3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

【PC/Switch】『マサラダタウン物語』を遊んだ感想&レビュー【クリア済】

2024/04/12
ゲーム感想&レビュー 0
PCゲーム Steamゲーム DLsiteゲーム Switchソフト RPG
『マサラダタウン物語』を購入しました。

e-shopでセールしている所を掘り出した作品です。タイトルの可愛い女の子とどこかで聞いた気がする町の名前で気になっちゃいました。
個人?のサークルさんが制作した作品のようで、PC向けにはSteamだけでなくDLsiteでも販売されています。可愛いけどエッチくはない健全ゲームです(IARC:3+)。
プレイ時間は全ての実績を埋めるまでやって10時間程。ゲーム部分は少々荒削りではありましたがダラダラと遊べる作品でした。

任天堂の公式オンラインストア。「マサラダタウン物語 ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。
鉱山を掘って掘って掘りまくる、見習い採掘師の女の子の田舎暮らし物語。「DLsite 同人」は同人誌・同人ゲーム・同人ボイス・ASMRのダウンロードショップ。お気に入りの作品をすぐダウンロードできてすぐ楽しめる!毎日更新しているのであなたが探している作品にきっと出会えます。国内最大級の二次元総合ダウンロードショップ「DLsite」!
・タイトル:マサラダタウン物語
・発売元:
sugar star / BokiBoki Games(Steam版)
・開発元:sugar star
・対応ハード:PC(DLsite/Steam)/Switch
・定価:
-DLsite版:1430円(税込)
-Steam版:1350円(税込)
-Switch版:1000円(税込)
・発売日:
-DLsite版:2022年11月3日
-Steam版:2022年11月9日
-Switch版:2023年12月21日
・ジャンル:RPG
・IARC:3+(3歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:sugar star
・公式サイト:
https://lit.link/sugarstarLink

どういう人にオススメ?
・のんびりと採掘師ライフを送りたい人!

良かった点
・レベル制度でジュエルちゃんの成長を実感できる
・寄贈できる鉱石は48種類とそこそこ豊富で博物館では解説も読める
・住民たちが個性豊かで個別エピソードも面白い

賛否両論?点
・ハンマーをアップグレードしてない内はスカしまくるのが少しストレス
・アナログスティックでは操作しづらい
・フィールドの一部がチラついたりとバグっぽい挙動が多め

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)



見習い採掘師ジュエルの町おこし大作戦!

主人公は見習い採掘師のジュエル。困った時にはぴえんとか言っちゃうぴえん系女子です。
画面には常にジュエルちゃんが映っていて右側の視認性が少々悪め。HPが減ると少し傷ついたり・疲労度が溜まりすぎるとバテたり・アルバイトの時はちゃんと制服に着替えたりと色んな表情を見せてくれます。
本作の舞台であるマサラダタウンにはギルドから派遣されて来ました。町長曰く地元で採れる鉱石で町おこしをしようと採掘師を寄こすよう依頼したとの事ですが、ベテラン採掘師ではなく未熟なジュエルが来たので色々と心配されてしまいます。
ポ○モンマスターを目指す少年の出身地とよく似た名前の町ですが、周辺にはポ〇モンの代わりにスライム等のモンスターが生息しています。モンスターがいたり・ギルドの存在がほのめかされていたりで世界観はゆるめのファンタジー。
近辺には鉱石の採れる洞窟が3箇所存在します。そこで採れる鉱石やモンスターの体内でできる魔石で博物館を充実させて観光客を呼び寄せよう!…というのが町長が考えているプランらしいです。

ジュエルが使うのはハンマー。採掘にもモンスター退治にも欠かせない大事な仕事道具です。
ハンマーはZRで振り降ろせます。振る度にSP(気力)を消費し、尽きると倒れたりはしないものの攻撃や採掘ができなくなってしまいます。

洞窟では鉱石を採掘したり・モンスターを倒しつつ階段を見つけて奥へ奥へと潜って行く事に。地下深くまで潜らないと出てこない鉱石というのもあるので、SPが許す限りはどんどん潜っていきたい所。
階段は鉱石を掘り出した時たまに出現するなど『Stardew Valley』の洞窟探索とよく似た仕様になっています。ただし途中のエレベーター等が無く、最奥を目指す際も一気に降りきらないとダメでSP回復アイテムが攻略において重要になってきます。
SPだけでなく洞窟に生息しているモンスターや床に生えたトゲにも要注意。触れるとHP(体力)を削られてしまいます。
HPが尽きると倒れてしまって強制的に町へと戻されます。愛犬のペロちゃんが家まで引きずって助けてくれるものの、次の日の朝まで時間が進んでしまう上にSPはほとんど回復しないというペナルティがあります。
基本的にはゆるいゲームではありますが、ジュエルちゃんが見習いだからなのか最初の内は結構しんどく感じるかも。序盤が一番キツくて後になるほど少しずつ改善されていく感じです。
まず、初期ハンマーでは命中率が70%しかないのでモンスター相手にも鉱石相手にも空振りまくるのが序盤のキツキツポイント1個目。ゲームで命中率70%と表記されている時って体感50%ぐらいしか当たっていない気がするのですが、本作も例に漏れず7/10も当たっている気がしないのと3~5回連続でスカる事もよくあって少々ストレスでした。
ハンマーをアップグレードすると改善されるので後になるほど気にならなくなるのですが、見習いとはいえ動かない鉱石相手にスカしまくるのは不器用すぎない…?と思ってしまう所。最初はただの石を集めるだけでも結構大変です。
また、本作には鉱石を掘れば掘るほど採掘レベルが・モンスターを倒すほど戦闘レベルが上がる成長システムがあるのですが、採掘レベルが低いと硬い鉱石を頑張って掘っても失敗扱いで何も得られない可能性が高いのが序盤のキツキツポイント2個目。レベル制自体はジュエルちゃんの成長を感じられて好きだけど、採掘レベルについては低いと掘るのに時間がかかるけど頑張れば入手自体は確定という仕様の方が好きだったかも…と個人的には思う所。
採掘レベルが上がるとHPとSPも延びるので、尚更のこと最初の方の当たらないしSPも少ないのが大変だったように感じます。ちなみに戦闘レベルを上げると攻撃力と防御力が上がります。
後は隠しステータスの疲労度にも注意が必要で、食事を取らないでいると疲労状態に陥り攻撃力にマイナス補正がかかってしまいます。疲労度は寝るだけじゃ回復せず、キッチンクラクラで料理を注文するか医者のセレンに診てもらうかしないと回復しないし、どちらの方法もお金がかかるのに最初のうちは超薄給なのも加わって金銭面でもカツカツなのが序盤のキツキツポイント3個目。
それとは別に、操作性があまり良くないのとバグっぽい挙動が多いのは最初から最後まで通しで気になったポイントでした。小規模サークルさんの作品なので目くじらを立てても…とは思う一方、今後の更新で修正されたらいいなと思う所です。
△▷▽◁ボタンだと斜め移動も普通にできるのに、アナログスティックで動かそうとすると上手く斜め移動してくれません。それなら△▷▽◁ボタンだけで操作すれば良くない?と思ったら、会話中に選択肢が出た時にはアナログスティックじゃないと選択できないなど、どっちで操作するにも操作性が良くないと感じてしまいます。
バグっぽい挙動に関しては、たまにテクスチャの切れ目が線として見えてしまったり・移動しながらハンマーを振ると凄いスピードでタックルする事があったり・ネズミン系の敵を殴るとダメージモーションが表示されず瞬間移動したように見える事がある…など、細かいものがいくつか。詰むような状況には遭遇しなかったので及第点ではありますが、チラチラと気になる所でもありました。
洞窟から出る階段が消失してしまう現象もありましたが、あくまでも見た目で表示されていないだけで本来あるべき場所を調べると問題なく脱出できてホッとした事も。当方遊んだのはSwitch版ですが少し重い気が…?という場面もあったので、最適化不足が原因で表示バグが引き起こされている可能性は結構高そうです。
あとは注意点なのですが、タイトル画面のカーソルが初期状態だとSTARTに合わされているせいでAを連打していると最初からになってしまうので気をつけてほしいです。LOADが俗に言う続きからなので起動する度にタイトルでカーソルを動かす必要があります。

入手した鉱石の使い道は博物館に寄贈するハンマーのアップグレード素材として使う売っぱらってお金にするの3つ。寄贈した鉱石が増えるのに合わせてストーリーも進行します。
ジュエルはギルドから派遣されてきた派遣社員なので、仕事で町にいる間は5日毎に給料が支払われます。しかし初任給は300Gで、キッチンクラクラで一番安いホットドッグ(200G)を1個頼むだけで半分以上無くなる労基駆け込みレベルの薄給です…ご飯もマトモに食えないじゃん!
給料は博物館の充実度と町の評判が上がるのに応じて増えていきます。10日毎に訪れる査定日にジュエルの仕事ぶりを評価されて、次の給料日から評価に見合った給料が支給されるという妙にリアリティのあるシステム。
ただし展示室を埋めても1500Gぐらいまでしか給料が上がらないので、結局最後までお店でのアルバイトや鉱石を売る副業を平行してやらないと足らないです。アクセサリーまで揃える予定なら1個4000Gと高額な物もあるし。
寄贈可能な鉱石は48種類とそこそこ豊富。石などの鉱石系・モンスターからドロップする魔石系・アメジストなどの宝石系・大理石などの建材・コハクや化石などの化石系といった感じにカテゴリー分けがされています。

寄贈済みの鉱石は博物館にて解説を読む事が可能です。結構しっかりした解説を載せてくれるのは頑張った甲斐にもひとしお。
買取は博物館にいるライルがやってくれますが、一日毎に決まったカテゴリーの物しか買い取ってくれない上にカテゴリー内の全ての物をまとめて売ることしかできないのでやや不便です。未寄贈の物があれば返してくれるとの事ですが、それ以外はバーッと売っぱわれちゃいます。
給料以上に稼げる方法でありながら、目先の金にくらんで鉱石類も売ってしまってやっちゃった…という経験もありました。宝石・化石・魔石は売っても大丈夫ですが、ハンマーのグレードアップに必要な鉱石と空き家改装で要求される建材は売らずに取っておくのが吉。

中々に個性強めな住民たち


マサラダタウンに住む人達は個性派揃い。ただし博物館による町おこしに懐疑的な人も多め。
町にいる人たちを紹介すると、査定人兼妹のキャンディ・町長のザビィ・町長夫人で博物館の受付を担当しているエリザベス・博物館の買取担当でちょっぴり電波なライル・もの優しげな鍛冶屋のオズワルド・博物館反対派でとにかく態度が冷たいリンダ・キッチンクラクラで働くダウナー系ギャル店員のクララ・無口な大工のアンドレ・気だるげな医者のセレンが最初から話しかけられる人達です。残り1人は最初は町にはいなくて酒場が建つと夜限定で会えるようになる人です。
最初の方は話しかけても冷たくあしらわれたり普通に暴言を吐いてくる人もいてちょっぴり傷つきました。一部の人たちには会話を持ちかけても「冷やかしなら帰れ」「税金泥棒とは話したくない」「仕事中に話しかけてくる人って正直邪魔なのよね…」とそこまで言う!?と思うようなセリフを吐かれてしまいます。
そんな態度の人でも何日に分けて話しかけて友好度を上げれば少しずつ打ち解けていく事が可能です。でも個人的に言葉のナイフが鋭すぎると感じてしまった人は仲良くなってきたと実感できるまでは「商品を見る」を押して何も買わずにウインドウを閉じてできる限り会話を少なくして乗り切りました…
めちゃくちゃキツイ態度をとってくるリンダですら最終的には和解まで持っていけるので、厳しい言葉を投げつけられても適度にスルーしつつ根気よく話しかけていくのがオススメ。友好度を上げると各キャラクター毎に用意されたエピソードを読めるし、交流レベルを上げるとHP/SPとラック(モンスタードロップに関係してそう?)が上がります。
この個別エピソードが中々に面白いのが本作のオススメポイントだったりします。意外な一面があったり・過去や胸の内を打ち明けてくれたり、第一印象に負けず劣らずのインパクトがある話が多くて読んでいて楽しかったです。
ほっこりする物や悲しい過去を語ってくれる人もいれば、倫理的に考えてヤバい人だったというホラーな話もあって話のバリエーションが豊かでした。ゲーム内の話でゾクッとしたのは久しぶりかも…。
キャンディに尋ねると現時点でエピソードが読める人を教えてもらえるので要チェック。ちなみにキャンディちゃんは1回話かけるだけで友好度が5も上がるシスコン妹でこれまた強烈なキャラクターです。



総評:こじんまりして可愛い♡採掘師スローライフ

小さい村で採掘師としての仕事をしつつ住民たちと仲良くなる、キュートな生活ゲームです。
生活シミュレーションとしてはかなりシンプルな造りで『Stardew Valley』の洞窟をメインにした感じ。掘り出した鉱石を博物館に寄贈しにいく事でストーリーが進みます。
バグっぽい挙動が多めだったり気になる所はあるのですが、住民たちが個性豊かなのと仲良くなると読めるエピソードが面白かったので個人的には好きになれた作品です。あとジュエルちゃんを初めとしてキャラクターが可愛いのもGoodポイント。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー