プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch】ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド レビュー

 
「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド」と「ポケットモンスター シャイニングパール」を購入しました。

自分用にダイヤモンド・妹用にパールを購入。タイトルが歴代トップレベルに長い上ダサい…。
個人的にポケモンの中でダイパが一番思い入れのある作品なのですが、そのリメイクである今作はまさかの外注・しかも初報動画の微妙すぎるグラフィックのせいで期待よりも心配の方が大きかったです。
まあでも元が良作なので忠実に再現すると言っている以上悪くはならないと思って2本とも予約しました。剣盾と同じようなグラフィックでシンオウ地方を歩きたかったとは今でも思いますが…。
バージョンによる違いは出てくるポケモンぐらいしかないので、2作まとめて1本のレビューとさせていただきます。


・タイトル:ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール
・発売元: 株式会社ポケモン
・販売元: 任天堂
・開発元:株式会社イルカ
・対応ハード:Switch
・定価:6578円(税込)
・発売日:2021年11月19日
・ジャンル:RPG
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:
©2021 Pokémon.
©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
・公式サイト:
https://www.pokemon.co.jp/ex/bdsp/ja/

どういう人にオススメ?
・「ポケットモンスター ダイヤモンド/パール」を遊んだことがない人!
・オリジナル版発売当時の懐かしさに浸りたい人!

良かった点
・戦闘中のグラフィックはピカブイと同じぐらいの質で悪くない
・細かいところまで再現されたマップやシステムには懐かしさを感じる
・ゲームスピードの上昇やひでんわざ要員を連れ回さなくても秘伝技を使えるようになったなど改善点も多数ある
・スーパーコンテストやちかつうろなども多少仕様が変わったものの復活
・ちかつうろ改め地下大洞窟では色んなポケモンに出会える

賛否両論?点
・戦闘中以外のグラフィックはトレーナーが二頭身になっていたりとデフォルメ色強め
・フィールドで連れ歩くポケモンの大きさが異常に小さい
・四天王やチャンピオンが歴代トップレベルに強い
・ちかつうろのひみつきちが石像を置くだけの場所になってしまった

備考
・ローカル通信、インターネット通信対応(要:SwitchOnline加入)
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

グラフィックは否寄りの賛否両論


今作が叩かれがちな理由のうち、最も目立つのはグラフィック周り。
バトル中のグラフィックは剣盾とまでは行かずともピカブイとは対して差がないレベルなのですが、フィールド上では二頭身になるのが気に入らないという人が多い印象です。
この点に関しては私もリアル等身で遊びたかった派なので不満が爆発するのも分かります。ピカブイよりちゃちく見えるグラなのは事実だし…。
一方で二頭身にした理由も何となく予想できます。DSのドット絵を再現したらこうなったとか、ポケトレとの兼ね合いを考慮した末の妥協案が二頭身だったのかなーとも思わなくもないです。
…それでも、せめてイベントシーンぐらいはリアル等身でやってほしかったです。DPってシリアスで難解なストーリーなのにオモチャみたいな見た目のせいで緊張感が薄れてしまっているんですよね…特にアカギ関連のイベントがシュール…。

もうひとつのグラ関連の不満点は連れ歩きでついてくるポケモンが小さすぎること。

オリジナルにはない連れ歩きが追加されたこと自体は喜ばしい事なのですが、大きなポケモンを連れ歩く時は妙に縮小されてしまっています…。
ピカチュウとかポッチャマとか小柄なポケモンを連れ歩いている時は違和感ないのですが、エンペルト(1.7m)みたいに主人公より大きなポケモンは明らかに小さくなっています。
オリジナルと同じ世代のHGSSですら連れ歩くポケモンのサイズが少なからず反映されていたのに、それから10年以上経ってから発売されたゲームでこれはちょっと…と思いました。不具合だとしても仕様だとしても改善して欲しいです。
エンペルトですらアレ?と感じましたが、ディアルガ(5.4m)やホエルオー(14m)など大きいポケモンになるほど違和感が増していきます…主人公を二頭身にするならポケモン側も「みんなのポケモン牧場」みたいにデフォルメされたグラフィックにすれば良かったのにと思いました。

システムはいい感じだが、ストーリーの難易度は歴代トップ

グラフィック以外はオリジナルを再現した要素も改善された要素もいい感じです。
再現されている要素は多岐にわたり、マップの形・トレーナーが出してくるポケモン・ポケッチの仕様・全国図鑑のポケモンが493匹という点など、本当に細かいところまで再現されています。
大きな要素だけ見ると良く言えば忠実・悪く言えば変わらなすぎという感想。ほとんどの場面で懐かしいと感じる代わりに目新しさはあまり感じられませんでした。
第五世代以降のポケモン(ニンフィア含む)もいなければ、メガシンカもないしZワザやダイマックスもありません。そもそも本作にはレート戦自体がないので対戦周りは非常にミニマム。
その代わりに、図鑑には第4世代までのポケモン493匹全員が登録できますし全員連れ回すことが可能です。プラチナで追加されたギラティナのオリジンフォルムやロトムのフォルムチェンジもいます。
再現された要素で個人的に嬉しかったのはポケッチ・化石掘りがタッチ操作でもできること。
DSや3DSのゲームがSwitchに移植されるとタッチ操作がオミットされてしまいがちなのですが、今作ではタッチによる操作も忠実に再現していたのにはビックリしました。
特に化石掘りは当時めちゃくちゃハマっていたので、それがそのまま遊べるだけでも買った価値があったと思えるぐらいには嬉しかったです。また頑張って石や化石を集めたい。
一方で、細かい仕様には改善点も多く見受けられます。ゲームスピードの上昇・ひでん技要員を手持ちに入れなくてもポケッチから秘伝技を直接使えるようになったり・自動的に手持ち全てのポケモンに経験値が入るようになったり・どこからでもボックスを使えるようになったり・着せ替えができるようになったりなど、最近出た作品と同じようなシステムが追加されています。
特にゲームスピードに関しては大幅に改善されていて、オリジナル版ではHPゲージの減りがすごく遅かったり・ボックスをいじった後にレポートを書くと1分ぐらい書き続けたりと全体的にすごくノロマだったのが、リメイク版では剣盾と変わらない程度にまでスピードアップしています。
ひでん要員がいらないのも楽ですし、オートがくしゅうそうちシステムも手持ちを育てやすくて助かっています。オリジナル版を今やったらかなり冗長に感じるかも。
でもバトル中のUIや操作性に関してはタッチ操作できるオリジナルの方が優秀です。特にポケッチはRボタンで出したり引っ込めたりしないといけないしタッチの精度も良くないしで利便性は下がりました。
DSシリーズの二画面自体がRPGと相性のいい構造だったので、一画面しかないSwitchで出た本作とを比べるのは少し酷かもしれませんが…。上画面にフィールド・タッチ操作できる下画面にコマンドを配置できるメリットが大きすぎた。
着せ替えも新しく追加されています。剣盾に比べると服の種類が少なく全身のコーディネートが1つになってしまっているものの、可愛らしいものが用意されていて結構好きな要素です。

トバリシティのゲームセンターが無くなった代わりにブティックができているので、そこで服の購入が可能になっています。
ゲームセンターが無くなるのは近年の動向から予想はしていましたが、まさか服屋さんになるとは思いませんでした。ちなみにブティックで流れているBGMはゲーセンのアレンジだったりします。

経験値が稼ぎやすくなった代わりかストーリー攻略の難易度は逆に上がっています。特にジムリーダー達は手持ちのポケモンこそ変わっていなさそうですが、AIが賢くなったのか普通に積み技を使ってきたり弱点を補うような技を繰り出してきます。
苦戦した記憶のないスモモにすら負けそうになりました…アサナンが壁を貼ってきたり、ルカリオがビルドアップで積んできたりと明らかに強くなってます。
一番ヤバイのはチャンピオンで、ミロカロスにかえんだまを持たせて特性のふしぎなうろこ(状態異常時に防御1.5倍)を発動した上でじこさいせいによる回復までする高耐久を活かした戦法をしてくるし、エースポケモンのガブリアスに至ってはつるぎのまいでバフをかけた後に600族の火力で殴ってくるというえげつない戦法を取ってきます。ストーリー中に戦うトレーナーの中で歴代一強いと言っても過言ではないかも。
でも正直に言うとポケモンのストーリーに高難易度は求めていないので今回のポケモンリーグの難易度はやりすぎだと思いました。こっちのアイテム入手や育成環境が整っていない状態なのに相手は持ち物も個体値努力値もガチなのは難しいを超えて理不尽。
レベリングすれば行けるとはいえ、野生ポケモンのレベルはチャンピオンロードで45・大地下洞窟でも50ぐらいなのにチャンピオンは60以上を使ってくるのでそれを上回ってレベル上げするのは普通に苦行。
難しくするのはいいけどBW2みたいにチャレンジモードとして別口に高難易度モードを用意して、ただ単にクリアするだけなら難易度は控えめにして欲しかったです。
殿堂入り後の再戦四天王やチャンピオンはさらにガチ構成の手持ち+レベル70〜80以上でかなり歯ごたえのある戦いができます。クリア後のやり込みで難しいのは歓迎。

ちなみに、Switch本体に「ポケットモンスター レッツゴーピカチュウ/レッツゴーイーブイ」のセーブデータがある場合はミュウが、「ポケットモンスター ソード/シールド」のセーブデータがある場合はジラーチがゲーム内で入手できます。


手に入るのは最初のジムリーダーを倒してソノオタウンについたタイミング。ソノオタウン左下にいる老夫婦に話しかけるとその場で渡してくれます。
ストーリー中に幻のポケモンが手に入るのは歴代でも破格の特典。しかも親名が自分名義なのでニックネームも付けられちゃいます。
早期購入特典(2022年2月21日まで受け取り可)でタマゴが貰えるマナフィも合わせると、幻のポケモンが3匹もいる豪華な旅パも作れます。
クリア後+シンオウ図鑑のポケモンを全て見た後の要素にはなりますが、第三世代までの伝説ポケモンを捕まえるための施設も新登場しています。
かつてのパルパーク(GBAソフトからポケモンを連れてくる施設)があった場所には「ハマナスパーク」という別の施設が立てられていて、そこにゲームカードリッジ型の石版を持っていくことで伝説のポケモンが入手可能になるようです。

ボールカプセル・スーパーコンテスト・ちかつうろは仕様が変わったものの復活

ダイパにはあったけどHGSSやBW以降では無くなってしまっていた、ボールカプセル・スーパーコンテスト・ポフィン作り・ちかつうろも復活。
ただしコンテストやちかつうろに関しては仕様が大きく変更されていて別物になっています。
まずはコンテストについて。場所はオリジナル版と変わらずヨスガシティにある会場で参加できます。
今作のコンテストは最初に劇中で使う技を一つだけ選んで音ゲーをしながらアピールする形式で1回5分あれば終わります。コンテスト1回にかかる時間が短くなり手軽になった代わりにやりごたえは損なわれた印象。

オリジナル版にあったおめかしタイムがなくなってアクセサリーはボールカプセル(ボールデコ)のシールで代用する形になっていたり、ダンスをするパートと技を見せ合うパートがくっついて1つになっていたりと、変更点が多く元の仕様はわずかに名残を残している程度。ポフィンで上がるコンディションが評価に影響する点は唯一変わらないみたいです。
ポフィン作りは通信プレイができなくなり・ふれあい広場でも作れるようになったこと以外は元と同じ仕様…かと思わせておいて、美味しいポフィンを作ることがなかなかできませんでした。
どうも同種のきのみを2個以上入れてしまうとまずいポフィンしかできないみたいです…過去作からある仕様らしいのですが2人以上でポフィンやポロックを作ることがなかったので知らなかったし、しかもなぜかタッチ操作不可でスティックを回さないといけないので指がつる…。
とりあえず、コンテスト用のポフィンを作るためにもきのみを集めてこないと…今作のきのみは柔らかい土に植えると時間経過で収穫できます。

ちかつうろは「地下大洞窟」に名前が変わり、地上にはいないポケモンを含む色んなポケモンが暮らす空間へチェンジ。
地下大洞窟には2番目のジムリーダーを倒してハクタイシティで「たんけんセット」を手に入れると行けるようになります。
オリジナル版のちかつうろと同じように壁を掘って採掘したりひみつきちを作れる通路部分・ポケモン達が暮らす洞窟部分に別れています。

洞窟内はシンボルエンカウント形式で環境に合わせたポケモンがたくさんいる、シンオウ版ワイルドエリアといった感じの空間です。出てくるポケモンのレベルは手持ちのレベルよりも高く、ヘルガーやサイホーンなど珍しいポケモンも生息しているのでレベリングや図鑑埋めに使えそう。
ひみつきちは家具を置いたりすることができなくなった代わりに石像を置く空間になっていて置いた石像の種類に応じて洞窟に出るポケモンが増える仕様になっています。
ひみつきちのレイアウトは好きな要素だったので無くなってしまったのは残念ですが、石像を発掘して集めるという新しい楽しみが増えたのでイーブン。

総評:良くも悪くもオリジナルに忠実な「リメイク」作品

リメイク作品って本来なら今作みたいに再現したものを指すのかなーとも思いました。ORASとかはどちらかと言うとリブートとかリイマジネーション作品ですよね。
オリジナルを再現した仕様が多い一方で改善点も少なくはないので悪い作品ではないと思います。最近DS版を遊んだ人・バトフロやレート戦がないとやる気が出ない人・2頭身デザインが受け入れられない人以外は普通に楽しめると思います。
強いて言うならディアパルの新形態ぐらいは欲しかったかも。シンオウ三龍の強化はレジェアルまでおあずけ?
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #Switchソフト #RPG #レビュー #ポケモンBDSP

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: