3秒でげーむおーばー。

【スマホアプリ/Switch】虹のユグドラシル レビュー

2022/04/21
レビュー 0
スマホアプリ Switchソフト RPG
「虹のユグドラシル」を購入しました。

Switch版が発売されたばかりのゲームですが今回遊んだのはスマホ版です。PVやスクショを見た感じベタ移植っぽかったのでお安いスマホ版の方を購入しました。
「色」をテーマにしたローグライクらしく気になって購入。色とか光とかのカラフルなテーマが大好きなのでついつい惹かれてしまいました。
エンディングまでは6時間程かかりました。ただ中盤でHardからEasyに変えたので、Hard縛りで遊ぶともっとかかりそう。

・タイトル:虹のユグドラシル
・発売元:Otorakobo
・開発元:Otorakobo
・対応ハード:スマホ(Android/iOS)/Switch
・定価:
-スマホ版:860円(税込)
-Switch版:1540円(税込)
・発売日:
-スマホ版:2020年9月11日
-Switch版:2022年4月21日
・ジャンル:色彩変化×ローグライク
・IARC:3+(3歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:©Otorakobo
・公式サイト:
http://otorakoubou.com/Products/RainbowYggdrasil/index.html

どういう人にオススメ?
・ローグライクが好きな人!
・色というテーマに惹かれた人!

良かった点
・RGB値を変えることで主人公の見た目や強さが変わるシステム
・ローグライクとしてはアイテム持ち込みあり&持ち込みアイテムはロストしない親切仕様
・装備にも色のステータスがあり合成強化やハクスラ要素もある

賛否両論?点
・色アイテムを拾う度に立ち止まるのがもどかしい
・マップや敵の位置表示機能がない
・通路にいる時の視界が狭く敵は遠距離攻撃を使ってくるため不意打ちを受けやすい
・アイテムを同時に持てる数が8個と少ない

備考
(当ブログの画像はスマホ本体の機能を用いて撮影)

色が変わると強くなるローグライク


妖精ノルンに導かれた主人公(名前変更可)を操作し、世界樹を登っていくという体でダンジョンをクリアしていくローグライクゲーム。
既に主人公1人残して世界が滅びていたり・世界樹で手に入る記憶のカケラ(スキル)は地球の歴史をなぞっているものだったり・出てくる敵が七つの大罪を象徴する悪魔と同じ名前だったりで世界観は結構好み。音楽も儚げながら壮大で好き。
本作のテーマは「色」。主人公は最初黒髪黒服ですが、ダンジョン内に落ちている光の三原色アイテムを拾うか・色の付いた敵を倒すと主人公の体の色が変わっていきます。
赤ならR緑ならG青ならBのステータスが上がり攻撃力や防御力も上がっていきます。RGB値がレベル代わりで値が大きいほど=白に近づくほど強くなります。
落ちている色アイテムは見つけ次第回収してできるだけ早くカンストを目指すのがセオリー。ダンジョンに入る度に0から上げ直しなので強制レベル1スタートみたいな感じのシステムです。
色アイテムを拾う度に立ち止まってしまう所で少しテンポを損なっていますが、色がステータスになっているという点は面白いし・立ち絵までちゃんと色が変わるのに拘りを感じます。カラフルなゲームは視覚的にも楽しくて大好き。
ダンジョンや敵にも色のステータスがあってRGBR…の三竦みが存在します。階層の色によって拾いやすい三原色アイテムや敵の色が違うので、予め合わせた武器やスキルを持ち込むと少しは楽になるかも?
個人的には任意のタイミングに特定の色を強める手持ちアイテムとかがあると面白かったかな、と思いました。飲むことでR値を増やす代わりにB値が減る薬とか。
RGB値に影響するアイテムであるワンダーフルーツは効果がランダムで頼りにくいし、それ以外だと三原色アイテムや敵で受動的に上げる方法しかないせいで、色の三竦みを戦術に持ち込みにくくなってしまっている印象はありました。

テーマはすごく個性的ですが基礎的な部分に難点多め。特にローグライクには必須と言える地図や敵位置表示機能が無いのは残念な所。
敵を全滅させたり・ボスクラスの敵を倒さないと階段が出ない階層もあるのに、敵が見つからないせいでフラフラ歩き回る羽目になることも少なくないです。歩くと色が少しずつ抜けていくのでできるだけ歩数は抑えたいのに…。
それプラス、通路での視界が僅か1マス先のみで敵からの不意打ちをとても受けやすい仕様となっています。ただでさえ敵の位置を把握しにくいのに狭すぎです。
しかも敵は2〜3マス先でも届く遠距離攻撃を使ってくる種類も多く、通路でかち合った時なんかはこちらが見えていない状態で急に攻撃されたり・見つけた所で空振りして寄せるとかも全然できないので、遠距離攻撃できる記憶のカケラを持っていない序盤は厳しい。
一応、ピッカリマッシュというアイテムを使えば通路含めて照らせるものの、アイテムを持てる数も8個だけと少ないので全階層分持ち込んで…というのはできません。それ以前に体力回復用の薬で圧迫されているのでピッカリマッシュを持ち歩く余裕自体がないです。
体力は初期値の500から増やせず難易度はかなり高め。1体相手するだけでも普通に死にかけるので、囲まれると範囲攻撃スキルでも持っていない限りほぼボコされてしまいます。
ローグライクは元々運要素も強いジャンルなので多少運ゲーになるのは仕方がないのですが、今作の場合は相手の位置を把握しにくく・アイテムの所持数制限も厳しくて道具による対処もしにくいせいで、敵にひたすら出会わないように祈るしかできないのが理不尽に感じてしまったので途中からHardでの攻略を諦めました…。
ストーリーダンジョンは難易度をHardEasyから選べるのですが、Easyでクリアするとスコアが記録されないのでこだわる人は注意。
エクストラダンジョンの方はストーリーダンジョンよりも難易度が高い上にHard限定なのでクリアするのも一苦労です。回復アイテムをめいっぱい持ち込んだ上でスキルや装備の強化が必須。

ここまで不親切な点を挙げてきた一方で親切な点も少なくなく、アイテムをダンジョン内に持ち込むことができるという優しさを感じる所もあります。
ダンジョン内でやられてしまうとその挑戦で拾ったアイテムは全てロストしてしまうのですが、外から持ち込んだアイテムは別枠扱いらしくロストしない温情処置なので必要であれば思いっきり持ち込んでしまってOKです。
ダンジョン内で手に入れたアイテムについても、「記憶の鳥かご」というアイテムを持っていれば途中でやられてしてしまっても外に持ち帰れます。最速で11個目のダンジョンから記憶の鳥かごが出現するのでアイテム周りは非常に有情。
それ以外にも、1回の挑戦で一度のみですが虹色の結晶を10個消費することでその場で復活できます。復活アイテムがストーリーモードには無いも同然なのでイーブンな気もしますが…。
虹色の結晶は復活の他に武器錬成にも必要となる重要アイテム。レアそうな名前の割にはダンジョンから持ち帰ってきた消費アイテムと1:1で交換できるので集めやすくて助かります。
ちなみに、復活アイテムの「女神の涙」はストーリーでは最後のダンジョンにしか落ちておらず・エクストラの方でも高難易度のダンジョンにしか落ちていない超貴重品。なのでストーリーモード攻略中には頼れず、エクストラに挑む前にストーリー最後のダンジョンを周回して集めておく感じです。

武器やスキルを合成して強化する要素も存在


「心器」と呼ばれる武器や「記憶のカケラ」という名のスキルにも色のステータスが存在します。ドロップしたダンジョンで初期のRGB値が違うので多少のハクスラ要素有。
同時に装備できるのは両方とも2個まで。ただし持ち込むこと自体は最大8個(カバンいっぱい)までできて階層の色や場面に合わせて切り替えることも可能です。
これらは同じ名前の装備同士+色結晶で合成することができて、メインと材料のRGB値が少しだけ合計されて強くなります。最大+10まで合成可能。
基本的には後から行けるようになるダンジョンで拾える装備の方が強めかつ、終盤にもなると最初から+1とか+2とか強化された物も落ちていたりします。
星のカケラは使用回数制限もなく強力な分、使用する度にRGB値をコストとして差し出す必要があって連打は厳禁。
ただ、サタンからドロップする心器に「スキルで消費するRGBコストが減少」という効果が付いているのでそれをメイン装備にして、記憶のカケラは「言の葉(防御バフ)」「繁栄の結晶(攻撃バフ)」「人類の叡智(クリティカルバフ)」でバフバフしつつ「終わりの起源(周囲4マス範囲攻撃)」を撃ちまくればエンディングまでなら割と安定してクリアできるようになります。
そういう意味では装備育成も重要で、永続的な成長要素がある分他のローグライクゲームよりかは優しめかも?
また記憶のカケラはギャラリーから中心の写真を変更可能で、スマホ版では端末内の写真から選んで好きに載せることもできます。Switch版ではオミットされてそうな機能。

総評:色というテーマは面白いもののローグライクとしての基礎がおざなり

RGB値で主人公の色とステータスが変わるという点は中々に個性的ではあったものの、地図がなかったりでローグライクとしての基本的な要素が欠如していた印象。
独自要素だけでなく基礎の部分も頑張って欲しかったというのが正直な感想です。色というテーマは良さそうなだけにもったいない作品。
地図や敵の位置表示機能が追加されたら一気に改善しそうなゲームでもあります。Switch版も出たのでアップデートもワンチャンありそう?
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

スポンサーリンク:

レビュー