プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

スマブラSP キーラとダーズについての考察

 
2019/02/08(Fri) Category:スマブラシリーズ

Tag: #スマブラSP #考察

本記事では、灯火の星およびキーラとダーズについての考察をまとめています。
発売2ヶ月目を迎えたのでネタバレしても大丈夫だと思い更新しました。
本考察は妄想が多分に含まれているものであり、公式設定とかけ離れている可能性もあります。また、考察は人それぞれ考え方が違うと思いますので押し付けるつもりもございません。
1. 彼ら?のプロフィール
キーラ(Kiila)

光の化身。名前の由来は綺羅星(ファミ通コラムより)。英語名Galeem。
4枚の翼のような構造の部分と丸いコアから構成されている。攻撃も炎や光がメインになっている。
灯火の星における黒幕。「最強、最悪の敵」というキャッチコピーがついていることから、スマブラのボスの中でも最上位に位置する強さ?
ビームでカービィ以外のファイターを消滅させ、他のゲームキャラも肉体を吹っ飛ばして概念体(スピリット)にしてしまうぐらい戦闘力がヤバい奴。ビームも明らかに各ファイターを対策して撃っていることから知能もそれなりにありそうな感じ。
ただしOPのビームは渾身の一撃だったらしく、実際に戦う時には使用してこない。戦闘中に撃ってきていたらoff波動並みに厄介だったかも。
光が敵というのは少し珍しいですが、光=正義ではないし、強すぎる光は生物にとって毒になることもあるし、光の化身が敵になるのもアリだと思います。

ダーズ(Darz)

混沌と闇の化身。灯火の星後半になると突然出てくる。英語名Dharkon。
無数(7本?)の触手と丸い瞳のようなコアから構成されている。攻撃は闇と電撃メイン。
見た目も肩書きもキーラと対になる存在。強さも互角だけど、封印されていたらしく出番は後半から。
最終決戦ではキーラとドンパチする。公式からの情報が少ないので謎が多い。
お目目がキラキラしていて可愛い。SAN値削られそうな見た目をしているため、外国のサイトではクトゥルフ神話に出てくる存在がモデルではないかと言われている…が個人的にカービィのラスボスに出てきそうなデザインだと思います。

お互いの中は良くないらしく、最終決戦ではお互いにドンパチしている中をファイターが両成敗しに奮闘します。
最終決戦で片方をダウンさせるとここぞとばかりに大技を出して攻撃する所や、スピリットになっても闇特攻・光特攻持ちだったりとお互いの存在が許せない感が凄いです。
ちなみに、スピリットの目の色はキーラ陣営だと赤、ダーズ陣営だと紫、スピリットボードだと普通のままです。地味に特徴が出ているポイントでもあります。
余談ですが、キーラの攻撃に目が出てくる攻撃があるのですが、そのデザインがだいぶダーズに似てます。

やっぱり兄弟なのかと、考えたりもします。
2. なんでお互いに攻撃しあっているの?
最終決戦だとファイターよりもお互いをメインに攻撃し合っている感じになっています。その理由についての考察です。

①お互いに相方の存在が許せないから
②ダーズがキーラを止めに来た


正直、①が可能性が高そうです。光と闇は共存できないし、それらの化身なら互いに潰しにかかると思います。
キーラの新世界を作る動機も「闇とかないわー存在すら出来ないようにしちゃる」とかだったりして。
ファイターを配下にしたのも、カービィ対策だけではなくダーズ対策も兼ねたものだったりするのかも。
キーラがマスターハンドを配下にしたのは、自分好みの世界を作らせるため?光の世界を作るのに創造欲の化身である右手の力が必要だったのかも。

②はダーズがダークヒーローだったというパターン。キーラが侵略してファイターにボコられて無かったら出番が無さそうだったし、封印されていたのもキーラを止めようとして封印されたとか…。
闇EDのキーラの殺し方エグいしファイターも機能停止するから結局ヒーローではないだろってそれ
封印する程度に留めるつもりだったけど、思っていたよりもキーラが弱っていて殺っちゃったぜ★みたいな感じだったりして…。
クレイジーハンドを配下にしているのも、ダーズはキーラを止めたい、左手は右手を支配から解放したいという、利害一致から手を組んでいる可能性が…?
3. コイツらどこから来たの?
64~forまでの間にはコイツらの存在の伏線もなくSPで急にでてきた上にフィギュアによる説明もないので謎が多いです。
ここでは、彼らがどこから来たのか考察します。

①概念が意思を持った説
②元々スマブラ世界にいたけど無害だった説
③マスターハンド産説
④外の世界からきた説


①では元々概念でしかなかったものが意思を持ってキャラクター性を構築した、という説です。
マスターハンドが「創造欲の化身」、クレイジーハンドが「破壊欲の化身」らしい(DXおよびXでフィギュアの説明から)ので、スマブラ世界では概念がキャラクター性を得ること自体は有り得るようです。
キーラは光、ダーズは闇という概念がキャラクター性を得た姿なのではないかと。一番有り得そうな仮説だと思います。

②は、ずっと前からいたものの灯火事件が起こるまでは無害だったという説。
少し気になるところが、ダーズが「"混沌"と闇の化身」であるにもかかわらず、キーラは「光の化身」であるという点です。
混沌と対になる物をキーラが持っていないのが気になります。元々、キーラは「秩序と光の化身」だったものが何かがキッカケで秩序がどっか行って、暴走した可能性があるのかも。
秩序があった頃のキーラはダーズよりも強くて完璧に押さえ込んでいられたけど、秩序が飛んでダーズと同じ強さになった上にファイターにボコられたから封印が弱ってダーズが出てきた、とか。

③はマスターハンドが作ったはいいものの、放置していたかポイ捨てしたかで野良になって反逆、という感じです。
元々はボス用キャラクターとして作られたけど、強すぎるし手に負えないのでポイしたとか…どうですかね(謎)
スピリットでの強さでは、キーラ=ダーズ>マスターハンドですし、個人的意見ですが右手のやっている事は「子供のごっこ遊びの拡大バージョン」(64OP参照)というイメージがあるので子供っぽいところもあるしポイ捨てとかもしそうかも…と思いました。

④はスマブラ世界では無いどこか出身というアレ。「亜空の使者」の亜空軍とかも外来種っぽいので、コイツらも外世界から来た可能性がありそう。
「灯火の星のOPの場所は亜空の使者のEDの場所と同じ」という考察が個人的に面白いと思ったのですが、その考察を広げていくと亜空軍の拠点(エインシャント島等)があった方向と同じ方向からキーラが来ている可能性がありそうです。もしそうならキーラと亜空間は関係あるかも?
スピリットにタブーやプリムなど亜空軍が含まれていることから、時系列は亜空の使者⇒灯火の星だと思われます。
4. ファイターたちについて
「なんでキーラビームで消えたファイターがダーズの所にいるの」「カービィは捕まっていないのになんで敵として出てくるの」とか、結構矛盾?している設定が多い(気がする)灯火の星。そこら辺を妄想交えて考察しました。

・なんでキーラビームで消えたファイターがダーズの所にいるの?
これについては、ダーズがキーラの元から奪ったのだと考えています。
闇の世界も元々は光の世界の一部を奪ったもので、その時奪った土地に配置されていたファイターやスピリットもついでに持っていったのかと。
最終決戦で解放できるファイターは彼らのお気に入り?

・カービィは捕まっていないのになんで敵として出てくるの?
これについては正直匙を投げたいです。もうゲームの都合としか…(爆)
無理繰り考えるなら、捕獲したファイターやスピリットから作り出しているのかも?例えば、カービィに関係するファイター(メタナイトとデデデ)から情報を読み取って作っているとか。
互いの配下にないファイターのコピーがスピリットとして存在しているのも、関係が近いファイターから情報を引き出して作っているかもしれません。単にコピーがストックされてただけかもしれませんが。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #スマブラSP #考察

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: