3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

ポケモン剣盾 ダイマックスアドベンチャーで良個体&色違いを狙うコツっぽいもの

2021/04/15
ポケットモンスター 0
ポケモン剣盾 色違いポケモン
今回は「ポケットモンスター ソード/シールド」の「ダイマックスアドベンチャー」で周回及び色違いを狙うコツ(っぽい情報)をまとめました。
2021041512305173d.jpg
今更ながらも伝説の色違いを狙っているのでついでにまとめた感じです。基本ソロ・稀にオンラインマルチにいます。
ダイマックスアドベンチャーで色違いが出る確率は1%(※ひかるおまもり込)。数値だけ見ればシリーズ歴代でも破格レベルで高いです。
ただし、周回効率が悪いのでUSUMのウルトラワープライドでのシンボル前リセットとどちらがいいかと聞かれると私はUSUM派。1回に5〜15分かかるのはぶっちゃけめんどいし、狙うポケモンによってはクリアすら安定しないし…。
伝説のポケモンもザシアン・ザマゼンタ・ムゲンダイナを除くほぼ全種類が出ます。ジガルデ・ソルガレオ・ルナアーラ・カプ神・ネクロズマは本作で初めて自力産色違いを狙えるようになりました。
ダイマックスアドベンチャーのルール
・ダイマックスアドベンチャーで遊ぶにはエキスパンションパスの購入が必須

・使えるのはランダムに選ばれるレンタルポケモンのみ。交代は道中で捕まえたポケモンと入れ替えるかけんきゅういんイベントでのみ可能

・道中に出てくるポケモンやイベントNPCの配置は毎回ランダム

・最大4乙まで許されるが、HP回復は道中のきのみかポケモン交換でしかできない

・道中でリセットする事によるペナルティ有。連続1~2回目までは注意のみで済むが、連続3回目以降はマックスこうせきを支払わないとプレイさせてくれなくなる

・最後に出る伝説は指定無しだとランダム、指定して潜った場合は確定。マルチの場合は最初に潜った人が指定したポケモンになる

・一度捕まえた伝説ポケモンは再度出現しても捕まえられない

・色違いかどうかはゲットしてみないと分からない

・道中で捕まえたポケモンは終了時に1匹だけ選んで持ち帰ることができる

・ソロだとバージョン別に出現する伝説ポケモンが変わる。マルチだと全ての伝説が出るようになる
ソード限定:ホウオウ・ラティオス・グラードン・ディアルガ・トルネロス・レシラム・ゼルネアス・ソルガレオ
シールド限定:ルギア・ラティアス・カイオーガ・パルキア・ボルトロス・ゼクロム・イベルタル・ルナアーラ


NPCに渡してはいけないポケモン

大体の人がご存知でしょうが、残念ながらこのゲームの味方NPCはポンコツです。使っているポケモンのHPが減っていても交換しないし・補助技大好きすぎて補助メインのポケモンを渡すとまともに攻撃してくれないなど、通常のマックスレイドバトルのNPCと同レベルの知能しかありません。
一番良いのは攻撃技しか覚えていないポケモンかねむりやまひを誘発する技を持つポケモンを渡すこと。次点で壁(ひかりのかべ・リフレクター)を張れるか回復技などアホが使ってもそれなりに役割を持てる補助技を覚えているポケモンを渡すことです。
状態異常技はねむり>まひ>(越えられない壁)>やけど&どくの順に優先度が高いと個人的には思います。やけどとどくは与えた所でスリップダメージが微々たるものにしかならないので、それなら相手の行動を封じられるねむりやまひを狙った方が得策です。
あくまのキッス持ちのルージュラ、さいみんじゅつ+リフレクター持ちのヨルノズク、さいみんじゅつ+ねむり状態の相手と相性がいい技を持つゴースト、でんじは持ちで自己回復可能なミルタンクはプレイヤーが使ってもNPCが使っても強い印象。
ただし、フィールドを貼る技・特性・ダイサンダーによるエレキフィールド展開(ねむり無効化)・ダイフェアリーによるミストフィールド展開(こんらん含む状態異常無効化)を使ってくるポケモンを相手にする場合は注意が必要です。攻撃ついでに状態異常を付与する技ならともかく、状態異常を付与するのみの技持ちをNPCに渡して連れていくと機能不全に陥ります。
回復技持ちはかふんだんごを持つアブリボン、ひかりのかべ+かふんだんご持ちのドレディア、いのちのしずく持ちのタブンネ等がいます。プレイヤーが使う場合のみキレイハナやラフレシアも悪くは無いです。

ここから先はNPCに渡してはいけないポケモンをまとめています。
間違っても自己強化技持ちは渡してはいけません。さんざん積んだ上でいてつくはどうを食らっておじゃんになるのが鉄板です。
アローラサンドパン(つるぎのまい)・ピクシー(コスモパワー)・ドククラゲ(つるぎのまい)・原種ヤドラン(じこあんじ)・ウソッキー(てっぺき)・ヌオー(ドわすれ)・原種ヤドキング(わるだくみ)・ハリーセン(つるぎのまい)・ラグラージ(ドわすれ)・チルタリス(コットンガード)・シザリガー(つるぎのまい)・ドラピオン(つぼをつく)・ロトム(わるだくみ)・ガントル(てっぺき)・イワパレス(からをやぶる)・マラカッチ(つぼをつく)・ヨクバリス(つるぎのまい)・ワタシラガ(コットンガード)・ウッウ(ドわすれ)・ニャイキング(ドわすれ)・タイレーツ(つるぎのまい)・バチンウニ(つぼをつく)・イエッサン(♂)(めいそう)・ダイオウドウ(てっぺき)が該当。
天気やフィールドを変える技を持っているポケモンにも注意。このタイプに関しては状況次第で適切に扱えなくもないのですが、ダメな時はてんでダメになるのでリスクの方が大きい印象です。
NGパターンの例を挙げると、天候変化技の他にみずタイプ技持ちやほのおタイプ技持ちなどダイマックス技の追加効果で天候を変えてくるポケモンを相手にする時・味方に天候を変えるポケモンが複数いる時は、天気を変える→また天気を変える→またまた天気を変える…というループに陥って一切仕事してくれなくなります。
フィールドは天候と同じくフィールドの上書き合戦によるループの他に、アイアンローラー持ちによるフィールド破壊、状態異常を誘発する技持ちのポケモンと特定のフィールドを張るポケモンが組み合わさらないようにも注意が必要です。NPCが状態異常技持ちのポケモンを使う際は優先して状態異常を狙いに行くルーチンになっている上にフィールドの事は考慮してくれないポンコツなせいで、フィールド効果で無効化中の状態異常をかけようとして無駄な技を連発し続けるという事故が起こります。
エレキフィールドでねむりが無効化されているのにさいみんじゅつ連発、ミストフィールドでこんらん含む状態異常が無効化されているのにでんじはやてんしのキッス連発…等。
天候はチェリム(にほんばれ)・ワルビアル(すなあらし)・シンボラー(あまごい)・アギルダー(あまごい)・クイタラン(にほんばれ)・マシェード(あまごい)が該当、フィールドはアローラライチュウ(エレキフィールド)・ラフレシア(グラスフィールド)・キレイハナ(グラスフィールド)・レントラー(エレキフィールド)が該当。
特性で天候やフィールドを変えるパターンもあって、ぺリッパーの「あめふらし」・コータスの「ひでり」・ガラルマタドガスの「ミストメイカー」・バチンウニの「エレキメイカー」辺りが該当。でも場に出た時にしか発動しないぶん技で変える奴らよりは圧倒的に良いです。
ルーム系の技・スワップ系の技・なかまづくり・シンプルビーム・しろいきり・くろいきり持ちもNG。意味もなく行動順をめちゃくちゃにしてくれたり、せっかくの特性を役に立たないものに上書きしてくれたり、上記の積み技持ちのポケモンと合わせると積み技からのしろいきりで仲間内で妨害し合ったりしてわけが分からなくなります。
原種ライチュウ(スピードスワップ)・シャワーズ(くろいきり)・ネイティオ(シンプルビーム)・ネンドール(トリックルーム)・ドータクン(スキルスワップ)・ココロモリ(スピードスワップ)・デスカーン(ワンダールーム)・バニリッチ(しろいきり)・ブルンゲル(トリックルーム)・ランプラー(トリックルーム)・デデンネ(なかまづくり)・オーロット(トリックルーム)・オニシズクモ(なかまづくり)・オーロンゲ(パワースワップ)が該当。
でも強いて言えばちょすいでなかまづくりするオニシズクモはみずタイプがメインウェポンの相手だと神になるので、スイクンやカプ・レヒレやカイオーガを相手にするならむしろ欲しいまであります。
いかりのこな・このゆびとまれ・みがわり・のろい持ちも非推奨です。回復手段が少ない環境でHPを無駄に減らしてほしくないというのが理由です。
特にみがわり持ちは消される度に発動しようとするので運が悪いと攻撃しないまま無駄にHPを削られる一方になるし、のろいミミッキュに至っては自分の残りHPを鑑みずにのろいを使おうとするので自滅します。
バタフリー(いかりのこな)・ピクシー(このゆびとまれ)・プリン(みがわり)・ダグトリオ(みがわり)・シードラ(みがわり)・トゲチック(このゆびとまれ)・ガラルマッスグマ(みがわり)・テッカニン(みがわり)・バスラオ(青)(みがわり)・モロバレル(いかりのこな)・ナゲツケサル(みがわり)・ミミッキュ(のろい)・バイウールー(みがわり)が該当。
カウンター技やこらえる持ちもダメ。レイドバトルの仕様上不発に終わることが多く攻撃チャンスも逃してしまうからです。
リザード(こらえる)・ユンゲラー(こらえる)・ジュプトル(こらえる)・ホエルコ(こらえる)・エモンガ(こらえる)・ナマコブシ(カウンター)・ウッウ(こらえる)・カマスジョー(こらえる)が該当。
壁以外の補助技や他のポケモンに譲る技持ちのポケモンもオススメできません。大抵無駄なことしかしなかったり殴ってくれた方がいいからです。
サンダース(てだすけ)・エレブー(てだすけ)・キレイハナ(てだすけ)・ニョロトノ(てだすけ)・サマヨール(じゅうりょく)・パンプジン(なやみのタネ)・ヤレユータン(さいはい)・パルスワン(てだすけ)が該当。
バリヤードもてだすけ持ちですがリフレクターとひかりのかべを両方持っていて壁張り要員として優秀、ラッキーもてだすけを覚えていますがいやしのはどう+ひかりのかべを使ってくれるのでこの2匹は例外的にアリ寄り。
いばる持ちもクリアが安定しなくなる原因なのでオススメはできません。博打に出るなら他のNGポケモンよりはマシかもですが…。
サメハダー・トドグラー・ビークイン・ワルビアル・アマージョが該当。
攻撃技のみでもメインウェポンがソーラービームなど1ターン待機しないと打てない技だと優先度が下がります。とっとと殴って(泣)
フシギソウ(ソーラービーム)・ピクシー(メテオビーム)・ナッシー(ソーラービーム)・オーベム(メテオビーム)・セキタンザン(メテオビーム)が該当。とびはねるなど一時的にいなくなる技はワンチャン空振りを狙えるので良くは無いけどマシっちゃマシ。
上の条件には当てはまらないもののシンプルに弱いポケモンも避けるべき。命中不安の技か威力の低いりんしょうしか覚えていないベロリンガ・メインウェポンがタイプ不一致のヘドロばくだんなガマゲロゲ・こおり技を持っていない上にどの技も威力が高くないモスノウ辺りは一見良いように見えて地雷です。
後は必ずしもダメでは無いけど注意が必要なのが、特定のタイプのわざを引き寄せて無効化する特性持ちのポケモン。でんきタイプ弱点の相手にでんきタイプで固めようとしてうっかりひらいしん持ちを混ぜたりすると大惨事になります。
「ひらいしん」ででんき技を無効化する原種ライチュウ・ライボルト、「よびみず」でみず技を無効化するマラカッチが該当。相手の攻撃をも無効化できる強特性でもあるのでケースバイケース。

ぶっちゃけNPCに使わせちゃダメなポケモンが多すぎて楽しくありません。さらに言うなら3段進化するポケモンなのに中間進化の姿で出てきたり、種族値が高いと言えるようなポケモンもほぼいないし、そもそも中には人間のプレイヤーでも使い方が分からない技構成のポケモンもいるしで、簡悔と言われても仕方がない仕様が目立ちます。
特にナマコブシはまともな攻撃技がなく、どくどくを使えるもののどく状態よりもまひかねむりを狙った方がいいという救いようのない構成で間違いなく地雷ポケモン。とびだすなかみカウンターも相手のHPが普通のポケモンより多い上にそもそも瀕死になる回数を抑えないといけないルールとは相性が悪くて特性も実質無いようなもので選んだ日には地獄を見ますし、なんでこんなポケモンを混ぜてるの…と言いたくなってしまうような性能です。
NPCがポケモンを交換するか否かもランダムなので、地雷になりそうなポケモンはまず出会わない・仕方なく出会ってしまったらプレイヤーが手持ちに入れるしか対策がないのもキツい…。

道中に起こるイベントについて

道中にはきのみ・バックパッカー・けんきゅういんが配置されていることがあるのですが、それぞれに特定のイベントが起こります。
きのみは手持ちの体力回復(パーティ全員)、バックパッカーは手持ちにアイテムを持たせることができる(パーティ全員)、けんきゅういんはポケモンを交換(1人のみ)。
優先度はバックパッカー>きのみ>(越えられない壁)>けんきゅういん。バックパッカーときのみはどう転んでもプラスにしかならないのですが、けんきゅういんに関しては正直マイナスに転ぶことが多いです…。
というのも、けんきゅういんが渡すポケモンは完全ランダム。平気で最終の伝ポケとの相性が悪いポケモンを渡してくるのであてにはできません。
強いてパーティの手持ちが壊滅的なら賭けに出てけんきゅういんを狙うのもありかもですが、基本的には道中のポケモンを狙った方がいいです。

強いポケモンは運も必要だと心得ておく

最後の伝説も強いのと弱いのとで難易度が変わります。基本的には準伝説(スイクンなど)やUB(ウツロイドなど)の方が禁止伝説(ミュウツーなど)よりも楽な印象。
禁止伝説は種族値の暴力に加えて全体技持ちがかなり多く、特性も厄介なポケモンが多いので運が悪いとあっという間に全滅します。
特に特性と相性がいい全体技を持つグラードンカイオーガゼルネアス、弱点を付きにくい上運が悪いとげんしのちからで全ステ上昇までかましてくるディアルガパルキアが難しい印象。
最悪レベルに難しいのはジガルデ特性のせいで実質体力が他の1.5倍はある上に全体ワザ持ち、さらに砂嵐まで召喚する悪魔的難易度。
ジガルデに関しては道中でこおりタイプが何匹引けるか、優秀なあくまのキッス持ちのルージュラが引けるかで難易度が全然違うので運ゲーです…初めて色違いが狙えるようになったポケモンなのにこの難易度って

貴重なボールで厳選する場合はリセット厳選がオススメ

捕まえるまで色違いかどうかは分からない仕様のせいでガンテツボールなど貴重なボールで狙うのはちょっとめんどくさいです。
もちろんボールの方を複数確保するという手もあるのですが、個人的には勇気のリセット法がオススメ。
道中リセットにはペナルティがあるのですが、連続2回目までは注意のみ・その後一度通してプレイすると回数がリセットされるという仕様を利用します。
2回目までは目当ての伝説を捕まえてみて色違いでなければリセット、一旦別の伝説(ゲット済みでもOK)でプレイ後、また2回目まで伝説を捕まえてみて色違いでなければリセット…を繰り返せば大丈夫です。
というよりなんでこんな変なペナルティをつけたのかが謎。

どうしても道中のポケモンや最初に渡されるポケモンによっては「詰み」と言わざるを得ない状況に陥ることもあるので諦めも肝心です…。
マルチの方がポンコツNPCどもと一緒にやるより比べるのも失礼なぐらい楽になる上に、バージョン違いのポケモンも出てくるようになるのでオススメ。
リア友以外にも、Twitterやネット掲示板とかで色や個体値粘りをしている人を募集して一緒に回るというのもありかも。
ただし、他の人と遊ぶ場合(特に野良プレイで見知らぬ人と挑戦する場合)、タイプ相性については熟知しておくのが最低限・できれば地雷ポケモンを知っておくのがベストです。

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ポケットモンスター