3秒でげーむおーばー。

【Switch/Steam】両手いっぱいに芋の花を レビュー

2022/03/11
レビュー 2
Switchソフト Steamゲーム PCゲーム RPG
「両手いっぱいに芋の花を」を購入しました。

印象的なタイトルに引かれて体験版を遊んだら面白かったので購入したゲームです。ちゃんと芋(じゃがいも)もストーリーに関わってきます。
マップ埋めするタイプのRPGは個人的には結構好きです。体験版だけでも3時間ぐらい遊べちゃうぐらいの内容が含まれている上に引き継ぎも可能なので、気になった人はまずは体験版を。
遊んだのはSwitch版、全ての実績を集めるまでにかかった時間は17時間程でした。結構迷ってこの時間なので遊びやすい長さです。

・タイトル:両手いっぱいに芋の花を
・発売元:PLAYISM
・開発元:Pon Pon Games
・対応ハード:Switch/PC(Steam)
・定価:1870円(税込)
・発売日:2022年3月10日
・ジャンル:3DダンジョンRPG
・IARC:7+(7歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:
© 2022 PON PON GAMES All rights reserved. Licensed to and published by Active Gaming Media Inc.
・公式サイト:
https://playism.com/game/potato-flowers-in-full-bloom/

どういう人にオススメ?
・ダンジョンRPGが好きな人!

良かった点
・近年ではちょっと珍しい一人称視点のダンジョンRPG
・戦闘システムは意外と硬派なバランスでスタミナ管理をミスるとあっさり負ける
・デスペナルティは拠点に戻されるだけでそこまでストレスにならない
・ローポリのキャラデザインが可愛らしくキャラメイク要素も存在する

賛否両論?点
・ランタンの油が尽きると燭台近く以外でマップが見れなくなる上に油は拠点に帰るまで補充されない
・レベリングがかなり大変な上に技能ポイントの振り直しにも多量の鉄が必要になる

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)




一人称視点でダンジョンを探索


近年では珍しい?3Dかつ一人称視点でダンジョンを探索するゲーム。ドアを開けるのにも自ら近づいて開ける必要があります。
ダンジョン内部は同じような景色が続くので方向感覚を失ってグルグルしがちで酔いそうにもなるのですが、行った所から埋まっていくマップを埋めていくのが楽しいダンジョンRPGらしいゲームです。
途中で敵と戦闘になったり・謎解き要素含むギミックもあるので、探索一辺倒という訳ではないのも良いと思います。壁の方をしばらく見つめないと開けない隠し扉もあったりします。
ちょっと面倒だと思ったのは、ランタンの油が切れてしまうと壁に掛かっている燭台の近くまで行かないとマップ(右上に表示されるミニマップ含む)が見れなくなってしまう所。
油が切れるスピードも早い上に補充するには拠点まで戻らないといけません。設置されている燭台の量は割と多いのでそのまま探索できなくもないけれども、この手のゲームでマップが自由に見れないのは辛いので素直に帰っていました。
ダンジョンの数は計4つだけで階層の数も二桁行かない所しかないのですが、一つの階を探索するだけでも複雑だし・特定の形の鍵を見つけないと開かない扉もあり同じ所も何回かに分けて探索する必要もあって、ボリューム不足には感じませんでした。値段を考えるとちょうどいい塩梅。

ちなみになんでタイトルに芋の花というワードが付いているかについてですが、これはダンジョンに潜る目的が「芋の種を見つけて育てて食料問題を解決すること」だからです。見つけるまでがストーリーで育成パートとかはありませんが。
可愛らしいローポリゴンのグラフィックでありながら、世界観は意外とハードで所謂ポストアポカリプス物です。
ダークエルフとかドワーフなどのファンタジーお馴染みの種族も出てくるのですが、隕石の衝突や強大な悪魔の召喚などの理由により数回に渡って文明が滅びてます。都合よく解決してくれる勇者はこの世界にはいなかったみたいです。
ダンジョン内では前文明の遺産らしき道具が見つかることもあって、牛車の車輪の説明に「文明が滅びる度に何回も発明されてきた」とか書かれてたりいて感慨深い。
ダンジョン内で見つけた道具は拠点にコレクションアイテムとして飾られます。探索すればする程拠点が賑やかになっていくのもGoodポイント。

戦闘は意外とシビアでスタミナ管理重視のシステム


ダンジョン内で敵が道を塞いでいる時は戦闘で倒すことで通れるようになります。こちらのパーティは最大3人
体力ゲージと精神力値の他に緑色のスタミナゲージが存在し、攻撃をするにもガードするにもスタミナが必要になります。
スタミナは「構えなおし」コマンドを選ぶことで回復しますが、うっかり切らしてしまっているとガードできず敵の攻撃をそのまま食らう羽目になったり・攻撃のチャンスタイムを逃したり…。
1回通常攻撃するだけで6~8のスタミナを消費してしまうため頻繁に構えなおしする必要もあるし、レベルアップとかでスタミナゲージが伸びたりもしないので常にカツカツ。
敵の行動は予めどんな攻撃を使うか・誰を攻撃するかを見ることができます。ヌルゲーじゃんと思うかもしれませんが、同レベル帯の相手の攻撃をまともに食らうと1~2撃で死ねます
なので、いつ攻撃が飛んできてもいいようにガード用のスタミナは残しておく必要があって余裕があまりないゲームバランスになっています。ボスだけでなくザコ相手でも死ぬ時は死ぬ。

それでいてステータス関連は結構複雑で、防御力や攻撃力・回避率・耐性のある属性・苦手な属性・装備の種類・浮いているか否かなどが敵によって異なります。一応戦闘中にXを押せばガイドちゃんが大雑把にどんな敵か攻撃かを教えてくれます。
どうしても倒せない敵がいるなら合わせた装備を身につけるのもアリ。基本属性は4種類(斬撃と風打撃と地刺突と氷火炎)、それとは別に道具(薬毒)というカテゴリがあります。
体力やスタミナは戦闘ごとに最大値まで回復するのですが、精神力だけは拠点に戻るまで回復できないので攻略中に無闇に使うとすぐガス欠に。
その分?精神力消費が必須になる魔法の火力はかなり高めに設定されている気がします。物理職の通常攻撃では100ぐらいのダメージしか与えられない所に、魔法職が氷柱などを使うと300ぐらい叩き出すことも少なくないです。
戦闘バランスがシビアな代わりか、デスペナルティは拠点に戻されるだけ。倒した敵は復活しますがショートカットルートも多く用意されているので少しずつ進めばOK。
レベリングはしにくめですが、武器防具の強化といった要素もあるので最悪ゴリ押しもできなくはないと思います。
ちなみに極端にレベル差がある敵を倒した場合、経験値は貰えませんが「圧倒的レベル差」というゲージが出てきます。それがMAXになるとキラキラマーク付きの敵が出てきて倒すとアイテムなどを確定?でドロップするみたいです。
敵からのドロップアイテムで装備を作ったり、装備そのものを落とす敵もいるので狩り回るのも少し楽しいかも。




キャラメイク要素も存在しメンバーの見た目や職業を選べる


パーティメンバーの見た目と職業と名前は自分である程度決めることができます。キャラクリ要素のあるRPGはいいぞ。
種族もオーク・ウッドエルフ・ノーム・ダークエルフ・ゴブリン・ドワーフ・ヒューマンから選べて、職業もウォーリアー・ナイト・クレリック・シャーマン・レンジャー・ローグ・ウィザード・ソーサラーから選べます。名前以外の見た目はあとから修正できないので注意。
種族は完全に見た目だけの要素ですが、職業についてはそれぞれスキルツリーが異なるので強みを生かせるような技能(スキル)構成と装備にしたい所。
調査員として所属できるのは最大8人。ちょうど職業の数と同じなので職業1つにつき1人作っておくといいかもしれません。
ただし、レベリングはかなりしにくく拠点にいるメンバーは一切育たない仕様なので、効率を求めるなら最初に作った3人をどんどん強化していくことをオススメします。周回プレイで職業を変えてねということかも。
レベリングは相手とレベルが離れすぎていると経験値が0になってしまう上に同レベルの敵を倒してもしょっぱい量しか貰えないためかなり大変。多少のレベル差補正があるのか格上は手に負えないことも多いし。
特に終盤のレベル35~40が一番辛い時期で、「生い茂る放棄地」の敵や「崖下の窪地」の剣みたいな敵やデーモン族を倒してレベル上げしてました。
技能ポイントは振り直し自体は可能ですが、結構な量の鉄(通貨)がいる上にこの鉄も意外と集めにくいので最初に取りたい技能を決めておくのが良さげです。鉄は装備の強化とかにも必要になるので節約したい。
私はナイト・ウィザード・シャーマンの3人で進めてました。ナイトは防御面が強く他のメンバーを庇うこともできるので最前線でタンクをやってもらい・ウィザードが魔法で攻撃・シャーマンが攻撃しつつ回復役で役割を持たせてました。

総評:可愛い見た目と硬派な戦闘バランスが楽しい良作ダンジョンRPG

シンプルかつ可愛い見た目とは裏腹に硬派なダンジョンRPGに仕上がっている作品。
戦闘面の他、敵のドロップを狙ったり・隠しボスを探したりで楽しく全マップ埋めました。探索できるゲームはやっぱり楽しい。
ラスボスを倒すのに実質必要なボルトを探し回るのも大変でしたが悪くは無い経験でした。ボルトがどうしても見つけられなくてラスボスが倒せないという人のために書いておきますが、「広葉樹林の奥地」2階か3階の隠し扉の奥に1つ・「渓流のほとり」上層に2個(ネタバレ)あります。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 2

There are no comments yet.
純白のマルス

純白のマルス

★コメント返信☆

コメント返信です。

>名無しさん
コメントとアドバイスありがとうございます。
てっきり魔法にも属性があるものだと思ってプレイしてました(ウィザードのスキルに火・氷・大気・地の消費精神力が減るというスキルがあったので…)
敵の耐性も魔法については火しか見れないのも気にはなっていましたが、細かい仕様までは気づけませんでした。記事の方も修正させて頂きました。

2022/03/12 (Sat) 12:09

名無し

このゲームの属性は、斬撃・打撃・刺突・火炎・薬毒です。
作中登場する魔法は、火(火炎)水(刺突)地(打撃)風(斬撃)となっており、いわゆる魔法属性はありません。

自分も最初勘違いしていたクチなので、失礼ながらコメントさせていただきました。(よその記事でも勘違いされていましたし…)

2022/03/12 (Sat) 04:59

スポンサーリンク:

レビュー