プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch】ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング レビュー

 
「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を購入しました。
20210614232928572.jpg
ゲームの裏側…もといプログラムの仕組みをレッスン形式で学べるソフトです。
プログラムと言うとソースコードをキーボードでカタカタと打って…と小難しいイメージですが、このゲームでは「ノードン」という予め何を担当するか決まっているパーツを繋ぎ合わせて簡単にゲームを作れます。
お値段も3000円程度とお求めやすめ。将来ゲームを作る側になりたいと考えているお子様・プログラムの仕組みを簡単に知りたいゲーマーのお勉強にはうってつけの内容。
自分でゲームを作ってオンラインで公開する機能もついているので、第2のマリオメーカーやメイドイン俺になれそうなポテンシャルを持つゲームだとも思います。
・タイトル:ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング
・発売元:任天堂
・開発元:任天堂
・対応ハード:Switch
・定価:パッケージ版:3480円(税込)/ダウンロード版:2980円(税込)
・発売日:2021年6月11日
・ジャンル:プログラミング
・CERO:教育・データベース
・プレイ人数:1人
・権利表記:©Nintendo
・公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/awuxa/

どういう人にオススメ?
・ゲームのプログラムの仕組みを学びたい人!
・自分でゲームを作ってみたい人!

良かった点
・「ノードン」を繋げるだけで簡単にプログラミングできる手軽さ
・3Dのゲームも作れる
・ロジックメインで一見複雑なAND条件やNOT条件の使い方も分かる
・スティックやボタン以外にもタッチ・ジャイロ・赤外線での入力にも対応
・オンラインで作ったゲームを配布したり遊んだりできる

賛否両論?点
・複雑なプログラムを組むとノードンを繋いでいる紐が絡まって視認性が悪くなってしまう
・操作できるキャラのアセットは種類自体が少ない
・テクスチャノードンのキャンバスは少し書きづらい

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

ノードンを繋げてプログラミング

今作のプログラミングはタッチ操作がメイン種類毎に役割が決まっている「ノードン」同士を繋げるだけで簡単にプログラミングできちゃいます。
20210614232858808.jpg
例えば、スティックノードンとヒトノードンの左右のポートを線で繋げば人型のキャラクターがスティック操作で動くようになり、ボタンノードン(Bボタン)とヒトノードンのジャンプのポートを繋げばBボタンを押すことでキャラがジャンプができるようになります。
ノードンの種類は人型のキャラクターを動かすためのヒトノードンスティック入力を伝えるためのスティックノードンボタン入力を伝えるためボタンノードン壁や障害物となるモノノードンなどの分かりやすいものから、ロジック関係だと常に同じ数値を情報として出力する定数ノードン2つのシグナルが同時に入力されている時にシグナルを出すANDノートンシグナルが入っていない時にシグナルを出すNOTノードンなど、多岐に渡ります。
公式サイトにもノードン一覧があるのですが、パッと見何に使うのかよく分からないものまで取り揃えられていて応用の幅も広そうです。
ノードン達には人格があり性格づけもされているおかげで覚えやすくなっています。レッスンではノードン同士でおしゃべりすることも。
また、ヒトノードンやモノノードンなどの目に見えるオブジェクトや視点を調節するカメラノードンはプログラミング画面で設定した座標とゲーム内での座標が一緒になるように設置されるので、オブジェクトを置く時の複雑な座標設定をしなくて済む手軽さもあります。
プログラミング画面でXボタンを押して視点を変えることでノードンの配置を3Dでも行えるので、3Dマップもモノノードンの配置で簡単に作れてしまいます。
ただし、モノノードンを自動で動かす時に使うフリースライドれんけつノードンなどは移動方向などをXYZ座標で指定する必要があるので、Xは横軸・Yは縦軸・Zは奥行軸の事を指していることは最低限の知識として覚えておいた方がいいです。
複雑なプログラムや3Dマップを組むと紐がゴチャゴチャして見にくくなる難点はありますが、ノードン整理用のノードン(ワイヤーワープ(入口・出口)ノードンや自分メモノードン)を駆使して見やすくする方法もあります。
1つのゲームで設置できるノードンの数は500個程という制限があるので、大作を作りたい場合は「ゲームきりかえノードン」というノードンを使うといいかも。

「ナビつきレッスン」と「フリープログラミング」

今作にはステップアップ形式でプログラミングの仕組みを学べる「ナビつきレッスン」自分で1からゲームを作る「フリープログラミング」2つのモードがあります。
ナビつきレッスンでは合計7つのレッスンがあり、2D鬼ごっこゲーム・2Dボードゲーム・2Dシューティングゲーム・2Dアスレチックゲーム・3D脱出ゲーム・3Dレースゲーム・3Dアスレチックゲームの作り方を学べます。
「ノードンの繋ぎ方や役割が全然分からない」という方はナビつきレッスンから始めるのがオススメ。基本的なノードンはだいたいレッスン内で教えてくれます。

2D鬼ごっこゲームを完成させた時の見た目と裏側↓
202106142328548b6.jpg
20210614232855718.jpg

1レッスンの所要時間は通すと40~80分ほど。1レッスン辺り7~10回に分けて説明してくれるので毎日コツコツやるのも手。
レッスンを終えると、「ノードンガイド」が更新され既に学んだことのあるノードンの特徴や応用技を個別に見ることができます。
1つのゲームを作り終えると、学んだ内容をクイズ形式でテストする「チェックポイント」が現れます。
クイズの難易度は少し考えたら解ける程度のもの。チェックポイントクリアで晴れて次のゲーム作りに進むことができます。
レッスンを一通りクリアしていれば、フリープログラミングでゲームを作れるようになる程度の知識は身につけられるので後は試行錯誤しつつ学んでいくといいかも。
全てのノードンをレッスン中で使用できるわけではないので、出番が少なくなりがちなノードンは全てのチェックポイントクリア後に出るエクストラチェックポイントやネット上の解説動画で使い方を勉強することになります。

もう1つのモードであるフリープログラミングではまっ白なマップ上に自分で自由にノードンを配置してゲームを作っていきます。
配布用のゲームを作るならこっちのモードで。操作はナビつきレッスンと同じですが、説明等は一切ないのでレッスンを一通り終えて知識をつけた段階で触れるのがベスト。
スティック操作・ボタン操作以外にも、画面タッチ・ジャイロセンサー・赤外線に反応するゲームも作ることができるので、工夫次第で色んなジャンルのゲームを作ることができると思います。後は発想力との勝負。
作れるゲームジャンルやルールの幅は広い一方で、見た目のカスタマイズはしにくくなっています。
特にプレイヤーが動かせるように設定できるオブジェクトは弄りにくく、バリエーションも色ぐらいしか変更できず例えばヒトノードンはロボットのような見た目しか選べません。
本来なら複雑なプログラムを組む必要のあるキャラクターの動きを簡単に設定できる代償だとは思いますが、主人公として使えるキャラもヒト・UFO・クルマのみと少なめ。シューティングやレースゲーム以外のジャンルを作る時は大体ヒトノードンを使ってゲームを作ることになると思います。
テクスチャノードンを用いれば自分で素材を描くこともできますしキャラにも貼り付けることができますが、正方形のキャンバスしかなく綺麗な絵を描くのは難しいです。
テクスチャノードンの絵は四角いドットで描かれる方式なので頑張ればドット絵なら描けそうな感じですが、見た目はある程度妥協してゲームの内容に拘った方が面白いゲームは作れそうです。

総評:遊ぶだけでゲームプログラムの仕組みを知れる楽しい教材

世間でよく言われるプログラミングは文字だらけで初心者バイバイになりがちな分野ですが、今作は視覚的なわかりやすさに特化しており初心者でもロジックを理解しやすくなっています。
プログラムについて全く触ったことない方・ゲームは好きでもプログラミングはてんでダメだったという方でもわかりやすく学べるので、ゲームプログラミング入門教材として選ぶなら最適なソフトと言っても過言じゃないかと思います。
ただ、今作は本来なら存在する細かいコーディング作業をバッサリ切り捨てていることもあって、実際のプログラミング作業とはだいぶかけ離れてしまっている点も少なくないです。
まあ、そこを再現してしまうとわかりやすさは間違いなく損なわれますし・使う言語をどうするかとかの問題も出てくるので、初心者がゲームが動く仕組みを理解するだけなら今作のUIが最適解だとは思います。
今作でロジックをマスターした後、コーディングまで足を踏み出して学びたいなら「Scratch」という言語から触れてみるといいかもしれません。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #Switchソフト #ゲーム制作 #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: