3秒でげーむおーばー。
※当ブログには広告が含まれております。

【Steam/Switch】『Seashell』を遊んだ感想&レビュー【クリア済】

2024/02/03
ゲーム感想&レビュー 0
Steamゲーム PCゲーム Switchソフト シミュレーション
『Seashell』を購入しました。

漂流物を収集するビーチコーミングという趣味をゲームの形に仕上げたような作品です。拾った貝を記録する図鑑も搭載。
何となく癒されたいなーと思って買いました。最近忙しかったので少しのんびりしたい気分でした。
全ての貝を記録する所まで遊んでプレイ時間は1時間程とミニマム。でも癒される作品なのでオススメです。

任天堂の公式オンラインストア。「Seashell ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。
・タイトル:Seashell
・発売元:High Tea Frog
・開発元:High Tea Frog
・対応ハード:PC(Steam)/Switch
・定価:410円(税込)
・発売日:
-Steam版:2022年3月28日
-Switch版:2022年4月7日
・ジャンル:収集ゲーム
・IARC:3+(3歳以上対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:©High Tea Frog 2022

どういう人にオススメ?
・海でゆったりした時間を過ごしたい人!

良かった点
・同じ種類の貝でも個体差がある
・波の音や効果音に癒される
・図鑑や少しだけ謎解き要素も存在

賛否両論?点
・石ころと一部の貝が若干見分けにくい
・お気に入りの貝を保管できると良かった

備考
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)



貝殻を拾って記録しよう


「プレイ」を選ぶと画面に砂浜と海が広がります。海が澄んだ青色でめちゃ綺麗
しばらく眺めていると、波が貝殻を運んでくるのでタッチするかLスティック&Aボタンで手に取れます。拾った貝は画面下部のインベントリに入れておく事も可能です。
インベントリに貝殻を入れた状態でXボタンを押すと手持ちの貝を全て記録します。記録すると手元からは無くなってしまいますが、種類やサイズに応じた数のポイントを貰えます。
まだ一度も記録したことの無い貝は「???」と表示されるので、貝に詳しくなくてもパッと新種とわかります。ちなみに冒頭で拾っている長ーい巻貝は「タケノコガイ」という貝でした。

同じ種類の貝同士でも多少の個体差があって、大きさや模様や色にいくつかのバリエーション有り。↑では同じチューリップボラでも色濃いめで大きいのと白くて小さいのの2つを拾っています。
出てくる貝は全15種類レベル1レベル2レベル3伝説といった4段階のレア度が設定されているのと、巻貝/二枚貝といった形状による分類も設けられています。
レベル1の巻貝を4つインベントリに入れていないとレベル2の巻貝は出現しないという仕組みになっているので、高レア貝を狙う時は拾ったり手放したりを繰り返す必要が出てきます。レベル2→レベル3も同様です。
貝と一緒に石ころも流れ着きますがこちらは拾えません。イガイなど石ころと見た目が似ている貝もいるのでちょっと紛らわしい…。
ポイントを一定量貯めると画面右上に表示されているバッジがランクアップします。全10段階。
バッジについては貝を集めているうちに勝手にMAXまで上がっているハズ。なのでポイント稼ぎは特に意識せずとも大丈夫です。
貝を拾っては記録することの繰り返しなので確かに作業ゲーではあるのですが、見た目の爽やかさにプラスして波の音や優しい効果音にも癒されます。拾った貝によって違う音が鳴るのもGoodポイント。
レア度の高い貝ほど拾った時の音が豪華になります。どれもピポポとかピッポロンロンみたいな感じの綺麗で可愛い音。
海や浜辺が好きな方・砂浜を歩きながら貝殻や海の生き物を探したりするのが好きな方・ビーチコーミングを趣味にしている方は気に入ると思う作品です。私も海が好きなのでこのゲームが好き。
現実の砂浜を歩く際はクラゲなどの有毒生物が漂着している事がそこそこあるのですがが、本作では刺されたりしないので安心安全に楽しめるという所もメリットになるかも。ちなみに本作で拾える貝でもイモガイの仲間は毒針で刺される事故が起こっているのでリアルだと触らない方が賢明です

貝図鑑とちょっとした謎解き要素も存在


-ボタンで開くメモ帳で記録済みの貝の情報を見る事ができます。軽い説明に加えて今まで記録した物の最大・最小サイズも記載されています。
説明文は同じ貝を数回記録することで段階的に情報が解禁されていく仕組み。レア度の高い貝ほど図鑑埋めのために要求される個数が少なくなっているのでコンプリートを目指す際も時間はそこまでかかりません。
深く考えずに貝を拾うだけ…かというとそうでもなくて、ほんのちょっとだけですが謎解き要素があったりもします。ランダムで流れ着く?アワビ以外の伝説の貝2種は特殊な条件下でしか流れて来ないので、メモに書かれているイラストを元に条件を探る必要があります。
個人的に惜しいと思ったのはお気に入りの貝を保存する機能が無いこと。個体差もあるし綺麗と思った貝を保管していつでも見られる機能があると嬉しかったかも。



総評:波に心が洗われる、癒しのビーチコーミング体験ゲーム

できる事は波に流されてくる貝がらを拾う事のみ。それだけのゲームですがとにかく癒される作品です。
出てくる貝の種類は15種類で多いとまでは言えませんが、同種の貝でも個体差があってサイズや色が異なるので見比べてみるのも楽しかったり。図鑑機能もあるのでちょっとだけ貝に詳しくもなれます。
定価も500円以下とお手ごろ価格。海や貝が好きな方はもちろん、海から離れた所に住んでいる人もビーチコーミング体験にオススメです。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

当ブログは管理人が承認したコメントのみ掲載する形式を取っております。
特定の作品および特定の個人もしくは団体や組織を誹謗中傷するコメントはお控えください。

※現在はごく一部のページを除いて新規のコメントを受け付けない設定にしております。
応援してくださるという方は記事の最後にある「拍手」ボタンを押していただけると私のモチベーションに繋がります。

また、コメントを受け付けていない記事にて誤字脱字や内容の間違いがございましたら、メールフォームにて教えていただけたら幸いです。

スポンサーリンク:

ゲーム感想&レビュー