんどの曲は途中に2~3個ほどのチェックポイントがあって、やられた場合は直近のチェックポイントからやり直しできます。他の弾幕シューティングと比べると難易度は優しめ?
一方で、ストーリーにおけるボス戦用の曲はチェックポイントがないので難易度高め。パターンは曲で決まっているので覚えてしまうのがクリアのコツ。
注意点は画面全体が激しく点滅するシーンや画面全体が揺れる演出が多いこと。チカチカや画面揺れで気分が悪くなる人には勧めにくい演出が多数出てきます。
ソフト起動時にも光過敏症についての注意書きが出てきますし「光過敏性対応モード」という明滅を減らすオプションもありますが、画面揺れの方はこちらで設定できないので酔いやすい人には遊びにくいまま。

収録曲数は54曲でジャンルはEDMチップチューンがほとんど。ストーリーモードを進めるとプレイリストで遊べる曲が解禁されていく他、実績クリアでも順次解禁されていきます。
全体的にノリ系の曲が多いのでテンション高めでプレイできますし、1ステージが2~3分ほどで遊べる手軽さもあり、一度始めると中々やめられない中毒性があります。
難易度はチャレンジモード(3曲を連続でプレイするモード)ではノーマルハードコアの2種類、プレイリスト(自由に遊べるモード)ではイージーノーマルハードコアの3種類から選べるのでSTGが苦手な人から得意な人まで幅広く遊べる設計になっています。
ちなみに複数人プレイは協力がメインとなっており、やられた人に生きている人が触れることによって復活できるシステムもあるので上手な人が苦手な人をアシストしながら遊ぶこともできます。
自機の形は正方形・三角形・五角形・丸の4種類が用意されていますが、性能差はないのでお好みで選んでOK。

ストーリーモードのキャラクターが可愛い

20210824204422c55.jpg
本作にはストーリーモードもあります。クリアまでにかかる時間は2~3時間程度と短め。
文章による説明は全くと言っていいほどなくキャラクターデザインも簡素ですが、可愛らしいアニメーションで語られるストーリーは絵本みたいで素敵。
力を秘めているらしい大きな△をボスから取り返すのが主な目的。主人公は音ゲーパートと同じく■。
道中で主人公を助けてくれるキャラクターもいるのですが、みんなデザインは記号的ながら動きが可愛い。その中でも■を抱きしめているシーンが可愛い。
ストーリー進行時の演出も凝っており、特にラスボス戦中の演出はアツいものとなっています。単純なデザインだからといって侮るなかれ。
課題曲をクリアするとギミックが動き出して先に進めるようになる仕様ですが、苦手な曲があってもスキップすることができないので頑張ってクリアしないと進めません。
その代わり、ストーリーモード限定でカジュアルモードという体力が2倍になる救済処置があるので、弾を避けるのが苦手な人でもカジュアルモードにしてから被弾覚悟で挑めば詰むということはあんまりないと思います。
ストーリーモードの途中では弾幕パートとは別にアクションパートが挟まることもありますが、それでやられてもほぼノータイムで復活できるのでこちらもノーストレス。

総評:弾幕STG&音楽ゲームという新しいジャンルは一見の価値アリ

弾幕シューティング要素が強めですが、タイミング良く避けるという意味ではちゃんと音ゲーとも言えるゲームです。
Switch版は体験版も出ているので、まずはそちらを遊んでみることをオススメします。
私自身あんまり弾幕STGはやらないのですが、このゲームは音楽だけでなく記号的なデザインのキャラや演出も相まって好きです。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #Steamゲーム #PCゲーム #Switchソフト #PS4ソフト #音ゲー #STG #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: