プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch】スーパーマリオオデッセイ レビュー

 
『スーパーマリオオデッセイ』を購入しました!!
20210822194619496.jpg
ずっと前から期待していた3Dマリオの新作。私がスイッチの購入を決めた理由となったタイトルの一つでもあります。

・タイトル:スーパーマリオオデッセイ
・発売元:任天堂
・開発元:任天堂
・対応ハード:Switch
・定価:6578円(税込)
・発売日:2017年10月27日
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・CERO:B(12歳以上対象)
・プレイ人数:1〜2人
・権利表記:©2017 Nintendo
・公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/aaaca/sp/index.html

どういう人にオススメ?
・3Dマリオシリーズが好きな人!
・ゲーム内で色んな国を旅してみたい人!

良かった点
・オープンワールドでは無いが1つのマップが広め
・各地にムーンが隠されており、その数も800以上と豊富
・滝、海、森、都市といった色んな都市が存在
・敵に乗り移って操作できる「キャプチャー」が面白い
・残機とゲームオーバーの概念が無くなりトライアンドエラーがしやすくなった

賛否両論?点
・一部ミニゲームの難易度が高い
・回復手段がハートのみになったのでHP0でやられることも増えた

備考
・インターネット通信対応
・amiibo対応
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

新要素「キャプチャー」

今作では新システムとして帽子(キャッピー)を投げることができ、特定の敵や物に当たると乗り移って操作が可能になる要素が追加されています。
お馴染みのクリボーからリアルな恐竜などバリエーションも豊かで、操作や能力も固有のものが用意されていて、さしずめカービィに出てくるコピー能力「ゴースト」のようです。
クリボーなら氷や濡れた床の上でも滑らないファイアブロスならファイアーボールを投げることが出来るようになる他、電気(!)や木(!?)と言った無機物にも乗り移れます。乗り移った状態だとちゃんとマリオの顔になるのも面白い
最初のうちは帽子投げが難しく感じたのですが、慣れると帽子投げでジャンプの距離や高さを稼いだりすることもできるようになりました。

色んな国で色んなムーンを集めるのが楽しい

2021082219474874e.jpg20210822194750235.jpg
20210822194651094.jpg2021082219462150b.jpg
今回はオデッセイというタイトルらしく様々な国を舞台に冒険します。そのためか1つのステージがかなり広く、オープンワールドとまでは行かないものの探索しやすい作り。
国ごとに住んでいる種族も違っていて、「砂漠の国」ではメキシコの民族衣装に身を包んだガイコツ、「森の国」では木を植えているロボット、都市の国ではリアル人間と同じ等身の人達が住んでいるなど、観察するのも面白いです。
また、今までのシリーズとは異なり、パワームーン(今作のスター)ごとにシナリオを選択する必要がなく、「ドンキーコング64」の黄金バナナ、「バンジョーとカズーイの大冒険」のピースのように1つ入手しても同じステージをそのまま冒険できる仕様になっています。
そのぶん、ムーンの数は3Dワールドまでのスターと比べるととても数が多い(900弱)です。たとえるならゼル伝BotWのコログ集めをメインコンテンツにした感じに近いかも。
ムーンのヒント自体は多いのでコログ集めほど不親切には感じませんでした。エンディング後にもムーンが追加されるので、まずは必要な数だけ集めてクリア後にコンプリートを目指した方がいいと思います。
他の収集要素にローカルコインという特殊なコインがあって各国で別にカウントされ、一部のコスチュームの購入に必要になります。
こちらはかなりわかりにくいところにあり全部集める難易度が高いです。一応、amiiboのウエディンククッパを読み込むことで一番近いローカルコインがマップに表示されるという救済措置はあるのですが…。

トライ&エラーしやすい仕様に変更

今作にはゲームオーバーの概念がなく、奈落に落ちたりライフがなくなったりするとコインが10枚減るようになりました。
元々ゲームオーバーのペナルティが小さいシリーズなのであんまり気にはならないのですが、ミスした場所から近い所からやり直せるので今まで以上にトライ&エラーがしやすくなっています。
ただ、難易度は若干高くなったと感じました。ライフの数が初期値だと3と少なく回復がしにくくなった(今まではコインを取るだけで回復できたのですが、今作ではハートを取らないと回復しない仕様に)ため、ライフがなくなってミスするケースも増えたように感じます。
特に後半のボス戦はライフの少なさもあり結構きついです。

ちょっと残念なポイント

残念な点は携帯モードでプレイしている時も一部本体を振る操作が要求される点
携帯モードだと画面ごと揺らさないといけないので酔ってしまうんですよね…まあそこまで多用する操作じゃないので気にするほどではないのですが、砂漠の国でキラーを使わないと取れないムーンは振る動作が必要になってくるのでちょっと難しかったです…。
それと右スライドパットで視点を操作できるのですが、この視点操作を毎回自分でやる必要があり面倒に感じました。どれかのボタンでマリオがまっすぐ向いてくれる視点に自動で合わせられるような機能は欲しかったかも。

総評:3Dマリオ好きなら遊ぶべきソフト

私は既にエンディングを見て、クリア後の要素を楽しんでいる途中です。
クリアにかかる時間は必要最低限のムーンだけ集めて大体5~6時間程度でしたが、収集要素の多さ+クリア後に追加される要素の多さもあり、長い時間遊べるゲームだと思います。
3Dマリオを遊んできた方にはもちろん、初めてプレイする方にもオススメのゲームです。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #マリオオデッセイ #Switchソフト #アクション #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: