プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch/PS4】キングダムハーツメロディオブメモリー レビュー

 
「キングダムハーツ メロディオブメモリー」を購入しました!
202103282330376f8.jpg
キングダムハーツシリーズ初の音楽ゲームかつSwitchソフト。PS4版もあります。略称はMoM。
今までの作品で使用されたBGMや曲で音ゲーができると同時にストーリーを発売順に追うことができます。

・タイトル:キングダムハーツ メロディオブメモリー
・発売元:スクウェア・エニックス
・開発元:スクウェア・エニックス
・対応ハード:Switch
・定価:7480円(税込)
・発売日:2020年11月11日
・ジャンル:リズムアクションゲーム
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1〜2人
・権利表記:
© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
・公式サイト:
https://www.jp.square-enix.com/kingdom/kh_mom/

どういう人にオススメ?
・キングダムハーツシリーズのBGMで音ゲーをやりたい人!

良かった点
・曲数は140曲以上とコンシューマー音ゲーの中でも多め
・カイリの語りで今までのストーリーを振り返ることができる
・音ゲーに珍しくオンライン対戦要素がある

賛否両論?点
・音ゲーに合わない曲が多すぎる
・ディズニーの曲よりもKHオリジナルの曲が多く、ディズニー好きにはあまりオススメできない
・既存の情報だらけの中に最後に1つだけ初公開の超重要情報を混ぜる水増し体制

備考
・ローカル通信、インターネット通信対応(要:SwitchOnline加入)
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

収録曲自体は豊富・RPG要素も取り入れられた音ゲー

収録されている曲数は140曲を超えます。ただしそのほとんどは特定の条件をクリアしないと解禁できません。
主な曲の解禁方法はストーリーモードにあたるワールドトリップもしくはアイテム合成。全曲解禁するにはかなりの手間と労力がかかります。
本家KHのシステムもいくらか取り入れられており、経験値とレベルの概念がありレベルアップすると体力が増えゲームオーバーになりにくくなったり、アイテムを使うことで途中でHPを回復できたりします。
4つあるパーティ(内3つはワールドトリップを進めると解禁)ごとに個別にステータスが存在するのですが、特定のパーティを決めて使い続けた方がクリアが楽かもしれません。私は最初のソラ・ドナルド・グーフィーのパーティを使い続けました。
難易度は簡単な順にビギナースタンダードプラウドの3種類。難易度表記も本編と同じになっています。

ルールは大きく分けてフィールドバトルメモリーダイブボスバトルの3つがあり、それぞれで操作が異なります。
フィールドバトルはこのゲームの基本モードで敵を倒しながら移動していくモード。
20210328233038956.jpg
Aボタン・Lボタン・Rボタンで攻撃水晶のようなノーツが来た時はXボタンでアビリティ使用Bボタンでジャンプして攻撃もしくは回避Bボタン長押しでグライド
基本ルールであるだけに最も収録数が多いです。コツを掴むまでは操作に戸惑いますが最も遊びやすいモードでもあります。
難点は敵の密度が詰まっている部分で途中に休止符がある場合に目視ではわかりにくい点と、大きな敵に隠れている小さい敵を見逃してミスりやすい点。
敵の間に隙間があっても明らか詰まっているように見えるのに連打するとMISS判定が出てしまいその後ガタガタ…ということがあってもデモプレイを見るまで休止符に気づけませんでした
メモリーダイブはムービーを背景に遊べるモード。
20210328233039412.jpg
ムービーは過去作で使われたものの流用で、残念ながら新規ムービーはないです。
操作はフィールドバトルと異なり、XボタンとBボタンでの操作が無くなった代わりにA・L・Rボタンを長押しするノーツスライドパッドを操作するスライドノーツが登場。
難易度はフィールドバトルよりもこちらの方が高く、プラウド譜面では長押ししながら別のノーツがくる場面も多い上に判定位置がわかりにくいのもあってフルコンボは至難の業。
こちらの難点をあげると、一部楽曲の背景ムービーに視認性が下がる場面が含まれていてノーツが見えにくくなってしまう点。背景なしで遊べるオプションも欲しかったです。
ボスバトルは各作品のラスボスを相手に戦うモード。
202103282330427bc.jpg
操作はメモリーダイブにあるものに加え、Xボタンのアビリティノーツ敵の攻撃に合わせてYボタンで回避するパートが追加されています。
何故かこのモードだけ判定線があるのでタイミングがわかりやすくなっています。が、譜面そのものの難易度が高いので完走が難しい。
いずれのモードも裏打ちと表打ちが混ざっている曲が結構あるものの、音もちゃんと拾えており曲とノーツのズレというのはほぼ無いです。

ゲームモードについて

ゲームモードはストーリーを追うワールドトリップ好きな曲を選んで遊ぶミュージックセレクトCPUや他のプレイヤーと対戦するバーサスモードの3つ。
未解禁要素の解放にはワールドトリップのプレイが必須。
各ワールド毎に1~2曲の課題曲があり、全てクリアすると次のワールドに行ける方式。曲ごとにミッションが3つあるのですがミッションクリアで入手出来る☆が一定数無いと進めないワールドもあります。
好きな曲を早く解禁するというのもできず、基本的には発売された作品順にクリアしないといけないのでKH3など比較的新しい作品の曲は長い事御預けとなります。
ミッションに関してはほとんどは難易度を指定されていないので最も簡単なビギナーでクリアすればいいのですが、一部スタンダードやプラウド指定の曲もあり、特にプラウド指定の曲は難関です。
1番ミッションクリアに苦戦したのは難易度プラウド指定かつスコアを求められる「Vector to the Heavens」。リズムも相性が悪く数十回リトライしました…。
このワールドトリップですが、特定のワールドクリア時にムービーが挟まれカイリが語り部として今まで起こったことを語ってくれます…が当然ネタバレの嵐なので要注意。
わかりやすく重要な所だけを説明してくれるので、KHのストーリーを追いたいけど古い作品を遊ぶのはめんどくさいという方にはいいかもしれません。
一方で、初めて出る情報は最終盤までほぼないので既プレイ勢には食傷気味。しかし明かされる新情報は短いながらもKH3の続きとなる話でかなり重要な部分という…。
ネタバレになるので反転隠ししておきますが、今作で明らかになるのはKH3の最後にソラが飛ばされた街の名前とソラの心の世界にいた☆型のNPCのうち1人が今後キーキャラになりそうなこと
「外伝作品に重要な話を混ぜるな」という意見はこの作品にも当てはまると思います…それに加えて新情報に大量の既出情報を混ぜて水増しするスクエニの悪い癖が出てしまっています…。
ワールドトリップのクリアまでは5時間~6時間程かかるのですが、その大部分が振り返りなのでストーリー面での目新しさはあまりないです。
ミュージックセレクトに関しては音ゲーにあるべきシステムがあるだけなので割愛。
個人的に面白かったのがバーサスモード
アイテムで相手を妨害しつつ音ゲーをするというのは一部のコンシューマー版太鼓の達人にあるストーリーモードに近い感じですが、まさかのオンライン対戦が実装されています。
ただしアクティブ人口が少ないのかなかなかマッチングしません。人口が多ければ面白そうなのになぁ…。

コレクション要素もあるが既存の絵の使い回し

収集要素もありカードを集めて鑑賞するモードもあります。これらのカードのイラストは過去作のイラストが大多数を占めていて新規絵はほぼ無さそうな感じ。
悪く言えば使い回しですが、色んな作品のイラストをこのゲーム1本で見れるという意味では悪くは無い点かも?それもシリーズ作品のほぼ全てを網羅しています。
カードそれぞれに2種類のレアリティ(ゴールド・プラチナ)があり数も多いですが、レアリティでイラストが変わることは無く枠の色が違う程度の違い。なので画集として揃えたいならゴールドの方を集めるだけでいいかな…と思わなくもない。
入手方法は曲のプレイか合成なのですが、ワールドトリップをコンプリートしても半分も埋まりませんでした。合成で手に入るカードはランダムで出るガチャ方式なのもありコンプまではかなり大変。
カードが一定数集まるとボーナスがあり、アイテムドロップ率が上がったり体力が増えたりするので一応ゲームプレイ面でも意味がある要素です。

総評:キングダムハーツという題材が音ゲー向きではなかった

音ゲーとしては及第点と言った感じ。メモリーダイブとフィールドバトルは判定ラインがわかりにくいのもあって曲にノってやるタイプの音ゲーです。
難易度もクリアだけでは高くはないですが、フルコンボを狙うならそれなりに練習が必要。
ただ、元々町やフィールドで流れているBGMが多いので音ゲーに向かない曲が多数収録されてしまっているのが残念な点。ほかの音ゲーによくあるアゲアゲな曲はまずないです。
トラヴァースタウンのゆったりした感じのBGMとか明らかに向かない曲でも入っている上に、似ている曲が別曲扱いで入っているケース(レディアントガーデンのやつとか何個あるねんと思うレベル)も多いので、曲数の割に多く入っている感じがしないのもマイナスポイント。
逆にパイレーツオブカリビアン関係の曲やFace My Fearsが何故か入ってなかったりするので、曲調が被っている曲をオミットしてそっちを入れて欲しかった…という感想。
ディズニーの音ゲーとして見ても、ディズニー関連の楽曲よりKHオリジナルのものが多いのでKHやらないディズニーファンにはあまりオススメできません。
正直なところ、KH自体が音ゲーに向かない題材だったのでは?という感じもします…まとめ作品を作るとしても、カイリを主人公にした新作とかでアクションゲームとして出してくれた方がよかった…かも?
一応追記で曲の一覧も載せておきます。
KHMoMに収録されている曲一覧
青がメモリーダイブ黄色がフィールドバトル紫がボスバトルです。

KINGDOM HEARTS
・KAIRI Ⅰ
・光


・Destiny Islands (ディスティニーアイランド)
・Bustin' Up on the Beach (ディスティニーアイランド)
・Traverse Town (トラヴァースタウン)
・Welcome to Wonderland (ワンダーランド)
・To Our Surprise (ワンダーランド)
・Olympus Coliseum (オリンポスコロシアム)
・Go for it! (オリンポスコロシアム)
・Hand in Hand (トラヴァースタウン)
・A Day in Agrabah (アグラバー)
・Arabian Dream (アグラバー)
・A very Small Wish (モンストロ)
・Monstrous Monstro (モンストロ)
・Under the Sea (アトラティカ)
・An Adventure in Atlantica (アトランティカ)
・This is Halloween (ハロウィンタウン)
・Spooks of Halloween Town (ハロウィンタウン)
・Captain Hook's Pirate Ship (ネバーランド)
・Pirate's Gigue (ネバーランド)
・Hollow Bastion (ホロウバスティオン)
・Scherzo Di Notte (ホロウバスティオン)
・End of the World (エンド・オブ・ザ・ワールド)
・Frogments of Sorrow (エンド・オブ・ザ・ワールド)
・Night of Fate
・Destiny's Force
・Shrouding Dark Cloud
・Squirming Evil
・Guardando nel buio

・Guardando nel buio
・One-Winged Angel (from FINAL FANTASY Ⅶ)
・Another side


KINGDOM HEARTS Re:Chain of Memories
・Naminé
・Castle Oblivion (忘却の城)
・Forgotten Challenge (忘却の城)
・The Force in You
・Lord of the Castle


KINGDOM HEARTS Ⅱ
・Sora
・Riku
・Roxas
・パート・オブ・ユア・ワールド (アトランティカ)
・Passion ~opening version~

・Passion ~opening version~
・Lazy Afternoons (トワイライトタウン)
・Sinister Sundown (トワイライトタウン)
・The Afternoon Streets (トワイライトタウン)
・Magical Mystery (不思議な塔)
・Reviving Hollow Bastion (レイディアントガーデン)
・Scherzo Di Notte (レイディアントガーデン)
・Waltz of the Damned (ビーストキャッスル)
・Dance of the Daring (ビーストキャッスル)
・The Home of Dragons (ザ・ランド・オブ・ドラゴン)
・Fields of Honer (ザ・ランド・オブ・ドラゴン)
The Underworld (オリンポスコロシアム)
・What Lies Beneath (オリンポスコロシアム)
・Monochrome Dreams (タイムレス・リバー)
・Old Friends, Old Rivals (タイムレス・リバー)
・Adventures in the Savannah (プライド・ランド)
・Savannah Pride (プライド・ランド)
・Space Paranoids (スペース・パラノイド)
・Byte Bashing (スペース・パラノイド)
・Sacred Moon (存在しなかった世界)
・Deep Dive (存在しなかった世界)
・Tension Rising
・The 13th Struggle
・Desire for All That is Lost
・Vim and Vigar
・Rowdy Rumble
・Sinister Shadows
・The 13th Dilemma
・Darkness of the Unknown

・Darkness of the Unknown
・What A Surprise?! (ハロウィンタウン)
・Happy Holidays! (ハロウィンタウン)
・The Other Promise
・Rage Awakend
・Fate of the Unknown


KINGDOM HEARTS 358/2 Days
・Musique pour la tristesse de Xion
・Secret of Neverland (ネバーランド)
・Crossing to Neverland (ネバーランド)
・Fight and Away
・Vector to the Heavens
・Another Side -Battle Ver.-


KINGDOM HEARTS Re:coded
・Wonder of Electron (システムエリア)
・No More Bugs!! (システムエリア)


KINGDOM HEARTS Birth by Sleep
・Terra
・Ventus
・Aqua

・The Promised Beginning (旅立ちの地)
・Future Masters (旅立ちの地)
・The Secret Whispers (ドワーフ・ウッドランド)
・Risky Ramp (ドワーフ・ウッドランド)
・Bibbidi-Bobbidi-Boo (キャッスル・オブ・ドリーム)
・Castle Escaped (キャッスル・オブ・ドリーム)
・The Silent Forest (エンチャンテッド・ドミニオン)
・The Rustling Forest (エンチャンテッド・ドミニオン)
・Black Garden(レイディアントガーデン)
・Mickey Mouse March (ディズニータウン)
・Up Down Adventure (ディズニータウン)
・Hou'oli. Hou'oli (ディープスペース)
・Makaukau? (ディープスペース)
・Daydream upon Neverland (ネバーランド)
・Neverland's Scherzo (ネバーランド)
・The Tumbling
・The Encounter -Birth by Sleep-

・The Encounter -Birth by Sleep-
・Enter the Darkness
・Black Powder
・Rage Awakened -The Origin-
・Dismiss


KINGDOM HEARTS 3D
・Traverse in Trance (トラヴァースタウン)
・Hand to Hand (トラヴァースタウン)
・La Cloche (ラ・シテ・デ・クローシュ)
・La Sanctuaire (ラ・シテ・デ・クローシュ)
・Access the Grid (ザ・グリッド)
・Disital Domination (ザ・グリッド)
・The Fun Fair (プランクスターズ・パラダイス)
・Prankster's Party (プランクスターズ・パラダイス)
・One for All (カントリー・オブ・ザ・マスケティア)
・All for One (カントリー・オブ・ザ・マスケティア)
・Sacred Distance (存在しなかった世界)
・Deep Drop (存在しなかった世界)
・Majestic Wings
・L'OscuritA dell'Ignoto
・L'Lmpeto Oscuro
・The Eye of Darkness
・CALLING -KINGDOM MIX-


KINGDOM HEARTS Birth by Sleep -A fragmentary passage-
・Wave of Darkness Ⅰ

KINGDOM HEARTS Ⅲ
・君はともだち -KINGDOM HEARTS Ⅲ Version- (トイボックス)
・Happy Hair Day (キングダム・オブ・コロナ)
・Monster Smash! (モンストロポリス)
・レット・イット・ゴー ~ありのままで~ (アレンデール)
・Robot Overdrive (サンフランソウキョウ)
・誓い

・誓い
・Graveyard Labyrinth (キーブレード墓場)
・Rise of the Union
・Dark Domination

・Dark Domination

Other Titles
Hand in Hand (Piano Collections KINGDOM HEARTS)
・Working Together - Allegro vivace (Piano Collections KINGDOM HEARTS)
・Sora - Allegero can bria (Piano Collections KINGDOM HEARTS)
・Medley of Conflict (Piano Collections KINGDOM HEARTS FILED & BATTLE)
・Destati (KINGDOM HEARTS Orchestra - World Tour - Album)
・美女と野獣
・ホール・ニュー・ワールド
・サークル・オブ・ライフ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #キングダムハーツ #Switchソフト #PS4ソフト #音ゲー #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: