プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch】ペーパーマリオオリガミキング レビュー

 
『ペーパーマリオ オリガミキング』を購入しました!!

Switch初のペパマリです。前々作のスーパーシールが個人的にビミョーな作品だったので様子見していましたが、ネット上では好評価が多かったので購入しました。
私が前作にあたるカラースプラッシュを未プレイなため、この記事はスーパーシールと比較した表現が多くなっています。ご了承ください。

・タイトル:ペーパーマリオ オリガミキング
・発売元:任天堂
・開発元:インテリジェントシステムズ
・対応ハード:Switch
・定価:6578円(税込)
・発売日:2020年7月17日
・ジャンル:アドベンチャー
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:© 2020 Nintendo
Program © 2020 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
・公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/aruua/index.html

どういう人にオススメ?
・パズルや謎解き要素が好きな人!
・スーパーシール路線が嫌いではない人!

良かった点
・ストーリーのボリュームは増えてRPGとしては十分な量に
・ボス戦はギミック満載で楽しい
・穴埋め、フィギュア、ミニゲームなど収集要素も豊富でかなり広いマップ
・世界観の制約の中でも頑張って個性づけられたキャラクター達が登場

賛否両論?点
・戦うメリットの少ないザコ戦は解消されないまま
・バトルでいちいちパズルをやらされるので疲れる
・イベントでの即死罠もあるがノーヒントな場面も少なくない

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)
結論から言いますと、スーパーシールと比べると圧倒的にシステムもボリュームもグラフィックも良くなりました。
グラフィックは3DSとSwitchの性能差が大きいのでしゃーなしとして、紙のように薄かったストーリーはかなり厚くなりました。小ネタもブラッキーなもの含めて多めです。
全体的にRPG要素よりも謎解きやパズルに寄った仕様になっていますので、謎解き好きの人の方に勧めたいゲームです。
逆に言えば、「マリオストーリーやペーパーマリオRPGみたいに仲間と一緒にコマンドバトル」というものでは無いので、オリジナルキャラクターや仲間要素が好きだったという方には残念ながら向いていないと思います。
クリアまでの時間は20時間程度で難易度は若干高め。バトルシステムの難しさに加え、道中にも即死罠があったりするので気を抜くと割と死ねます。

パズル要素強めの戦闘は少しめんどくさい

まずはバトルシステムについて。
今作のバトルは公式曰く360°バトルというものになっておりパズル要素が非常に強く、それも難しめのものが多いです。
雑魚戦では横4列・縦6列のレーンからなるフィールドに並んだ敵を制限時間内に決まった配置に並べ替える(ジャンプ攻撃:一直線上、ハンマー攻撃:中心に近いレーンで2×2ボックス型、など)ことで、マリオの攻撃力が上昇し敵を一網打尽にできる仕様です。
敵の数が増えるほどパズルも難しくなりマリオが1ターンで行動出来る回数も増えるので、基本的にはパズルを解いて1ターンで倒しきるのが定石です。
パズルが解けないと攻撃力も上がらないし敵の攻撃もかなり痛いし戦闘は伸びるしでペナルティが大きめ。そのため、プレイヤーのパズル力によって難易度が激しく上下します。
敵の出現パターンによってはマックス3回までレーンを動かすことができるのですが、パズルが苦手ではない(と自負している)私でも制限時間が1分近くあっても解けきれないほどに難しいものも出てきます。
「基本的に同じ種類の敵は一度に攻撃できるように配置するのが正解」という仕様に気づくと少しは簡単になるのですが、それでも時間切れになることが多々。
攻撃はハンマー・ジャンプ・アイテム使用で行いますが、通常のジャンプ・ハンマー攻撃はアイテムの消費なしで使用できます。当たり前の仕様に見えてこれができなかったスパシが異常ではあるのですが、戻ってよかった。
強化版のキラ○○といった武器も使い切りではなく複数回使いまわせるようになっています。個人的にはこっちのシステムの方が断然好きです。
また、チュートリアルで攻撃とガードのアクションコマンドの説明もしてくれるようになり、タイミングがわかりづらかったハンマーもちゃんとゲージが出るようになってわかりやすくなったのもgood。

ボス戦は仕様が少し異なり、レーンの上にある矢印の方向にマリオが移動するので、ボスに近づけるように矢印を配置しつつアクションパネルや魔法陣を踏んで攻撃するシステムになっています。

ボスはレーン移動の妨害をしてくる上、特定のターンや向きで特定の攻撃をすると大ダメージを与えられたり・全く効かなかったりするので、レーン上に落ちているヒントを読んで戦法を考える必要があります。
個人的にボス戦はすごく面白いのですが一度しか戦えないのが残念。再戦機能が欲しい…。
バトルの度に頭を使うのである種の脳トレみたいなゲームとも言えます。演出はサクサクなのでテンポはいいと思いますが、こちらが考える時間が長くなりがち。
経験値という概念もなくレベル差によるゴリ押しもできないので、パズル苦手な人はかなり苦戦するバトルシステムとなっています。
パズル苦手勢に対する救済措置は一応あり、コインを消費することで制限時間を延ばしたり・キノピオがレーンを自動で回してくれる機能もあるので、コインを稼いでバンバン使って楽にするという作戦も取れなくはないです。
そういう意味ではコインを稼ぐためにザコ敵を倒すメリットも出てきてはいます。まあそのザコを倒すためにパズルを解かないといけないという、鶏が先か卵が先か的な問題点があるのですが…。
逆に言えば、パズルが得意で救済処置などいらないという人はザコ敵と戦うメリットはほぼないです。いちいちパズルを解くのも大変ですし、勝ってもコインかカミッペラしか手に入らないのでエンカウントしないことが効率的なのはあいかわらず
コインはフィールド上でも手に入るのですが、1回のバトルで手に入るコインの量は今作ではゆうに3桁を超えるので今までのシリーズを遊んでいるとそのインフレっぷりに笑いが込み上げてきます。
そんなコインですが要求される量も多く、アクセサリー(戦闘を有利にできるものもあり)を買ったりストーリー中でコインが必要になったりでカツカツになることも…。

広いマップと豊富なコレクション要素

ここからはフィールド・コレクション要素について。かなりボリューミーになりました。

メインストーリーはかなりのボリュームがあり、3時間以上プレイしてようやく最初のボスを撃破できるぐらいの厚み。1面1面が非常に長いです。
フィールドもマリオストーリーのように繋がったフィールドを移動する形式になっており、背景やテクスチャの作り込みも凄く紙らしさもグンと上がりました。
全体のフィールドは非常に広く目的地が遠いと移動が大変ですが、各地にある数字の書かれたドカンや研究室出張所でワープできます。
収集要素も豊富で、キノピオ救助・隠しブロック・フィギュア集め・カミッペラを使った穴塞ぎするための探索が楽しい。マップで収集率も出してくれますし。
特にキノピオ救助はかくれんぼみたいで楽しいです。怪しいと思った場所には大体いるし、わかりにくい場所にいる個体もキノピオを探知するアイテムがあるのでノーヒントではないですし。
キノピオ救助はストーリーを進める上での恩恵もあるので積極的にすることをオススメします。助けたキノピオの数が多いほどバトル時のお助け機能がパワーアップする上に、中には体力の上限が増えるアイテムをくれる個体もいます。
ミニゲームも豊富でストーリー中いくつか挑戦することになる他、中には報酬でフィギュアが手に入るものもありやり込み要素と言えるかも
ただ、ミニゲームの難易度も結構高めで人によってはわずわらしく感じてしまうと思います。個人的に川下りはストーリー中クリア必須なのに強制ゲームオーバーありで難しいと思いました。コインを全部とるといいものが貰えるそうですがクリア出来る気がしない…。
ついでに気になった点を挙げるなら、コース中でも少ないながらもヒント無しの即死トラップが存在している点。その時の死に様も、ドッスンに踏まれたり・ワンワンに襲われたり・ハサミで切られたりと生々しい物も少なくないです。
特に天空スパーランドの分岐はヒントがないのに複数回間違えると即死というちょっとイジワルな仕様。カメックはもっと主張してほしかった。

制限の中で頑張って個性づけされたキャラ達

最後にキャラクターについて。
オリジナルキャラはナビゲーターのオリビアとラスボスのオリー王・ボスの文房具ぐらいしかおらず、他にはクッパを始めとするクッパ軍団やキノピオなどの顔なじみがほとんどです。
これは宮本さんの「世界観を壊さないようにマリオ世界のキャラのみで完結して欲しい」という意向が大きく関与しているので仕方がないのですが、個人的にはマリオストーリーやペーパーマリオRPGのように個性的なキャラクターが多数いる方が好きなので残念です。
仲間キャラは一応存在します…が、任意のコマンドは選べず一時的な加入でオマケ的な扱い。ただキャラクターとしてはしっかり立っているので悪くは無いし世界観の制限がある中でかなり頑張っていると思いました。
フィールド上にいるキャラクターも同じ種族でもセリフや服装で特徴付けられている個体も多く、使い回し感はあまりないのはgood。特にキノピオはかなりの数がいるのですが、性格や口調だけでなく折られ方も違っていてバリエーション豊富。
ナビゲーターのオリビアについてですが、箱入り娘的なキャラクターで多少人使いは荒いもののルーシーみたいに高圧的ではなく無邪気で世間知らずな可愛らしいキャラクターになっています。ヒントが役に立たないことがしょっちゅうありますがまあ許せる。
ちょっとネタバレになるのですが、ボスもかなり個性的で見た目は文房具そのままながらキャラクターが濃いのでコレはコレでアリだと思いました。サイコパスなハサミとファンキーな穴あけパンチくん好き。

総評:ザコ戦以外は割と好き

バトルに関しては面倒くさい面が多く前々作同様ザコ敵を倒すメリットが少ないままだったのがマイナス点。経験値システムは復活してもいいと思います。
パズル仕様のバトルシステムは賛否別れそうなポイントですが、ボリュームやストーリーは十分厚いのでストーリーを読みたい派の人やパズル好きな人にオススメできる作品です。
ただやっぱりキャラクター面はスーパーペーパーマリオまでに比べると味気なく感じるところも少なくないです。ボム平とか探検家キノピオはもっとついてきてほしかったかも。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #ペーパーマリオ #Switchソフト #RPG #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: