3秒でげーむおーばー。

【3DS】ペーパーマリオスーパーシール レビュー

2012/12/27
レビュー 0
ペーパーマリオ 3DSソフト RPG
『ペーパーマリオ スーパーシール』を購入しました。
本当はどうぶつの森が欲しかったけど売り切れていまして。スーパーシールは第二候補。
個人的にペーパーマリオと言えばマリオストーリーやペーパーマリオRPGまでの「仲間と一緒にRPG」が好きなのですが、前作にあたるWiiのスーパーペーパーマリオはアクションに路線変更してしまったこともあって本作も少し心配でした。
先に感想を述べてしまうと…残念ながら個人的には微妙な作品に思えてしまいました。ゲーム性やキャラクターなどペパマリに求めているものがほとんどオミットされていてうーんという感じ。


・タイトル:ペーパーマリオ スーパーシール
・発売元:任天堂
・開発元:インテリジェントシステムズ
・対応ハード:3DS
・定価:4571円+税
・発売日:2012年12月6日
・ジャンル:シールバトルアドベンチャー
・CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1人
・権利表記:
© 2012 Nintendo Program © 2012 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
・公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/3ds/ag5j/

どういう人にオススメ?
・謎解き要素が多いので、試行錯誤するのが好きな人!

良かった点
・ボスは正攻法でも行けるけど、弱点を突くと楽になる
・紙観満載の世界観と3Dモードの立体感

賛否両論?点
・全体的にストーリーが薄い。ストーリーまで紙みたいにしなくていいから…
・ヒントが少ない。ヘルプ役?のルーシーは役に立たない上に若干高圧的
・ザコと戦うメリットがほとんどない
・アクションコマンド(特にハンマー)のタイミングがシビア
・収集要素が少ない。エンディング後の追加要素もほとんどなし

備考
・Miiverseにスクリーンショット投稿可能

メリット皆無のザコ戦にシビアすぎるボス戦

前作にあたる「スーパーペーパーマリオ」からまたまた戦闘システムは大胆に変更されRPGに回帰した今作。
しかしながら、ジャンルはアクションを名乗っている通り前々作以前ともだいぶ違うシステム。シリーズ前作にあたるマリストやペパマリRPGで例えるなら「アイテム」と「にげる」以外のコマンドがない感じです。

攻撃用コマンドであるハンマーやジャンプもシールを消費しないと発動できないので実質消費アイテム。シール自体は道中で大量に拾えるので尽きることは少ないのですが、もし無くなれば逃げるしかないです。
経験値やレベルといった育成要素も完全に撤廃されており、攻撃の強さはシールのレアリティに依存する仕組み。
じゃあザコ戦でシールをわざわざ使って戦う意味って何?と言われると正直無い、としか言いようがないです
そこら辺にいるザコと戦っても戦利品はコインしかもらえず、そのコインも戦闘以外で大量に手に入るのでシールを無駄にしないためにも戦わない方がマシでリスクリターンが少なすぎるのが今作の難点。
結果的にザコ敵はすべてよける羽目になるので、これならイベント戦だけにして道中は謎解きに集中させてほしかったです。

そんなザコ戦は基本的に踏むか殴るかそもそも戦わなくて済むのでまだいいですが、今作が最もシビアなのはボス戦
各面のボスはそれぞれとある「モノシール」が効果的なのですが、そのモノシールの隠し場所はわかりにくい上に各種類1枚しか持てないのにボスによっては決まったターンで使わないと意味がないという鬼っぷり。
モノシールも他のシール同様に一度使うとなくなってしまいます。そのため特定のタイミングでモノシールを使わないといけないボスと再戦する際はリセットするかもう一度前のフィールドに戻ってモノを拾って町でシール化しないといけない手間の多さも難点。
経験値システムがない以上、レベルを上げてごり押しなんてことも無理なので特攻モノシールを手探りで探すしかないのは正直めんどくさい。
無理やり高レアのシールを使いまくってとごり押すこと自体は可能ですが、終わってからルーシーに「シールを使いすぎじゃない?」といわれる始末。せめて頑張ったと褒めろよと言いたくなるぐらい、モノシールなしだと厳しい戦いを強いられます。
ちなみに、アクションコマンドやジャストガードそのものは健在…ですがタイミングは若干シビアな上にタイミングを教えてくれません。特にハンマーに至ってはミスるとどんなに高レアリティの物でも1ダメージしか与えられなくなるペナルティのキツさも相まって使いにくくなりました。

謎解き要素と世界観はいいがストーリーも紙

フィールドの謎解き要素はもう少しヒントが欲しかったとはいえそれなりに難しく面白いです。モノシールは解いた時の演出も戦闘中に使った時の演出も凝っていて好き。
演出面や世界観は紙の世界である事を前面に打ち出していて、パラパラ…と紙が広がるように道が伸びたり折りたたまれて消えたりなどと凝っています。3DSならではの立体視にもちゃんと対応しています。
また、本作にはペパライズという手持ちのシールをフィールドに貼って謎を解くシステムが存在します。モノシールはボス戦だけでなく謎解きでも最重要と言えるシールで、扇風機で強風を起こしたり・釣り針で敵を釣り上げたりすることで話が進めるようになります。
博物館にモノシールをペパライズすることで読める説明も凝っていて、ハサミなど紙を切り刻むものが恐ろしげに説明されていたりと紙視点の感想が見れて面白かったです。
さんざん文句を言ったボス戦も特攻モノシールを使えた時のスッキリ感は好きです。モノシールが一度使っても無くならない仕様かつルーシーがもっとヒントをよこしてくれるキャラならめんどくささも解消されたのかな…と思ってしまうこともないですが。

一方でストーリーが紙のようにペラペラなのは難点。基本的に目的がキーアイテムであるスーパーシールを見つけ出して回収することだけですし、一緒に戦ってくれる仲間もいないし、モブキャラもキノピオしかいないし、拠点となる街も1個しか無いしで今までのペーパーマリオを求めていた人には物足りない。
エンディング後にできることも博物館の展示物産めとスーパーフラッグという実績のようなものを埋めるだけで、100階ダンジョンや料理レシピ埋めやバッジ集めなどのやりたいと思えるようなやり込み要素が少ないのも薄っぺらさに拍車をかけている要因です。
どうやら今作は一度「ちゃぶ台返し」があったようで、マリオの生みの親である宮本さんから「世界観を壊さないようにして欲しい」という要求の元、大至急作り直した結果こんな感じになってしまったとの事。
正直に言うと、個人的には前作までのペーパーマリオを期待していたので残念です。ちゃぶ台返し前のバージョンを遊びたい…。

ナビゲーターのルーシーが可愛くない

今作のナビゲーターであるルーシーについても難点が多いです。常に上から目線で高圧的な性格でまさにお姫様といった感じの性格なのですが、個人的にはマリオをこき使っているように感じてしまいました。
スーパーシール集めをマリオに依存している立場である以上はプレイヤーもといマリオにもう少しやさしくして欲しかった…。特にスーパーシールを取るときの「汚い手で触らないで頂戴」とかごり押したボス戦の後の「ちょっとシール使い過ぎじゃない?」は咎める前に褒めてくれとムカムカ。
そんな感じで高圧的な割にはヒントはくれないので、文句言うだけ言ってほとんどナビゲートしてくれない問題も発生してます。
ルーレットを回すという役目があるっぽいとは言え、いるだけ腹立つキャラが唯一の仲間なのもちょっとヤダだったのでもう少し性格のトゲを抑えて欲しかったです。それかヒント役として超有能にして性格に難があっても許せるぐらいの有能にするとか。
今作の難易度を考えると、前々前作のクリオや前々作のクリスチーヌぐらいかそれ以上に的確なヒント役は欲しかったかも。

総評:ペーパーマリオとしては微妙な出来

クソゲーとまでは言いませんがマリオが出てくる作品としてはちょっと残念な出来。RPGにレベルなし・コマンドにアイテム必須・ペーパーなストーリーは全く噛み合っていないと感じました。
RPGはレベル要素がある前提で作られたシステムであることも改めて感じました。経験値や強化アイテムが手に入らないのに時間がかかるザコ戦は邪魔にしかならないな…というのを痛感させてくれた作品が今作です。
ストーリーやキャラクターについても前作や前々作が濃すぎるまでに濃いだけあって期待していた点だったので残念。ボリュームの薄さまで紙らしさを追求しなくても良かったのに…と言わざるを得ません。
謎解きやひらめきが重要なボス戦やペパライズ・紙でできた世界らしい演出と世界観は悪くないだけに、ペパマリRPGまでのセンスで戦闘システムとキャラクターを作ってくれたらな…と思わざるを得ないもったいない作品でした。
関連記事
スポンサーリンク:

Comments 0

There are no comments yet.

スポンサーリンク:

レビュー