プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

おやすみなさい、リヴリー

 
PC版・スマホ版リヴリーアイランドが2019年12月26日12:00をもってサービス終了しました。
現在はリヴリーのURLに行くと↓の画像が表示されます。

心にぽっかりと穴が開いた気分です…ペットロスという言葉がありますが、おそらく今の私と同じ状態なんじゃないかと思います。
たかがゲームと思う人がいるかもしれませんが、画面越しではあったけれどリヴリーは確かに生きていました。
現実のペットと同じように、ご飯をあげなかったりひどい怪我をすれば死んでしまうし、ストレスが溜まれば勝手に家出してしまう生き物。
一方で、トイレの世話=お金の入手だったり、自由に色や大きさを変えられたり、種類を後から変えられたり、寿命がなかったりで現実ではありえない特徴も組み込まれており、その独特な生態も魅力的でした。
姿かたちも独特な種類が多く、可愛いのもいればカッコイイのもいるし、ヘンテコなのもいれば不気味なのもいて、パークで他の飼い主のリヴリーを見るのも楽しかったです。
リヴリーをオシャレする帽子やアクセサリー、リヴリーの住む島をレイアウトするためのアイランドやアイテムも非常に多くの種類があり、そのデザインも凝っていたと思います。
世界観もしっかりと練られており、錬金術という非現実的な要素が根本にありながら現実味のある設定が違和感なくリンクしており、とても惹き込まれました。
公共スペースであり他の飼い主とも交流できるパーク、ゴージャスなG.L.L会員限定パーク 、怪しさいっぱいのヤミーSHOP、それらを管理する管理リヴリーと飼い主にもしっかり設定があり、知るだけでも面白かったです。

私がリヴリーを始めたのは2009年の夏頃で、CORにリニューアルされる少し前でした。
当時はリヴリーブックという別のウインドウを立ち上げて放浪したり技を出したりしなければいけなかった他、飼えるリヴリーも1人1匹だったこともあって複数のアカウントで飼っている人も多かった時代。もちろんパークも賑わっていました。
その後3ヶ月ぐらいでCORに移行して直近のPC版の仕様に近いものになっています。なでる/つつくの操作や性格などはこの時辺りから導入。
当時は中学2年生だったのでG.L.Lに課金するためのお金もなく、ポイントサイトで必死にポイントを貯めてWebMoneyに交換してG.L.Lに入っていました初めてG.L.Lに入った時のワクワク感が当時の記事に残っています…。
それまでPCのゲームといえばWWAやYahooキッズなどフリーゲームばかりやっていたので課金へのハードルがめちゃくちゃ高く感じていました。ヤミーアイテムなんて夢のまた夢という感覚でした。
リヴリーがサービス終了に至ってしまったのはやはりアクティブユーザーが減ってしまったことが原因であると思います。
とは言っても、大きな原因はPCブラウザゲーム業界自体の衰退にあると思うので、リヴリーアイランドのサービスがどうこう以前に継続は厳しい状態だったのではないかと思います。
実際、2010年代にかけてPCを使う人が減りスマホで済ます人が増えていますし、2000年代にサービスを開始したPCブラウザゲームの多くがサービス終了するか、スマホアプリに移動するか、細々と続いてはいるもののアクティブユーザーは少ない状態にあります。
リヴリーも2019年4月にスマホ対応はしたものの遅すぎたのかもしれません。もし、もっと早くスマホに対応していれば違う未来があったのかもと思うと残念です。
専用アプリではなくブラウザ上での対応だったのも悪手だったと思います。ただ、これはPC版含めてFlashプレイヤーからHTML5に移行するための布石だったのかもしれませんが。
また、2015年あたりからVIP会員(月/G.L.L会員費+2000円)じゃないと手に入らないアイテムが登場したり、G.L.L会員限定で入手できるアイテムの質が下がっていたり、スマホ版のヤミガチャがPC版のヤミ箱の劣化だしでここ5年近くは集金モードになっていたのが目に付いていたので、それが嫌でやめた人もいそうです。
運営も非営利でリヴリーのサービスを提供していた訳では無いので仕方がないとは思います。むしろ儲からなければ直ぐサービス終了する運営も多い中頑張ってくれていた方だと思います。
久しぶりにPC版にログインしてパークに行くと、平日であるにも関わらず最盛期と同じぐらいの数のリヴリーで溢れていました。
ちらほらチャットをしているリヴリー達もいて、2010年ぐらいのリヴリーを思い出してしまいました。あの頃はビギナーズパークで初心者にアドバイスしていたりして楽しかった…
最後の最後にグリンの丘で行われたトークショーにも参加できました。長いこと遊んできたのに管理リヴリーが喋っている姿を見るのは初めて。

最後のトークショーに登場した管理リヴリーはダークヤグラ、ボンド、レビル、ルビーローズの4匹。
喋っているのは基本的にボンドとレビルとダークヤグラだけで、ルビーローズは終了までのカウントダウン役。
レビルの飼い主であるエドワード博士はミュラー博士の弟ですが兄弟仲はあまり良くなくモンスターの生みの親でもあります。最後の最後でレビルくんはエディ博士に頼まれてごめんなさいを言いに来てくれたみたいです。
…そして12時を迎え強制的にサーバーから切断されてしまいました。

この画面から移動しない限り画面上ではリヴリー達は動き続けていましたが技を出したりチャットをすることはできなくなりました…。
最後の別れを惜しみつつ、そっとブラウザを閉じることでリヴリーに「おやすみなさい」を告げました。
最後に私の飼っていたリヴリーの記録です。

まずは2009年に飼い始めた長女のオレアナ@ライランド島。

やっぱり長女が一番長く一緒に過ごして来たこともあり思い入れが強い子です。今年の8月で10歳を迎えています。
パキケ⇒ユンク⇒ユキトトリ⇒ピキ⇒クロメと変身。クロメになったのが2010年4月なので9年以上クロメのままでした。
名前の由来はメテオスというゲームに出てくる惑星オレアナから。それに合わせてこの子のイメージカラーは水色でした。
実は一代目ではありません。彼女の前にピカ☆ピカという名のピグミーを飼っていましたが、長期間PCが使えないことにより引き渡してしまっています…。

次に長男のファイアム@グラディウスアイランド。

長男は次男と双子で同じ日に飼い始めています。2010年12月14日生まれです。
ムシチョウ⇒ラヴォクス⇒ユキムグリ⇒ディノトプスの順に変身。ディノトプスがカッコよくて2011年6月からずっとディノトプスでした。
名前の由来はオレアナ同様メテオスの惑星ファイアムから。イメージカラーは赤でした。

最後に次男のフォルシオ@リュウラセンの塔。

長男と同じ2010年12月14日生まれ。
この子は色んな種類のリヴリーに変身しており、ウルパコ⇒ラヴォクス⇒ピキ⇒Pケマリ⇒リオン⇒フィンク⇒フォスク⇒Pオオツノワタケ⇒レヴナント⇒ヴォルフという経歴です…ながい。
名前の由来は私がポケモンでレシラムにつけていた名前から。アイランド名もポケモンBWに出てくる地名からとっています。イメージカラーは最初白でレヴナント辺りから緑になりました。

サービス終了後のリヴリーはフラスコの中で眠りにつくそうです。その中で飼い主との思い出の夢を見るとか何とか…
いつかまたリヴリーが再開することを祈って、「さようなら」では無く、「おやすみなさい」で一旦の別れを告げました。
我が子達にも、リヴリーのサービスを支えてくれたスタッフ達にも感謝しています。また逢う日が訪れますように。
2010年にニンテンドーDS向けソフトとして「Livly Garden」というゲームが出ているので寂しい方はぜひ。ただし古いゲームなので中古を探さないといけませんが…。
関連記事
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

Tag: #リヴリー #サービス終了ゲーム

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

★コメント返信☆

コメント返信です。

>ロキさん
コメントありがとうございます。
貴方のコメントから、リヴリー愛を凄く感じます。
私も悔いのないようにスクリーンショットを沢山撮ったりしましたが、いざ終了すると「あのアイテムを使ったレイアウトをすれば良かった」「もっと放浪させてあげればよかった」「他の飼い主様とのイベントに参加すればよかった」など、後悔の念が押しよせてきて寂しくなります…。
リヴリーのURLにアクセスしても、もう集合イラストすら表示されなくなっていて残念です。
それでもブックマークからついつい飛んでしまうのは、如何にリヴリーのお世話が習慣になっていたか思い知らされています。
最後になりましたが、このブログを閲覧してくださりありがとうございます。

 

はじめまして

リヴリーの飼い主だった者です。(いえ、リヴリーは眠っているだけだそうなので、今も現役飼い主と言っていいのでしょうか?)
先月、自分のリヴリーの散歩中に純白のマルスさんの島を通りがかり、こちらのアドレスを知りました。サービス終了後になってしまいましたが、一度ご挨拶に来たいと思っていました。

私は昨年3月ごろ登録した、特別熱心ではない飼い主でした。
リヴリー以外のゲームはほとんどしておらず、家にゲーム機もありません。かわいいキャラクターグッズが少し好きなこと、無料で気軽に楽しめることがリヴリーの飼い主になった決め手だったと思います。
リヴリーそのものは2004年ごろに人から教えられ、「こういうゲームがあるんだ」ということは知っていました。気になった期間限定リヴリー(ヘンプクジンチョウです)もいましたが、こまめに世話をする自信がなく、その時は飼い主になりませんでした。

それが今年、何かのキャンペーンでヘンプクジンチョウが飼える時期があり「今度こそ!」と思い迷わず登録しました。飼い始めてみると思いのほか楽しくて、もっと早く飼い主になればよかったと感じるようにv-411

それだけにサービス終了のお知らせはショックでした。
まだ使っていないアイテムがある、まだアイランドの全容を知らない、何よりも私のリヴリーともっと一緒にいたい、いられると思っていたのに……。
実感がないまま数日が過ぎ、これまでの限定リヴリーがいっせいに飼えるようになり、気になっていた他のリヴリーも2匹飼い始めました。2ヶ月弱であっても、一緒に過ごしたかったのです。

12/26は仕事だったため、25日の夜はスクリーンショットを撮りまくって過ごしました。思いつくことは全部やったはずなのに、後になって思い返すと「あれもこれもやっておけばよかった」ということばかり。
グリンの丘のイベントも参加できなかったので、他の飼い主さんのレポートをありがたく拝見しています。

リヴリーに会えなくなった実感はまだないのにサイトにアクセスすることはもうできず(当たり前ですねe-330)、心にぽっかり穴が開いたようです。育成ゲームでこんな気持ちになるなんて考えてもみませんでした。
いずれ自分のブログでも、リヴリーの記事を書けたらと思っています。

ゲーム情報のブログに、ほぼリヴリーしかゲームを知らない人間が書き込みして失礼しました<(_ _)>
他の記事も拝見したいので、また寄らせてください。
どうぞよいお正月をe-476

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: