3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

Switch版『Miitopia』の体験版を遊んでみた感想

2021/05/05
ゲーム感想&レビュー 0
Switchソフト RPG Miitopia
今回はSwitch版『Miitopia』の体験版を遊んだ感想です。
miitopiaS_demo.jpg
製品版のレビューはコチラ↓
Switch版「Miitopia」を購入しました。ジャンルは「みまもりシミュレーション」。勝手に動くMii達を見守りながら安全地帯や体力回復のふりかけを用いてサポートするRPGです。今作は3DSで発売されたソフトのリマスター版です。システムやストーリーの流れは3DS版と変わらないので、今回は追加要素や変更点のみレビューさせていただきます。変更点は体験版レビューでも語りましたが、ストーリーを通して遊んだ感想を踏まえて改めて書...


体験版を遊んだ時点でわかったことは、今作は3DS版MiitopiaにMii編集機能の強化・追加要素を足したものであること。
あくまでリマスターで続編ではないのでストーリーはほぼ同じままっぽい。3DS版プレイ済み勢としては追加ストーリーが欲しいところ。
体験版の時点でMiiの登録が500人までできる上に製品版にも引き継げるようなので、製品版を買う人も先に体験版で作っておくのもアリ。ついでに超絶パワーアップした編集機能を触ってみて欲しい所です。
もちろんSwitch本体に登録したMiiも呼べます。3DSやWiiUなどからSwitchにMiiを移動させる方法についてはコチラで解説しておりますので、3DS版のメンバーを連れてきたい人は参考にしていただけたらと思います。

一番の進化点はMii作成の自由度が大幅パワーアップしたこと。Mii自体のパーツは増えていないのですが新機能の「メイク」の自由度が凄い。
自由すぎて版権キャラそのままの見た目や人外キャラまで作れるレベル。既に再現度が高すぎるMiiがいくつも出てきています。


純粋に使えるパーツの種類が多いながらも貼り絵の容量で作っていける手軽さもあって、キャラメイクは前作以上に楽しいです。メイクのパーツは最大100個までという制限こそありますが、正直それでも十分すぎる。
前作で使っていたオリキャラのMiiもこんな感じでより再現度を上げられました。
20210505061501c0a.jpg202105050614596b2.jpg
20210505062827243.jpg20210505062220a4a.jpg
20210505061504b7d.jpg20210505061503c78.jpg
目・まつ毛・アイシャドウ・まゆ毛・口に指定したメイクパーツは表情に合わせて動いてくれるので、ちょっと変わったMiiを作っても崩れることが無くなったのも◎。
シールというパーツを使えば表情で移動しない部分も再現できるようになったので、髪の毛の一部やエルフ耳とかを生やせるようになったり、ピアスやイヤリングといったアクセサリーもある程度再現可能。
一方でウィッグの方は思ったよりも種類が少なかったという感想。もう少し髪の色とかを細かくいじれたり、細かいパーツを追加できたらよかったかも。
一部分だけウィッグをつけるとかアホ毛とかだけ生やすとかできれば1000点満点でした。髪の動き方がMiiの地毛と比べて凄くリアルになっているのは良点ですが、おさげは良いのに後頭部の髪型が気に入らないことが結構あって、おさげだけ付けたかったな〜と思うMiiもいます。
それでも十分すぎる自由度だと思います。実際外国を中心にMii制作が流行っており、版権キャラやネタものが多数作られています。
逆に言えば、Miiらしくはなくなってしまったと言えるかも。あの再現しきれなくてデフォルメせざるを得ない不自由さから来る素朴?なデザインも好きだったので少し寂しくもあります。
でもやっぱり自由度は高い方がいいので、もしトモコレ新作やSwitch本体のアップデートが来るなら今作同様のメイクは欲しいです。
ちなみに、私が作ったMiiもアクセスキー「5CN1JP6」で配布中です。オリキャラばかりなので需要はないとは思いますが。

ここからはゲームの内容についての感想。
ゲームシステム自体は3DS版とほぼ変わらず。なので詳しくは3DS版のレビューを見てくれると幸いです。
画質や音質等は間違いなく向上していて3DS版の正統パワーアップ版と言った感じ。特に画質の向上は凄まじく、光沢と影のリアルさや服の素材感がすごく綺麗になっていて水の透明感も素敵。
ただ2画面では無くなった弊害もあって、ふりかけや安全地帯の使用や宿屋のレスポンスが悪くなったのが難点です。Switchもタッチ操作可能なハードであるはずですが、本作ではこれらの操作をスティックとボタンでやらないといけなくなっていて直感的に操作しづらく感じます。

ここからは新しく追加された要素についてご紹介。体験版の範囲でわかる新要素は「デート」と「馬」の2点。
まずは「デート」について。デートをするには新アイテムのデートチケットが必要で、宝箱から入手できることを確認しております。
miitopiaS_demo2.jpg
デートではチケットをあげたMiiともう1人の好きレベルを上げられます。行き先はカフェや映画館など色々あります。
デートイベントそのものの感想ではないのですが、個人的には完全新規のイベントがあるだけでも凄く嬉しいです。デートスポットによっては登録している他のMiiがエキストラとして登場するのも好き。

次は馬について。Miiではありませんが、一緒に旅ができるだけでなく戦ってもくれる新しいパーティメンバーと言った感じの存在。
馬の見た目や名前もいじれます。性別も決められますが特に性差はない模様?
miitopiaS_demo3.jpg
馬とMiiとの間にも好きレベルが存在していて、戦闘中に馬に乗るには好きレベルが3以上なのが条件です。騎乗状態だと攻撃力が上がります。
宿屋にも馬小屋が追加されていて、Miiと同室で一晩過ごすことでも好きレベルがアップします。馬小屋にMiiを入れるとひとりぼっちができてしまうのが少し悩みどころ…。
唯一のMii以外の仲間キャラクターなので新鮮味はあります。今後のストーリーでどのぐらい関わってくるか期待。

その他の要素でちょっと残念なのが、Miiの共有にSwitchOnline加入が必要な点。QRコードの作成・読取機能も削除されたので、他の人のMiiを貰うのが実質有料に。
ここに関してはスイッチ本体の仕様が原因なのでしょうがないとは思うのですが、リマスター元より不便になった点は正直悪目立ちします…。
他人のMiiを割り当てる際にもアクセスキーでもらうかフレンドが公開しているMiiでないと配役できません。3DS版のオンラインにアップロードされていたMiiから選べる機能はあるものの、メイク機能が増えている関係で見た目に差が出過ぎてしまうので3DS産そのままのMiiで代用したいとは思わないですね…。
自由度が上がった分、不健全な内容含むMiiを投稿する人が出てくるのを懸念した結果このような仕様になっていそうです。自由すぎるのも難しいですね…。
自動で他の人が作ったMiiを配役できる機能もなくなってしまい、NPCにもデフォルト以外のMiiを割り当てる時は自分で一人一人配役しないといけなくなりました。
全部ランダムに決めてカオスな配役になるのも好きだったので悲しい。せめて自動配役機能は残してて欲しかった…旅人の街も他人Miiが来なくなっているかも…。
ついでにいえば新しい性格や職業の追加もなさそうなのが個人的には一番残念。もしかしたら製品版では追加されているかもしれませんが、今のところはそのような情報はなし。
特に職業は戦車や花など面白いものが多いのでもっと増やして欲しかったかも。賢者や王子とかを使えるようにして欲しい…。
アップデートでワンチャンあるかもなので期待はしておきます。有料DLCでも出してくれたら買うので…
体験版を遊んでみて面白そうだと思ったら製品版を買ってみてください。

© Nintendo
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー