3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

【Steam】『Lobotomy Corporation』を遊んだ感想&レビュー【未クリア】

2021/04/25
ゲーム感想&レビュー 0
Steamゲーム PCゲーム シミュレーション
『Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)』を購入しました。
LOB02.png
結構前に購入して少し遊んで積んでいたゲームです。世界観的続編の『Library Of Luina』の正式リリースが近くなってきたということで久しぶりに遊んでハマってしまいました。
どんなゲームか簡単に説明すると、異常な性質を持つ生き物やアイテムをお世話してエネルギーを回収するリアルタイムストラテジー。SCP財団や映画「キャビン」などからインスピレーションを受けているゲームでして、2018~2019年ぐらいに動画サイトやSCP大好き勢間で流行ってました。
R-15指定のゲームなのでグロテスクなシーンも多め。キャラの見た目こそデフォルメされていますが、血飛沫が飛びまくる・首と体が泣き別れ・眼球がポーン・原型が無くなるような死に方もするので苦手な方は注意。
オススメの攻略サイトにLobotomy Corporation攻略 Wiki様がありますが、死んで覚える手探り感が楽しいゲームでもあるので最初から見るのはお勧めしません。
凝った世界観や設定が魅力的でやってみる価値は間違いなくある作品ですが、エンディング全回収までの難易度が高い上に周回前提かつその1周だけでもかなりの時間がかかるのであきらめた人やストーリーを追いたいだけの人はMODを導入して無理やり難易度を下げるか、それでもダメならWikiやプレイ動画を見たほうが正直楽ではあります。私はまだエンディングには辿り着けておらず、これから進められるかすらわからない状態なのでここで一度記事にしました。

・タイトル:Lobotomy Corporation
・発売元:ProjectMoon
・開発元:ProjectMoon
・対応ハード:PC(Steam)
・定価:2570円(税込)
・発売日:2018年4月9日
・ジャンル:シミュレーション
・プレイ人数:1人

どういう人にオススメ?
・SCPが好きな人!
・異常物品を収容する施設の管理人になりたい人!

良かった点
・アブノーマリティという異常な能力を持つ物品を収容する施設の管理人になれる
・アブノーマリティやセフィラや世界観の設定が徹底的に練られている
・職員レベルやギフトなどで好きな職員を育成することもできる

賛否両論?点
・アブノーマリティの扱いが難しく、少し手順を間違えただけで壊滅することが少なくない上に初見殺しも多い
・施設の解放が進めば進むほどマシンスペックも要求されていく
・真エンドを見るための条件が非常に厳しい

備考
(当ブログの画像はパソコン本体の機能を用いて撮影)

アブノーマリティを収容しつつエネルギーを確保

プレイヤーは管理人XとなってLobotomy社の一施設を管理していきます。ただし直接現場に赴くのではなく、お世話役兼戦闘役の職員に命令を出す形で管理することになります。
LOB05.png
アリの巣観察キットな見た目みたいですが、日が進むにつれて下の方にどんどんと施設が増えていくので本当にアリの巣みたいです。
収容室にはアブノーマリティと呼ばれる異常存在が収容されています。マニュアル曰く「人類の無意識から生まれ、適切な管理によってエンケファリン(エネルギーの元)を生み出す存在」とのこと。
アブノーマリティは5の倍数以外の日に3択から1つ選んで施設に入れることになり、1部門当たりMAX4体配置されることになります(中央部門だけは例外でMAX8体)。入れる際の3択はかなり抽象的な説明文しかないので、どんなのが来るかは経験がないと予測困難です。
収容したアブノーマリティはお世話(本能愛着洞察抑圧の4種類から選択)することでエネルギーとPEボックスを回収することができます。Lobotomy社はエネルギー会社との事ですが、そのエネルギーの元が得体の知れない物体や生物という中々にダークな設定…。
LOB04.png
エネルギーは1日に集めないといけない量がノルマとして決まっていて、基準値以上を集めると1日を終えることができるようになります。エネルギーのオマケで貰えるPEボックスは図鑑の情報解禁に必要かつ職員の装備となるEGOを作るのにも必要となります。
アブノーマリティには危険レベル(ZAYIN<TETH<HE<WAW<ALEPHの順に危険)が設定されています。当然、高レベルのアブノーマリティほどお世話役に高レベルの職員を求められる上に逃げ出した時の危険度も上がっていきますが、一度の作業で得られるエネルギー量が多くEGOやギフトも強力になっていきます。
しかしTETHやHEでも手順を誤ると即死ギミックが発動する物もいるので危険度が低いからといって侮れません。めんどくさいHEやWAWもいれば収容しやすいALEPHもいるので同じランクでも当たりはずれがある感じ。
アブノーマリティによって有効なお世話方法と与えてくるダメージの種類(REDWHITEBLACKPALEの4種類)が異なる点に注意。職員のレベルが低いのに高危険度のアブノマをお世話させると何を選んでも死にますし、防具にも苦手な属性がある事が多いため高レベルの装備&職員の組み合わせでも相性が悪ければ普通に死に至ります。
職員を育てるためにも、まずは危険度の低いアブノーマリティをお世話させて経験を積ませてから高危険度のアブノーマリティのお世話係に昇格させる事になります。いわゆるOJTです。
一部のアブノーマリティは特定条件下で逃げ出すこともあり、だいたいが職員が殴りにいってHPを0にしないと戻ってくれません。一部勝手に収容室に戻るものもいますが稀。
アブノマからのダメージを軽減するにはEGO防具をつけるのがベスト。EGOにもランクがあって、高いランクのEGOやアブノーマリティはより低ランクの物の攻撃力と防御力を大幅カットしてしまうので、エース職員に強いEGOを身につけさせておくことは非常に大事です。
収容違反した状態で1日を終えるとペナルティとして次の日に貰えるLOBポイント(職員の雇用や育成に使用するポイント)が減ってしまうので 、できる限り収容違反させない+したらすぐ鎮圧も心がけたい所。ただし序盤で高危険度のアブノマを逃がしてしまうと収集がつかなくなるため、特定のアブノマが収容違反=再挑戦確定というパターンに陥ることも決して少なくはないです…。
日数が経過していくと管理しないといけないアブノーマリティの数が増えていくだけでなく、危険度の高いものが出現するようにもなって、しかもエネルギーのノルマも増えていくので、進めると進めるだけ厳しくなっていくゲームバランス。
アブノーマリティの中にはツール型と呼ばれるタイプも存在しており、そちらはエネルギーを生み出さない代わりに使うと様々な効果を及ぼします。案の定ツール型も即死条件を持っているものが多く迂闊に使うのは危険で、使うのが億劫になってしまい図鑑を埋めるのも後回しになりがちです…。
管理方法さえ分かれば楽になるものもいれば、地雷となる行動をすると即アウトの一触即発なのも少なくないので、どのお世話が有効かつお世話係が死なないかを覚えるための記憶力・試練や収容違反をさばきつつエネルギーを貯めるマルチタスク力が問われるゲームです。休む暇がなくて忙しいけどやりがいはある…かも。

職員はお世話だけでなく鎮圧時に戦闘もこなさなければならず、殉職率がかなり高く危険な職場。施設が広く職員も多いのにセフィラ(部門別にいるナビゲーター)は死因までは教えてくれないので、なんで死んだかは自分で究明する必要があってちょっと大変
初見では図鑑も見れないし・何をしていいかしちゃダメかのヒントも一切ないので、突撃させては死んだり脱走したりを繰り返して安全な方法を探しつつ図鑑情報を埋めることになります。とりあえずPEボックスを稼がない事には何もできません。
図鑑には管理情報の他にバックストーリーやどこかの財団みたく管理ログも載っているので、SCP記事を読むのが好きな人なら図鑑を読むだけでも楽しめます。
LOB01.png
特に罰鳥・審判鳥・大鳥のストーリーや白夜関連は演出も良くて好き。なお白夜と終末鳥はALEPHクラスなので収容違反すると…orz

時間経過で起こる厄介な試練とセフィラボスについて

収容室では時たまクリフォト暴走アラートと呼ばれる警告が発せられます。これにも注意を払わないといけなくて、というのも多くのアブノーマリティはクリフォトカウンターと呼ばれる数値を持っていて0になると特殊能力が発動してしまい脱走したりと何か良くないことが起こるのですが、暴走アラートを放置するとそのカウンターを強制的に0にされる上に集めたエネルギーを没収されるというペナルティが発生します
暴走アラートは一定時間が経過する前に付いている収容室のアブノマをお世話すると解除。セフィラボス撃破済の部門ではクリフォト暴走の影響を受けなくなりますが、それまでは触ると面倒なアブノマにもアラートが付く度にお世話が必須になってしまいます。

アブノーマリティの脱走とは関係なく、試練と呼ばれる敵が出てくるイベントも発生するのが厄介です。こちらは1日のスタートから作業を一定回数行うと発生します。
試練が発生すると色(琥珀蒼白)によって違う敵が出てきます。さらに黎明・白昼・夕暮・深夜の時間帯毎に危険度が変わり、遅い時間帯に発生するものほど面倒かつ凶悪になっていきます。
試練は敵を全滅させると終了しボーナスとして1日に必要な量の数十パーセントのエネルギーを貰えるので全くのマイナスイベントでは無いのですが、ほっとくとレベルの低い職員がやられたり中にはクリフォトカウンターを減少させたりアブノーマリティを脱走させるものもいるので放置はできません。
ただし試練が終わっていない状態で1日を終了させてもペナルティはありません。装備や強い職員が揃っていない時は難しい試練が来る前に作業を終わらせてしまうのがベスト。

試練とは別にミッションをこなしていくと戦えるようになるセフィラボスは撃破できれば大きな恩恵を受けられると同時に各セフィラのバックストーリーを読むことができます。
セフィラボス挑戦時は特殊条件下で1日を過ごさないといけません。セフィラ毎にどんな制限が課されるかは異なるのですが、命令系統がごちゃごちゃになったり解像度が下がったり職員のステータスが下がったり回復がしにくくなったりする中で作業しないといけないのでいつもに比べて難易度は高くなります…。
ベストエンディングに行くには全セフィラボス撃破+図鑑100%達成+50日目到達が条件。特に後半に挑戦することになるセフィラボスは高難易度なためアブノマ厳選がほぼ必須、さらに1日目からやり直すにもかなりの時間がかかる上に追加されるアブノマ次第では途中でおじゃんになる可能性もあるしで難易度面でも時間面でも到達困難です
ただ、その高難易度でも諦めたくないほどに世界観やキャラクターの背景などが超がつくレベルでブラックで救いがない所に惹かれてしまいます。ゲームの仕様を説明する設定も存在していたりして世界観の構築が徹底して行われています。
ゲームの仕様の説明例を挙げると、デフォルメされた可愛いキャラデザは認知フィルターと呼ばれるものを通しているからそう見えるだけであったり、チェックポイントに戻れるのはTT社という別の会社の技術があるから、とか。ぶっちゃけこの見た目でもグロテスクに感じる所が多いので、認知フィルターの向こうには見ただけでSAN値が減るような凄惨な光景が広がってるんだろうな…と想像してしまいます。
メインストーリーで明かされるセフィラやアンジェラの出自やバックグラウンド、アブノマ図鑑でのログにも非常にダークで深い世界観が存在しています。この世界のえっっげつなさは本作で一二を争う魅力ポイントではあるのですが、びっくりするほどディストピアなので好き嫌いは分かれそうです。

職員の育成要素も完備

職員はそれぞれに職員レベル(1~5)・ステータス(勇気慎重自制正義)・EGO武器・EGO防具・ギフトと呼ばれるアクセサリーの設定があり、基本的にはステータスが高いほど作業成功率が上がります。
LOB03.png
アブノマのお世話をすればするほどステータスが強くなっていくほか、稀にギフトも入手できるので職員育成ゲームとしての楽しみもあります。レベル5になれば一人前。
雇用時に見た目(MODで追加可)や名前も変えることができるので「自分だけのMy職員を作ろう!」なんてこともできます。なおヘマすると推しの無惨な姿を見る羽目になりますが…。
アブノーマリティを作業するとたまに貰えることがあるギフトは見た目に変化があるだけでなくステータスにもボーナスが入るスグレモノ。見た目に拘りたい人も育成勢も嬉しい?要素です。
育成やギフト入手も兼ねて残業…もといエネルギーが基準を超えてもすぐ終わらせずちょっとだけ作業させ続けることはしておいたほうがいいです。特に夕暮や深夜の試練が発生しない序盤でやっておくのをオススメします。
ただし残業させ続けるのも危険。クリフォト暴走が激しくなっていくので収容違反の危険性が高まり、場合によってはリスタートせざるを得ないことになりかねないです…。
職員が死んでしまうとFEよろしく武器ごとロストしてしまいます…。とあるセフィラのミッションをクリアすれば武器ロストのペナルティを無くすことはできますが喪った職員は戻ってこないため、レベル5職員でALEPH武器持ちが死んだ時は清く再挑戦。

甚大な被害が出てしまった時はメニューで「再挑戦する」を選べば朝からやり直すこともできますし、新しく入れたアブノマが面倒くさくてこれ以上無理だと感じたら「チェックポイントに戻る」を選んで数日遡ることもできます。ただし5の倍数+1日に入れたアブノーマリティは再抽選不可なので注意。
チェックポイントに戻ってもダメなら最初のメニューに戻って「最初から」を押して1日目からやり直しましょう。図鑑開放度と入手したEGO(身に着けた職員が死んでいない限り)はチェックポイントに戻ったり1日目からにしても引き継がれるので、終盤の攻略のために楽なアブノーマリティを引けるかどうかも含めて周回前提な作りになっています。
ほっとくだけで被害が出るようなアブノーマリティ(「地獄への急行列車」とかetc)や脱走魔(「アルリウネ」とかetc)など本当に面倒なヤツは図鑑(と優秀そうならEGOも)だけ埋めてチェックポイントに戻ってしまうのが楽。一度も1日目からのリスタートをせずに真エンドまでクリアするのはプレイする前に徹底的に調べあげた上で運も良くないと無理かと。
日付が進めば進むほど一度に管理しないといけないアブノーマリティの量も増え難易度が上がるだけでなく、処理落ちでだんだん動作が不安定になるのでPCのスペックも求められるのは難点。
処理の重さは下層2つの施設が開きだすと感じるようになりました。フリーズこそ未発生ですが、ノートパソコンだと戦闘時にガクつかれることもありちょっと厳しいかも。
ただ、カクつく時も再起動してタスクキルすれば何とか下層も行けそうな感じなので、マイPCには頑張ってもらいます

総評:難易度は高いが世界観やアブノーマリティの設定に引かれる良作

あと少しでクリアできそうな時に収容違反が起こったり、やり方を間違えて即死したりするとやるせない気持ちになります…疲れるので一気にクリアを目指さずコツコツやるタイプのゲーム。
個人的に世界観が大好きなので、高い難易度でも挫けず進められているような気もします。でもできれば難易度設定は欲しかったかも。
続編のLoRはまだ手をつけていないのですが、こちらがある程度キリが着いたら遊んでみようと思います。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー