3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

【Switch】『御伽活劇 豆狸のバケル ~オラクル祭太郎の祭難!!~』を遊んだ感想&レビュー【クリア済】

2024/01/09
ゲーム感想&レビュー 0
Switchソフト アクション
『御伽活劇 豆狸のバケル ~オラクル祭太郎の祭難!!~』を購入しました。

実は前々から注目していた作品です。しばらく様子見していてようやく購入に踏み切りました。
一部の方からは『がんばれゴエモン』シリーズの精神的後継作としても期待されていたようです。本作とゴエモンシリーズについては和風のアクションゲームという共通点以外に、本作の開発/発売元であるグッド・フィールさんがゴエモンシリーズに携わっていた方が立ち上げた会社という事で血の繋がった親戚ぐらいには関係性があったりしますが、私がゴエモンシリーズ未プレイという事でここでは比較ナシの感想を綴っています。
コレクション要素全回収までやって約16時間で遊び終えました。結論から言うと面白かったので是非ともオススメしたい作品です。

任天堂の公式オンラインストア。「御伽活劇 豆狸のバケル ~オラクル祭太郎の祭難!!~ ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。
・タイトル:
御伽活劇 豆狸のバケル ~オラクル祭太郎の祭難!!~
・発売元:グッド・フィール
・開発元:グッド・フィール
・対応ハード:Switch
・定価:5280円(税込)
・発売日:2023年11月30日
・ジャンル:3Dアクション
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:© Good-Feel
・公式サイト:
https://mameda-bakeru.com/

どういう人にオススメ?
・3Dアクションゲームが好き、または挑戦してみたい人!
・ゲームの中で日本巡りをしてみたい人!

良かった点
・バケルの攻撃が近くの敵を自動的に狙ってくれるので当てやすい
・万屋のアイテムがわかりやすく強力な救済策となっている
・47都道府県+αがステージになっていて旅行気分も楽しめる
・おみやげ、うんちく、隠れタヌキなどコレクション要素は3種類用意されている

賛否両論?点
・ウラシマタロウ変化が強すぎて他の英雄の出番があまり無かった
・レース/シューティング/巨大ロボット戦のみの府県と北海道には探索用のステージが別にあると良かった

備考
・無料体験版あり
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)




お祭り軍団vsタヌキのバケル!


主人公のバケルはタヌキ族の若造。人に化けた姿よりタヌキ姿の方が可愛いのでそのまま操作したかったかも…。
草むらで倒れていた一寸法師のすんからオラクル祭太郎率いるお祭り軍団が日本中をお祭りオーラで洗脳しようとしているという話を聞いて、その野望を阻止するべく狸の里から派遣されたのがバケルでした。狸の里が徳島にあるのは阿波の狸合戦が元ネタ?
まずはお祭り軍団に対抗できるだけの戦力を確保するべく、御伽噺の英雄3人(金太郎・浦島太郎・桃太郎)に協力を仰ぐことに。変化能力があっても御伽噺の英雄の姿に化けるにはライセンスが必要となっていて、現地まで行って本人へ許可を取りに行かないといけないちょっと世知辛い世界観。
英雄3人と会ってライセンスを揃えるまでがチュートリアルみたいな所があります。その後は七草加癒(ななくさがゆ)のメンバー7人を集める事が目的になるので、そこからが本格的な冒険のスタートと言っていいかも。

バケルの操作はBでジャンプYでドッジロールLとRで攻撃ZRでガード敵の攻撃に合わせてドッジロールやガードを決める事でパリィやカウンター攻撃の発動も可能です。

里の長老から持たされた武器は「払羅太鼓(はらだいこ)」という太鼓とバチ。このバチで叩くと物や動物から邪気を払えるとの事。
Lボタンで左手Rボタンで右手のバチで攻撃します。同時に押せば両手でちょっと強めの攻撃ができたり・長押ししてから離すと溜め攻撃で広い範囲にダメージを与えられます。
バケルの攻撃は自動的に近くの敵やオブジェクトを狙う仕様となっていて、ある程度近づきさえしたら周りでバチを振るうだけでも勝手にバシバシ当てに行ってくれます。バケルのロックオン能力はかなり強力で、空中の敵もLとRの連打で滞空したままボコボコにできちゃうレベル。
3Dアクションゲームに慣れていない・或いは苦手な人にとって難しいと感じる要素に「距離感を掴みにくく攻撃を当てにくい」というのがしばしば挙がりますが、本作では敵の近くに行って攻撃ボタンを押すだけでもある程度までならゲーム側が当てに行ってくれるので操作が比較的簡単になっています。ただし背後にいる敵は方向転換を挟まないと当てに行けないぐらいの補正で甘やかしすぎない調節にはなっている印象でした。
Rスティックでカメラの操作もできますが、そこまで弄らずともゲーム側が自動で見えやすいように調節してくれるのもありがたい所です。でもコレクションアイテムはプレイヤー自らカメラをグリグリ動かさないと見つからない場所に隠されていたりもします。
一見上級者向けに見えるアクションのジャスト回避とジャストガードも判定はそこまで厳しくなく、相手の攻撃モーションが見えたら即発動でも大体決まるのでパリィが苦手な人は本作で練習してみるといいかも。決めればダメージ無効化に加えて相手がピヨる効果もあって、メリットがわかりやすく大きく中々に爽快です。
ここまで色々と操作しやすく難易度も易しめになっているのは本作が若年層をターゲットにしている事が理由として挙げられそうです。コロコロコミックでコミカライズされている事も鑑みるに、人生で初めて3Dアクションを触れる小学生辺りもターゲットとして想定しているように思えます。
逆にゴエモンシリーズのファンにとっては物足りないと感じる可能性が結構高いかも。最終作の『がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻』が発売されてからもうすぐ20年経とうとしているのもあって、ゴエモンを遊んだことがあるという人はほぼ成人済みでしょうしアクションゲーム慣れしている人も多いと思うので…。
また、ZL+A/B/X/Yで変化することで御伽噺の英雄の力を使う事ができます(要ライセンス)。変化中はバケルギーというゲージを消費し続けますが、敵を倒せば簡単に溜められるのでガンガン使っていって大丈夫です。
イッスン変化は体を小さくして狭い道を通れるようになるというもので戦闘能力は皆無ですが先に進むために必須の変化キンタロウ変化はゴツいアームで近距離攻撃特化ウラシマタロウ変化は釣竿で遠くの敵を引っ掛けて連続攻撃モモタロウ変化は銃による遠距離攻撃特化。イッスン以外は戦闘向けの能力で固められています。
ぶっちゃけるとウラシマタロウが強すぎてキンタロウとモモタロウは出番が無くなりがちでした。ウラシマタロウ変化は遠距離まで攻撃できる上に狙いもつけやすいし連続ダメージを与える仕様で火力もかなり高いというモモタロウ涙目の性能で、近距離戦も苦手という程でも無いしで火力射程速度いずれも揃えているオールマイティ変化なので基本これだけで無双できます。
イッスン変化以外の変化を用いるステージギミックがないというのも、わざわざ遠征してようやく得た能力なのにもったいないように感じた所。キンタロウでないと壊せない強固なブロック、モモタロウの銃でないと当てられないマト、ウラシマタロウなら海中からオブジェクトを引っ張り上げられるみたいな専用ギミックがあっても良かったんじゃないかと思いました。

体力が無くなる・もしくは穴や水や溶岩に落ちるとミスとなってお金を幾らか落として直前のチェックポイントから復帰します。残機は無いので何回でも復活できますし、落とすお金もそこまで多くはなく(1回につき0~100)、ミスした場所次第で戻るまで時間がかかる事以外ペナルティはキツくないです。
体力は敵がドロップ&万屋で買える食べ物で回復できます。お祭り軍団が落とすだけあって出てくる食べ物はわたあめやたこ焼きやかき氷など屋台の定番品がほとんど。
最初は回復できる機会が少ないと感じていましたが、チェックポイントにいる万屋から食べ物を買って回復すればいいのに気付いてからはやられる回数は減りました。仮にやられた所で大したペナルティはないので、買うのが面倒でスルーしたり回復し忘れても特に問題にはなりませんでした。
万屋は食べ物以外も取り扱っていて、それらのアイテムはかなり強力なものが揃い踏み。30秒間無敵になる「シールドグミ」・所持しているだけで体力ゼロから一度だけ全快できる「みがわりくん」など強力な効果を有するアイテムがお手頃価格で売られているのでこれを使って乗り越えるのも手。
私は使える物は使う派なのでシールドグミとみがわりくんを備えとして1個は必ず持ち歩いてました。シールドグミは本当にどうしようもならない時の最終手段として常備していただけで結局出番はありませんでしたが、みがわりくんはそこそこの頻度で発動させていましたね…。

舞台は47都道府県全部!

徳島から始まったバケルの冒険は最終的には47都道府県全てにまで及びます。省かれる所なく全ての都道府県がステージになっていたのは良かったと思う所です。
ステージの中は各都道府県にある観光地をちーっと誇張した形で再現しています。お気に入りのステージを例に紹介すると、石川県は兼六園・山口県は秋芳洞・福岡県は八幡製鉄所・山梨県は富士急ハイランドが元ネタだと思われます。


日本各地を巡れるゲームって気軽に旅行気分が味わえるので好きです。ステージ内の雰囲気が似通っている都道府県(Ex. 鬼ヶ島モチーフの香川県と八幡製鉄所モチーフの福岡県・富士急ハイランドモチーフの山梨県とディ〇ニーランドモチーフの千葉県)もいくつかあったりはしますが、元になった観光地が何となくわかるお陰で納得できました。
至る所にお祭り軍団が潜んでいたり遊んでいたりで正にお祭り騒ぎしているのも賑やかで楽しいポイント。屋台の前に列を作っていたり・ハート型の小島の上でデート(?)していたり・プールで遊んでいたりと、敵でありながらも可愛い様子を見せてくれます。
個人的には至る所に紋様があしらわれているのもいいな~と思いました。水の青海波模様とか日差しの七宝模様とか、紛れている紋様を探してみるのも地味に楽しかったです。
各ステージ(ボス戦専用ステージを除く)にはコレクションアイテムとしておみやげが3つ・話しかけるとうんちくを教えてくれるウンチクが5箇所に配置されています。プラスして一部ステージにはオブジェクトに化けた隠れタヌキがいることも。
おみやげは各都道府県のペナントが1つ+特産品が2つずつ用意されてます。例えば徳島だとすだちが拾えます。

分かりにくい所に置かれている事が多くて、しっかり探さないと全部は見つけられないようになっています。隠し小道や屋根の上などに注意。
ウンチクのうんちくは結構へぇ~となるような事も教えてもらえます。コレクションと知識欲の両方を満たせて一石二鳥。

教えてもらえるうんちくも都道府県の特産品や文化に関する内容のものがチラホラ。こちらはおみやげよりかはわかりやすい所にいますが、数が5個と多いのでうっかり見逃すことも少なくないです。
隠れタヌキはステージ内に置かれた木箱やパラソルや自販機といったオブジェクトに化けている所を何回か叩いてやると姿を見せてくれます。こちらは七草加癒を探す段階になると探せるようになります。

タヌキ達が化けたオブジェクトには耳やしっぽが生えていたり・タヌキの顔模様が描かれていたりと見た目で判別する要素はあるにはあるのですが、模様が小さかったり変化が小規模なものも多くてかーなーり判別困難です。私もこのタヌキ達には手を焼くことに…。
道を進んでいってステージの終端にある太鼓タワーを叩いて悪祭退散させればステージクリア。太鼓タワーのバリアを破るには道中にあるちょうちん型制御装置を3つ破壊しておく必要があるので、見つけたら破壊&デストロイ。

中には獅子舞型ロボットのまゆげに乗ってレースしたり・シューティングゲームになる少し特殊な構成のステージもあります。レースステージは三重県(鈴鹿サーキット)、シューティングステージは高知県(四万十川)など。

このタイプのステージにもおみやげとうんちくは用意されていますが、レースステージのおみやげはゴール時の残りタイムに応じて貰える個数が変わるようです。どのステージも40秒ほど残してゴールできれば3つとも貰えました。

さらに一部のステージは超巨大なロボットと戦う専用のステージになっています。こちらも分福をロボットモードにして応戦!

ロボ戦ではパンチやビームでダイナミックな戦いを繰り広げることになります。大阪ステージではたこ焼き型のロボを相手にビルを破壊しながらの戦闘に。
ちなみに分福ロボの性能は艦内にいるエンジニアタヌキのケイタが強化してくれます。発見済みの隠れタヌキが多いほど強化項目が増えるようです。
ロボ戦専用ステージにもおみやげとうんちくはあるのですが、クリア時に自動で登録される形なので探索要素はありません。このタイプのステージだとおみやげの説明が見れないのがちょっと残念…。
レース/シューティング/ロボ戦ステージはあっさり終わってしまうのもあってボリュームに欠ける印象があったので、探索メインのステージが別に用意されているとありがたかったかもと思ったり。それとは別に北海道だけ北海道らしさが微塵も感じられないステージだったのは気になった点でした。
集めたおみやげは分福船内に展示、教えてもらったうんちくは日本マップのXメニュー>うんちく帳から確認可能。隠れタヌキも分福の中に滞在するようになるので、探索すればするほど拠点が賑やかになるのも達成感を感じられた所。



総評:日本中を巡るお祭り活劇!大人も子どもも楽しめる良作3Dアクション!

お祭り集団が相手というのもあってとにかく賑わっていた印象の作品です。各都府県の観光地がステージになっていたり、特産品がおみやげというコレクションアイテムとして登場したりと、旅行気分も楽しめる作品でした。
攻撃時には自動的に近くの相手を狙ってくれたり・ミスしてもお金が減らされて1個前のチェックポイントに戻されるだけとペナルティも控えめで、アクション慣れしていない人でも楽しめる調整になっています。一部のボスはジャストガードやジャスト回避ができないとちょっと苦戦するぐらいの強さはありますが、万屋のアイテムが強力なヘルプアイテムとなっているのでそれを使えばどうにかなります。
全体的に遊びやすく仕上がっているのもあって、『星のカービィ ディスカバリー』と同じぐらい3Dアクション初心者にもオススメできる作品です。子どもから大人まで楽しめるハズ!
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー