プロフィール
 

純白のマルス

Author:純白のマルス
◇自己紹介◆
マリオやポケモン等の任天堂のゲームシリーズが大好きな社会人です。
好きなジャンルはRPGとアクション。面白そうと思えばジャンルやハード気にせず飛びつくタイプ。
基本的には1つのゲームを何周もやるより新しいゲームを次々遊ぶスタンスです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★誕生日と性別 
2月21日生まれの女
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆特に好きなゲーム
マリオ、ポケモン、カービィ、ゼルダの伝説、ファイアーエムブレム、スマブラ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆3DS フレンドコード
名前 WhiteMarth
コード 0576ー3597ー1208
★Wiiu フレンドコード
ID WhiteMarth

 
当ブログについて
アクセスカウンター
 

目指せ600000Hit!!

キリ番はやっておりません。

 
Amazon.co.jp
 
 
タグクラウド
 

 
Livly Island
 
「Livly Istand」「リヴリーアイランド」は、ココネ株式会社の商標です。「Livly Istand」に関わる著作権その他一切の知的財産権はココネ株式会社に属しており、このサイトは「Livly Istand」及びココネとは、一切関係がありません。
 
ブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
BLUE☆STAR
 
 
 
 

【Switch】ゼルダ無双厄災の黙示録 レビュー

 
『ゼルダ無双 厄災の黙示録』を購入しました!!

ゼルダ無双シリーズとしては今作は3作品目。
私は前作及び前々作のハイラルオールスターズは未プレイ、他の無双シリーズもファイアーエムブレム無双しか遊んだことがありません。なので本編BotWやFE無双との比較が多くなっておりますがご了承ください。

・タイトル:ゼルダ無双 厄災の黙示録
・発売元:コーエーテクモゲームス
・開発元:コーエーテクモゲームス
・対応ハード:Switch
・定価:7920円(税込)
・発売日:2020年11月20日
・ジャンル:アクション
・CERO:B(12歳以上対象)
・プレイ人数:1〜2人
・権利表記:
© Nintendo © コーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by Nintendo
・公式サイト:
https://www.gamecity.ne.jp/zelda-yakusai/

どういう人にオススメ?
・ゼルダの伝説BotWの世界観とキャラクターが好きな人!
・巨大ロボットで敵を薙ぎ倒したい人!

良かった点
・無双ながら大型の敵はまあまあ強い
・属性攻撃とフィールドを組み合わせて有利な状況を作れたり敵の弱点をつく要素も存在
・リンクやゼルダ以外のキャラクターも多数使用可能
・BotWの100年前の世界を垣間見ることができる
・神獣を操作して大量の敵を倒すステージも存在

賛否両論?点
・無双なのでアクション要素がほぼ100%
・正史ではなくifストーリーという扱い
・回復に必要なりんごの入手がシビア

備考
・amiibo対応
(当ブログの画像はSwitch本体の機能を用いて撮影)

BotW100年前のifストーリー

ストーリーはブレスオブザワイルドの100年前の決戦直前の話をなぞっていく感じですが、一部オリジナル要素もありifストーリーと言える立ち位置かもしれません。
UIやグラフィックはBotWそのものと言っても過言ではないぐらい再現されている他、フルボイスでは無いもののキャラが要所要所で喋ってくれます。ただしリンクが言葉を発しないのも一貫してますが…。
ゼルダや四英傑などリンク以外のキャラクターを操作できるのも新鮮で面白いです。技や固有能力がキャラクターによって全く違うのもGood。
ただし、ゼルダシリーズだと思って買うと肩透かしを食らうと思います。あくまで無双なのでシステムは戦闘重視。
世界を自由に駆け巡るとか祠に挑むとかは出来ないので、バトル要素に苦手意識が無く世界観やキャラクターが好きな人向けのゲームです。

無双+BotWならではの戦闘システム

戦闘要素についてはFE無双と比べると非常に複雑。

Yで通常攻撃・Xで強攻撃の他、Aでゲージ必殺技発動ZRでキャラ固有アビリティの使用Rでシーカーアイテム(バクダン・ビタロック・マグネキャッチ・アイスメーカー)の使用Lで属性攻撃や回復、といったできることが多く慣れないうちは混乱します。
しかも大型の敵が沢山出る割にかなり硬い。通常攻撃だけだと時間がかかるので、シーカーアイテムでの攻撃などで減っていく六角形のゲージを無くした後にXで発動できる必殺技がかなり重要。
弱点部位を攻撃したり特定のタイミングでシーカーアイテムを使うことでスタンが取れる他、属性持ちの敵は弱点属性の攻撃を与えると大きな隙ができるなど、隙をつく手段は多いのですがそれ前提の難易度に仕上がっている感じ。

BotW同様敵の攻撃をギリギリで回避すると発動できる「ラッシュ」もあるのですが、判定がシビアで発動させること自体がかなり難しいです。
BOSSクラスの敵はゼル伝本編での戦闘に近い雰囲気で特に手強く、長期戦になることも少なくないので集中力が切れてうっかりミスでやられてしまうことも…。
難易度はイージー・ノーマル・ハード・ベリーハードから選べるので、ストーリーだけ追いたい人はイージーでやるのが楽かも。ノーマルはそこまで難しくない難易度ですが、ハード以上にするとかなりギリギリの戦いを強いられます。
回復アイテムのリンゴも5個までしか持ち歩けない上にマップによっては全然手に入らないのでカツカツになることもしばしば。
しかもリンゴはお店では買えないので、リンゴを探しに簡単なマップに挑んだりして準備しないといけません。クリアしないと持ち帰れないのも相まってちょっと面倒。
レベルアップによるステータス上昇という育成要素もあり、アクションが苦手な人でもレベル上げをすれば詰みにくい仕様ではあります。
ちなみに、一部のマップでは神獣を操作できます。

多くの敵を同時に蹴散らすことが出来るのでこれはかなり爽快。巨大ロボに乗って大暴れしているみたいで破壊欲も満たせて楽しい。
ある意味ボーナスステージみたいな感じですが敵の攻撃は普通に痛いです

BotWのメインキャラはだいたいプレイアブル

登場するキャラクターについてですが、最初から使えるキャラクターはリンクのみでクエストをクリアしていくことで順次開放される仕組みになっています。
1章でインパとゼルダ、2章で四英傑(ミファー・ダルケル・リーバル・ウルボザ)が使えるようになりますが、3章以降でも仲間になるキャラクターがかなりの数います。
一部のキャラクターはメインミッションではなくサブミッションクリアで解放できる他、意外なキャラクターまでプレイアブルになっています。
例としてはポックリン大妖精など。シドユン坊ルージュテバなど普通に納得出来るキャラクターもいますが、まさかのコーガ様ハイラル王までプレイアブル化。クリア後には厄災ガノンオリキャラのテラコも条件を満たせば使用可能に。
技や固有アビリティの他、持てる武器や移動速度なども違うので自分に合ったキャラクターを使うのがベスト。
一応、ルピーと引き替えにキャラクターを育てることが出来る施設があるのですが、上限は仲間の中で最もレベルが高いキャラと同レベルまでなのでメインキャラを決めてしまってレベルをガンガン上げていった方が後々楽になります。
使いやすさでいえば、スタンダートな性能かつZRで弓を打てる剣リンクや回復能力に優れたミファー辺りが便利かも。

武器の強化や収集要素

最後にやり込み要素について。
キャラクターや武器にはレベルや刻印(武器につけるスキルのようなもの)などの育成要素もあり、最強を目指そうとするとかなりのやり込みが必要になると思います。
メインストーリーには関係ないものの、クリアすると新料理の解放やキャラクターのステータスUPができるサブミッションも豊富で結構ボリュームがありそうな感じです。

総評:BotWの補完としては素晴らしいぐらいの出来

マップ内にはBotWと同じ場所と思われる場所が複数個所存在し考察勢には燃料になる他、隠れているコログを見つける要素もあったりとBotWへの情熱を感じる作品なので、戦闘要素が好き・BotWの世界観やキャラクターが好きなら買いのゲームです。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

Tag: #ゼル伝BotW #Switchソフト #アクション #レビュー

スポンサーリンク:

 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
参加ランキング
 

このブログが参加しているランキングです。

良ければランキングバナーのクリックをお願いします。

 
スポンサーリンク
 
 
メールフォーム
 

大きなフォームはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文: